ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 宇宙人展終了しました。 

四谷三丁目のクロスロードギャラリーでの
宇宙人展、終了しました。

KIMG1710.jpg

ルーニィ、クロスロードとも
年内で四谷から日本橋へお引越しなのです。

なんかお名残惜しい…
そんな気持ちの人が多かったのか、
40名の参加があったそうです。
ワタシハ宇宙人デスなんて、
訳の解らんお題にも関わらずw

ハイ、私も悩みましたよw

宇宙人、若しくは宇宙っぽいのでもOKなのですけど。
IMG_20161211_201445.jpg
私はこちらのサイアノを出しました。
上のカットは職場のトイレの窓のツブツブの水滴。
霧雨の降り始めに星屑のような雫が付くのです。
前からとても気になっていたのだけど、
宇宙人のテーマをきっかけに、
これはやっぱり撮らねばと思ったのでした。
ピントの軸をずらして星雲に見立てています。

真ん中はアスファルトの花。
5弁の花びらが星みたい。

一番下は水溜り。
フォトショップのソラリゼーションで、
白く光っていた水溜りを黒くつぶして、
ブラックホールに見立ててます。

これのモノクロバージョンも、
インクジェットでプリントしてたのですが
青い宇宙を表現したいということで、
ここから更にサイアノに挑戦。
今回初めてフィルムから拡大ネガをパソコンで作り、
紙に圧着して太陽光で感光させました。

ギャラリーにはどんな宇宙人が集まっているのかと思ってましたが、
ホントに40通りの解釈というか皆さん頭を悩ませて、
宇宙人と格闘したんだな~というのが伝わる展示でした^^

それと、ゲストの西村さんは、
青い桜のフォトグラム以来ファンなのですが、
今回20数年前の初期の頃の作品を展示してくださっていて、
もう、福眼でした。もう一方の壁はこれまた美しい松元さんの、
モノクロプリントで贅沢な空間でございました。

参加者の皆さんの作品もバラエティに富んでいて…
年代的に宇宙のイメージというと
ETとか未知との遭遇とかなのですけど
そんな雰囲気を彷彿とさせるものもあったり、
宇宙の片隅で戦うオレだったり、
お花の陰の宇宙人を探せだったり、
宇宙から見れば地球人も宇宙人だったり。
BOSSのジョーンズさんを再現しちゃったものもありましたねw
竹取物語とかね。
宴の時に作者のコメントを聞くのですが、
面白かったです。
異次元とかパラレルワールドとか、
霊魂の集まる世界なんていう解釈もありましたね。

私も没写真を一気に載せてみますw
sizuku049.jpg


宇宙 007


KIMG16871.jpg
これ、宇宙船みたいと思って撮ったのですが、
確か水の宇宙船とかいった気がします。

sizuku014.jpg

こんな感じでした。

2016/12/12 | 00:13
<作品展>コメント:0トラックバック:0

 明日への窓 

sizuku026.jpg

名古屋市美術館の窓。
宇宙船みたいでかっこよかったです。

トリエンナーレの写真はひとまずお終いです。


昨日、公募展の作品を提出してきました。
今回もまた新たな挑戦をしておりますので、
よろしかったら見に来てください。

テーマは「ワタシハ宇宙人デス。」
または宇宙っぽいものということで、
私は宇宙っぽいもので出します。
ゲスト作家は私の好きな西村さんなんですよ♪
フライヤーはご自身のカオを、
スキャナーでフォトグラムされたようですがw
青い花のフォトグラムのシリーズは大好きで、
実は作品を1点もっております^^

12/6(火)~11(日)(12時~19時、最終日17時まで)
四谷三丁目のクロスロードギャラリーです。→こちら
アクセスはこちら。 宴は10日ですね。
もちよりの宴会ですが誰でも参加OKで、
作家さんの作品の撮影意図なんかも聞けるので面白いのです。
(会期が1週間早まっていたのですが、
さっきまで勘違いしてましたw)

ずっとお世話になってきた、ルーニィとクロスロードですが、
ルーニィのビルの取り壊しに伴い、
今年一杯で四谷三丁目からお引越しされるのです。
なんだか名残惜しい気持ちで一杯なのです。


2016/11/27 | 14:17
愛知トリエンナーレコメント:0トラックバック:0

 悲しみの先に 

aichi036.jpg


2016/11/23 | 23:59
愛知トリエンナーレコメント:0トラックバック:0

 光と遊ぶ 

こちらは旧明治屋栄ビルの
寺田就子さんの作品。

差し込む光が、
キラキラと模様になって。
sizuku020.jpg

sizuku021.jpg
こんな光は日常の中にも偶然現れたりするけど、
作品として意図的に作り出しているのがすごいなと思った。


sizuku022.jpg

sizuku023.jpg
このガラスの風車(?)は、
箱根のガラスの森でも見かけて撮った覚えがある。
この人の作品だったんだ。


sizuku024.jpg

なんか。好きなんだよな~♪


2016/11/14 | 00:52
愛知トリエンナーレコメント:0トラックバック:0

 長者町界隈 

主要会場のひとつの愛知芸術文化センターのある栄から、
長者町の会場までは少し距離があるが、歩けないわけでもなさそう。
大巻さんの花の柄のベルタクシーも走ってはいるようだが…。

ポケットマップとスマホ片手に長者町会場まで歩く。
日曜美術館で出ていた、
長者町のアーケードが見えて来て少し安心した。
展示スペースのひとつの、
喫茶クラウンで一休みしようと思ったら生憎閉まっていたw

点在しているビルが会場になっているので、
ビルを探してぶらぶらと歩く。

と。

うわ!なんだ、この壁は!!
棘のトゲトゲがうねうねしている。
これはまた、大掛かりなアートだ。

sizuku015.jpg

また別のビルはポップな色合い。

sizuku016.jpg

街ぐるみでアートしているんだな。。

sizuku017.jpg
今村さんのパラフィンの花の立体バージョン。

ここの壁は暖色系に彩られていた。
sizuku018.jpg
この後、何か描かれるのかしら?
このままでも何かモダンな雰囲気。

sizuku019.jpg

そして、ビルの壁で作業をする人。
なんか、面白い街だな~、長者町。
繊維問屋街とうたわれているので、
どんなお店が並んでいるんだろうと思っていたのだけど、
休日のせいか閉まっているお店が多かった。
一ヶ所のビルはモモヒキとか扱っているお店のようで、
この街の普段の姿を少し垣間見れた気がした。


2016/11/06 | 14:07
愛知トリエンナーレコメント:0トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。