ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
FC2ブログ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 国道駅 (2) 

国道駅の続きです。

根岸201025

あ、リュックを背負ってる後姿はウナムさん、
その隣は多摩の旅人さんですね(^^)

根岸201027

これはピンボケなんだけど、
このくらいな感じもなんだか心地よい。

根岸201028

こんな小さな出口をくぐると、外は空き地だったりします。

根岸201029

こういう小さい命に目が行っちゃうのは、
なんと言うかもう習性ですねw

フレーミング的には、
もうちょい不安定な感じを出したかったかな。

思っていたより全体的に明るく撮れたw
でも、まあ、明るい未来へと続くみたいなイメージになって、
それもいいか、なんて前向きな解釈w



ここ国道駅は、戦争前に建てられていて、
この辺りも空襲で焼夷弾を浴びたようですが奇跡的に残ったようです。
多摩の旅人さんが建物に残る、機銃掃射の銃弾の後を教えてくれました。
この薄暗い雰囲気になにか写りそうだよねなんて言われて、
確かにそうかも…と思いながら。。。

でも、ここはたまたま当時の面影を残しているけど、
日本中のいたるところにそういう傷跡はあった訳で。
どんどん新しい建物が建って、今も街は変り続けている訳で。
傷跡をも覆い隠してどんどん新しくなっていくけれど。

傷を受けながら守ってくれた人たちがいたから、
今のこの暮らしがあるんだと…
心の中のどこかにずっと留めておかなくてはと。

記事をまとめながら、なんとなくそんなことを考えていました。


koukoさんの国道駅→ 親子 向こう側
多摩の旅人さん→ 出ると思います

2010/10/13 | 22:59
横浜散歩 10'コメント:2トラックバック:0

 国道駅(1) 

競馬場跡を後に根岸駅へ戻り、
そのまま電車に乗って、
横浜のメインの観光スポットのある、
関内、桜木町、横浜を再び通過!

(高層ビル郡を見送るウナムさんは、
それはそれは寂しそうでしたw)

鶴見線の国道駅へと向かう。
昭和初期の面影を残す無人駅は、
映画の舞台にもなったりしたようだ。


根岸201022

根岸201023

根岸201024

ベイブリッジの展望台のある、
スカイウォークへ行くバスがここを通るので、
昼食がてらちょっと寄り道。

それにしても、
なんとも不思議な空間なのだ。

2010/10/12 | 23:45
横浜散歩 10'コメント:2トラックバック:0

 根岸競馬場跡(2) 

建物の裏側は米軍基地になっていて、
ぐるりと一周することは出来ないのだが、
横から眺められる位置まで来てみた。

根岸201017

角度が変るとまた少し表情が変る。

根岸201018

ゆっくりと眺めてみる。

根岸201019

蔦に覆われて、木まで根付いているようだ。

根岸201020

根岸201021

なぜこの建物にこんなに惹かれるのだろうと、
写真を眺めながら考えているのだが、よく解らない。

しかし、かつての繁栄だとかそんなことは関係なく、
寡黙に風雨にさらされながらそこに在る、
そのことに惹かれているのかもしれないと思う。

そうだな。近代的な綺麗なビルには抱かない感情ではある。
建物全体に命が宿っている、そんな感じをうける。

とにかく、なんだか気になる存在なのであるw
会えてよかった。また会いに来るよ。


2010/10/10 | 11:17
横浜散歩 10'コメント:2トラックバック:0

 根岸競馬場跡(1) 

広い芝生と木立の向こうにそれは忽然とそびえていた。


蔦に覆われてまるで遺跡のようだった。
根岸競馬場跡。

ずっと来たいと思っていたのだけど、
駅からまたバスに乗らないといけなくて、
なんとなく来そびれていた。

ウナムさんが横浜に来るというので、
koukoさんと散歩コースを相談するときに
ここもルートに盛り込んでもらった。


やっと会えたね、っていう感じだった。

根岸201012

根岸201013

根岸201014



根岸201015


根岸201016

日本初の競馬場の跡だそうである。
かつての賑わいは今はもうない。




koukoさんの方でも、
横浜のお散歩が始まっています(^^)
こちら→ゴールと遺構 秋の気配 旅のはじまりとお知らせ♪

2010/10/06 | 22:40
横浜散歩 10'コメント:4トラックバック:0

 根岸森林公園 スキップ 

根岸201011

何気ない日常の、当たり前な幸せの瞬間。


8月にケースを後任のケアマネさんに引き継いで来たけれど、
何人か気がかりな人がいらした。

お一人の方で病状がかなり厳しく、家族の介護力もちょっと心配で、
困りごとを沢山かかえ大変そうなところでの引き継ぎとなった方がいらした。

今日、引き継いだ先の看護師長さんから電話で、
その方が朝方眠るようになくなったとのこと。

容態が厳しい様子をご家族も徐々に受け入れられて、
最後は心をひとつにして自宅で送る事が出来たようだ。
それほど苦しまずに旅立たれたと。

ご本人、ご家族が望む形で最後を迎えられたようで、少し安堵した。

yさん最後までよく頑張ったね、
回りの皆さん、よく支えてくださいましたね。

無事に天国へ行かれるようにと、お祈りしています。
きっとお家のそばを通ると、その方のお顔をこれからも思い出すでしょう。

2010/10/06 | 00:22
横浜散歩 10'コメント:0トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?