桜を纏う ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 桜を纏う 

草木染の第3弾は、桜染めをして来ました♪

草木染に興味を持ったのは、
昔、京都で活躍されてる志村ふくみさんの話を聞いてからかなぁ。
(2013年のプロフェッショナル仕事の流儀の、
番組概要も出てきました。こちらもどうぞ。)

桜染めは桜の花が咲く直前の枝をもらって、
桜の命を染めるのよ、とそんな風な話をしていたのが印象的でした。

桜を観察していても芽がだんだん膨らみ始めて、
蕾が現れる直前の枝先が一番赤い色が濃くなるような気がします。
それから、草木染、特に桜染めは、一度してみたいと思っていたのです。

7月から通い始めた教室で桜染めをすると聞いて、
いつも結構早く一杯になってしまうし桜は特に人気が高そうなので、
連絡が来て間髪入れずに申し込みしてしまいましたw

教室のご近所のお宅で剪定した桜の枝を使うとの事で、
この時期の枝はきっと赤い色素は少ないんだろうなと思っていて、
逆にどんな色になるんだろうと思っていました。
先生は、「シャンパンゴールド」になると話していました…。

で。今回染めたものはこんな感じ。
KIMG0761.jpg
モニター上だと結構色のニュアンスが違うかも知れませんが、
やさしいクリーム色というのでしょうか。

私の生地は白っぽいシルクで縦に縞が入ったものです。

今まではチップになったものなどを使っていたのですけど、
こんな風に枝を直接鍋で煮込むと、
より一層草木染をしているという感じがします。

KIMG0702.jpg
30分ほど煮込んで赤茶色になった液を使います。

KIMG0703.jpg
染める布の方は水に浸した後、
ミョウバンで先媒煎にしました。

KIMG0704.jpg
枝を漉した液に浸し更に煮込みます。

KIMG0705.jpg
茶褐色だった煮汁はだんだんと色素が布の方に吸着されて、
透明に変わっていきます。煮汁は桜餅に似たいい匂い♪

KIMG0706.jpg
桜の枝は更に煎じて使えるそうです。

布の方は液に浸け込んでそのまま自然に冷まして…
その間、近くの小さな谷戸へお散歩。いい雲が出てました♪

KIMG0707.jpg

さて、どんな風に染まったかな?
KIMG0708.jpg
こちらは、私と同じシルクのストールですが、
生地がやや生成りっぽかったので少し色が濃いです。

KIMG0709.jpg
こちらは持参の帯揚げを染めた方。
春に桜柄に桜で染めた帯揚げなんてオツですよね♪

桜色にはならなかったけど、
こんな綺麗な色が出るんですね~。
茶褐色の木肌に秘められていたこんな澄んだ色合い。

一度使って2年くらい寝かしていたら、
最初に染めた時はシャンパンゴールドだったのに、
今度は桜色に染まったなんていう話も聞いて、
草木染って不思議だなぁと思いました。

ほんのり桜のいい匂いが残っていて、
ストール巻くと香りでも癒されます♪

続けて、第4弾、
刈安(かりやす)染めも体験してきましたので、
また、お届けしますね♪

2015/09/20 | 18:01
<草木染>コメント:6トラックバック:0
 コメント 
こんばんは

やっぱり桜で染めたから桜色・・・ってわけにはいかないんですね^^
でも優しい色です

ところで煎じるとは・・・飲むのでしょうか?
2015-09-21 月  20:36:29 |  URL | 困 #- [編集]
こんばんは。
お久しぶりです!
いろいろ楽しんでますね。
大地の芸術祭に行かれたのですね。
僕は何度行ってもいつも素通りしてしまいます...^^;
三省ハウスにも行かれたようで、また僕の松之山魂に火がつきそうです(笑)
写真またupされるのですか?
楽しみにしてます!
2015-09-21 月  23:32:46 |  URL | でひでひ #- [編集]
調べてみると桜色にするには、
いろいろテクニックもあるみたいです。
最初に取った液は使わず、3回目以降位のもので、
違う媒染剤を使っている人もいるようですけど、
一番赤い色が強くなるのは花が咲く前なのだそうです。
でも、こんな綺麗な色なら捨てちゃうのもったいないですね。
あ、、煎じるって染物に使うのはおかしいかな…。
成分を煮出す事の意味で使いましたw
2回目、3回目と何度も使えるという意味です。
2015-09-23 水  01:09:29 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
どうも♪ご無沙汰でした^^お元気でしたか?
この機会に、とばかりにいろいろやってみてますw
芸術祭も見てみたかったので、
今回は芸術祭に合わせて行ってきました。
この時期は作品を廻るバスも出てますので、
奥の方まで行きやすいかなと思って。
それにあの地域にとって切っても切れない物だと思うので、
どんな感じなのか体験してみたかったのですよね。
先週で会期は終わって、
今期だけの展示のものは撤去が終わったようですが、
メンテナンスとか雪の時期のイベントの、
ボランティア活動もあるようなので、
機会があったらまた行きたいなと思ってます^^
丁度、今度の週末は、
稲刈りのボランティア募集してるんですよね。
ボランティア抜きにしても、
雪の時期とか行ってみたいなぁと思ってます。
写真も準備中です!
でひでひさんも、この連休あたり行ってたりして?!
2015-09-23 水  01:25:05 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
煎じるの意味、ありがとうございます!
煎じる=薬・お茶というイメージで凝り固まっていたもので・・・^^;
いやはや、浅薄でした~

使うものの時期によっても色違うものなのですね
これはかなり奥が深そうです^^
2015-09-26 土  00:19:56 |  URL | 困 #- [編集]
いえいえ、紛らわしい書き方してごめんなさい><
正しい使い方ではないかもですw

蕾の時期の桜で一度試してみたいのですよね。
なかなかそんな機会はないかもしれないけど。
春に桜の伐採に遭遇したけど、あの枝だったら、
どうなったんだろうと思います。
タイミング的には咲いた直後なので、
ちょっと遅いと思うのですけどね。
2015-09-28 月  00:35:41 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。