作品のご紹介 その2 ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 作品のご紹介 その2 

マメザクラs
マメザクラ

アセビs
アセビ

サラシナショウマs
サラシナショウマ

フシグロセンノウs
フシグロセンノウ

レンゲショウマs
レンゲショウマ


足を止める人が多かったのが、
まず、1枚目のマメザクラ。ソメイヨシノと違って、
芽吹いてない木立の中に咲いてるのが、
不思議な印象を受けられたみたいです。
園の中にも咲いてるのだけど上手くまとめられなくて、
これは入り口のところにある木を撮ったのでした。

作者としてはレンゲショウマ、フシグロセンノウが、
思い入れのある花でした。


ルーニィは今年ちょうど10周年だったのですね。
実は始まったばかりの頃からお邪魔させていただいてました。
ハービーさんの「静かなシャッター」も見たのですよね。
それから、ピンホールカメラの体験撮影会にも参加して、
zeroを購入したのもこちらでした。
ルーニィの前は小林紀晴さんがギャラリーをしてらして、
多分その時もなにか見に行った記憶があるのだけど、
なんだったのかな~。

更に、オーナーの篠原さんは、
赤坂の東京写真会館にもいらしたそうで。
その頃のことは存じ上げませんが、
アンセル・アダムスを始めて見たのがここで、
あの頃美しいプリントっていうのはこういうものだと知ったのだと思う。

公募展に出し始めたのはここ数年なのだけど、
機会があったらルーニィで個展をしたいと思っていたので、
やっと念願かなったという感じです。

さて、ルーニィさんは、作品の額装も手がけているので、
これから展示を予定している作家さんもよく来られるし、
私のように公募展に参加する人、
それから森山大道さんと吉永マサユキさんの写真塾の塾生さん、
といった写真関連の人たちが結構出入りされています。
更に四谷界隈はギャラリーが点在しているので、
そういったギャラリーめぐりを日課にしている人々もいらっしゃるのです。
写真はしないけど写真を見るのが好きという方々ですね。

お客さんが来られると、この人はどうしてここに来たんだろう?
どういう人だろう?と私もアンテナを張り巡らせます。

写真の見方で、私の写真に興味があるかはわかるので、
興味のありそうな人には、ちょこっとお茶を出したりして、
会話の糸口をつくったり。
そんな工夫も、ルーニィで展示してた、
他の作家さんから学んだことでした。

2015/05/16 | 00:29
<作品展>コメント:0トラックバック:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。