秋の花 シモツケ ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 秋の花 シモツケ 

IMG_9603.jpg

これは…シモツケの花でよかったかな。。。

と思いながらアップしちゃいます。


新しいデジでの写真。
色を抑え気味に調整したけど、
なんかまだ違う気がする…。な、1枚です。



色々な作家さんの写真展を見たりしていて、
好みがネガカラーへとシフトしてきているので、
好きなフィルムもナチュラル系の発色をする種類のものなので、
余計に違和感を覚えるのかもしれません。

ベルビア50は発色は派手めだけど、ダイレクトプリントした時の、
上手くプリントされた時の風合いは断然日本人好みな色で、
フジさんはさすがだったなぁなどと思います。
(プリンターさんがさすがだったともいえるかもしれませんが)

最近の作品展はインクジェットでの出力も多いけど、
たまに上手く出力できてない物もあったりしてね。
だすのが難しいトーンの作品もあるので、仕方ない部分もあるのですけど。
う~ん、これ、派手だろうよ?!なんて違和感を覚えてしまうと、
そっちにばっかり意識が向いてしまって、作品に集中できない><
な~んてことも生じるんですね。
(とあるグループ展でそういうの、ありました)
正統派な風景写真では尚更、
そういう微妙な所の追求が必要なのかも知れません。

美大の卒展とかで、意識的にバランスを崩している作品もある訳で。
モノクロの色は本来は存在しない訳で。
古典技法でプリントされた作品なんかでも、
写真というよりは版画?みたいなトーンの写真もある訳で。
でも、作家がそこを狙ってこだわって造られたものだと伝わる作品は、
あまり違和感を感じないんだよな~とか。
結局最終的にはその表現が好きか嫌いかという所になってくるのかもしれないけど…。

なんてことをつらつらと思う秋の夕べです。

2013/10/09 | 00:14
13’秋コメント:2トラックバック:0
 コメント 
こんばんは。
構図であったり色であったり、被写体や撮影スタイルと、写真は本当に奥が深いですね。
だからこそたくさんの人を惹きつけるのかもしれません。
あーやって、こーやってって考えている時間もなかなか楽しいなと、最近しみじみ思うようになりました^^
2013-10-10 木  01:35:25 |  URL | 困 #- [編集]
私、最初風景や花がメインだったのが、
街の中のお花のスナップに移行してきたのですけど、
フィルムもネガ⇒ポジで一時期は発色の派手な、
ベルビア50や100なんかを使っていて、
被写体が変って行くのと合わせてフィルムも自然な発色ものに、変っていきました。
それから暗室でモノクロのプリントしてた時期もあるし、ギャラリー巡りもよくするので、
色んな作品を目にする機会に恵まれていてありがたいなと思います。
フィルムとデジタルの違いを実際体感している事って、
これからはますます貴重な体験になっていくのかなと思います。
小規模の作品展示だとフィルムスキャン⇒インクジェット出力が便利で、
今はピクトリコのペーパーがお気に入りなのですけど、
ネガっぽく作品を作るにはちょっと合わない気がしていて、
何がいいかな~と試行錯誤です。
私自身がそんな状況で結構拘りがあるので…、
とあるグループ展の展示は(以前にお世話になったグループなので余計に)、
残念に感じてしまったのでした><
2013-10-13 日  09:06:27 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。