川の向こう側 ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 川の向こう側 

ひときわ大きな川に出ました。

工場0009
向こう岸も工場群の煙突が並んでいます。

そしてタンカー。

手前の橋には何かを送っている細いパイプが、
うねうねと通っています。

少し背伸びをしないと手前のバラ線が入ってしまいます。

工場0010
でも、こういうバラ線も好きなんだけどね。

ここ、ピンホールでも撮ってますので、
また、後ほどお届けします。

工場0011

今、写真を見返して見ても、不思議な場所だなと思う。


本当なら自然が大好きで、こういう場所はバリバリ自然破壊な訳で。
しかし、こういう場所にも惹かれているという事に気がついた。
ううむ。大いなる自己矛盾だ。





2012/11/18 | 23:50
工場地帯 12’コメント:4トラックバック:0
 コメント 
むむ。
先日パッションという映画を見たのですけど
トゲトゲのバラ線?が痛く感じます。
2012-11-20 火  21:07:40 |  URL | ウナム #A8BJpryA [編集]
こんばんは。とってもお久しぶりです。自分のブログもかなり放置状態にさせてしまいました。
川崎の海、10年ほど前までは休日は埠頭も釣り人で賑わっていました。私もその一人で、高校生の頃など、自転車で1時間かけて行って釣りしました。本来立ち入り禁止だけど、黙認されていた時代だったんですね。
最近はいろいろと厳しくなって、一切立ち入りできなくなってしまいました。本来はそうであるべきかもしれませんが、いろいろな場面で厳しく取り締まられたり、時に過剰なサービスが要求されたり、なんか世の中が窮屈になったなぁと感じる今日この頃です。
個人的には昔のようにファジーな感じの世の中のほうが好きでしたが。
このエリアは環境破壊と言えばまさにその通りだけど、入り組んだ運河は複雑な潮流を生み出し、多摩川からの豊富な栄養分の補給もあり、また工場からの暖かい排水、深く掘られた泥底の埠頭の海はハゼやカレイなどの東京湾ならではの魚類のいい住処となっています。
なので、思いのほか非常に魚影が濃いエリアなんですよ。
海の中はあるモノによっては、いい自然環境のようです。
2012-11-23 金  23:42:01 |  URL | でひでひ #- [編集]
もてあます パッション…
ではないのですねw
どんな映画だろう。
バラ線。いわゆる有刺鉄線ですわね。
トゲトゲのある針金⇒薔薇の茎⇒バラ線
ってな感じで連想していました。
あんまりメジャーじゃないのかな。
と思って、検索かけてみたら一応出てくるみたいです。
ふふ。痛そうですよねwでも、なんか好きなんですよね~。
2012-11-23 金  23:58:38 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
おぉ~、お久しぶりです!
ブログ開いたら右肩のリンクの所が更新になってたので、
覗いてコメントして戻ってきた所でしたよ(^^)
なるほど。こんな様相を呈しているけど、
実は魚たちにとってはこの海は住みよい環境なのですね。
ちょっとホッとしました。
昔はこういう工場地帯の海はとても汚れていたけど、
今は排水も浄化されてて海も綺麗になったというのを、
聞いた事があります。
昔、木場の辺りの運河で釣りをした事があるのですけど、
こんな所でも魚がいるんだな~と思いました。
海釣り、楽しいですよね(^^)

でも、今は…。海底とか…。
線量を測ったら高いんじゃないかな~とか思ってしまう><
そんなに神経質にはなってはいないけど…。
せっかくの自然の恵みを今までのように、
安心して楽しめない現状は残念に思っています。
取り返しのつかないことですものね。
2012-11-24 土  00:15:12 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。