和風 ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 和風 

さて。
途中になっていた妻籠の続きです。
これまでの記事はこちらから。


春本番になる前に晩秋の濃厚な色合いの写真を、
アップしてしまおうという訳で。

和風というより、和の心そのものですね。


この地方の干し柿は、
1個が直径20センチはあろうかという大きさで。
つまご0024
1個ずつぶらさげてありました。

味見したかったな~。


ここはどこだったのだろう。
建物を開放してあって囲炉裏撮り放題♪
つまご00180026
でも、結構暗くて苦しかったのですw

つまご00180030
歌う三姉妹(?)のこけしさん。
いやお祈りしてるのかな?
秋の実りやら花やら飾ってあって、
微笑ましかったです。

つまご00180036
お店先にも秋の実りのアレンジ。
白っぽく見えるのはほおづきのドライですね。
赤い外側の皮が剥がれて白い筋だけになっています。

昔、ご利用者さんのお宅でも見せてもらったことがあって、
こんなに綺麗に筋だけになるんだな~と、
感激した覚えがあります。

高校だか中学だかの生物部でも、
葉脈だけになった葉っぱを見た事がありますけど、
あれは薬品か何かで作るんでしたかね?
ちょっと作ってみたいかもw


大輪の菊も飾ってありました。
つまご00180037
菊作りの名手とかもいらっしゃるのでしょうかね。
低い背丈で立派に咲かせてありました。
菊って…そんなに好きな方ではないのですけどw
こうしてじっくり見てみると、不思議な花だよなぁ。

こちらは、止まった旅籠の囲炉裏。
つまご00180040
といっても、こちらは2階のロビーだったのですが、
普段は火は入れてないようです。
1階の方の囲炉裏は夕食のあと火が入っていて、
火にあたりながら食後の珈琲など楽しんできました。
(といってもインスタントですけどね)

実は…、結構煙たかったのです(^^;
泊った部屋が二階だったのですけど…
煙って上に上がって来るものなんですね。

2012/03/22 | 00:17
妻籠 11'コメント:2トラックバック:0
 コメント 
こうやって、写真を見ていると
するんと秋にタイムスリップできますね^^
そんなに濃厚でもなく、しっとりステキだわー。と拝見。
そして、自分の手元にある写真を見たら・・・
めちゃ濃厚でありました^^;

同時UPできず申し訳なし><
季節を気にしないblog宣言?をしましたので
そのうちUPいたします&リンクをいただきまする。

囲炉裏撮り放題のところは、
確か、二手に別れるところの下の方側ですね。
たしか・・・。
2012-03-27 火  22:36:27 |  URL | Fmi #aIcUnOeo [編集]
なんというかね~、
江ノ電の時のネガの色合いが結構気に入っていて、
そこからこっちの写真に移ると、濃厚だわ~と思います。
この所、ハイキーな儚げな雰囲気に惹かれてるみたいです。
これはこれでいいのですけどね。

囲炉裏の所は調べればなんとなく解る気がするのだけど、
面倒だったのでまあいいかとw
2012-03-28 水  23:53:19 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。