棚田桜 ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 棚田桜 

棚田0087

昨年雨の松之山で車窓から撮った棚田の桜に、
今年も偶然に再会できました。

でひでひさんの桜は→こちら。

でひでひさんの写真はやや望遠で切り取ってますので、
画角がちょっと違いますね。

フィルムのせいか色味も違っていて、
自分の写真を見てあれ?薄日が差してたんだっけ?
なんて、思い出してるのですけど、どうだったっけな。

でひでひさんはPLをかけてるからかな。


棚田0088


道の途中で新緑が綺麗で、また止まって撮影。


棚田0089


ハイキー調のこの写真は、ちょっと気に入ってます♪


棚田0090


足元のスミレをしゃがみこんで撮ったり。
いい時間でした♪



棚田はモノクロでも撮ってみました。


棚田0091
こちらは雪が残ってる様子が解りますが…


棚田0098
こっちの写真は一瞬雪だか田んぼに水が入ってるのか、
解りにくいかなぁと思ったり。。




今日は、退院調整のための医師の病状説明の立会いが、
時間外に2件も入ってしまって…w

一遍にいろんな連絡や調整が必要な退院時の調整は、
働かない頭をフル回転させないといけなくて…。。

いろいろ考え事をしてると、
脳ミソが熱を帯びてくるような感じがしますw

ブログ巡りやmixiは、頭をクールダウンするのに丁度いいのですよね。

だから、熱い写真よりは柔らかい癒し系や、
落ち着いたモノクロが好きなのかも♪

今日の記事の三枚目なんかは、我ながら癒されますw




それに対して、写真展の方は…

先日渡辺さとるさんのブログ記事に出てきた、
「思わず所有したくなるような、心がざわざわするプリントをつくりなさい」
(6/3の記事です。)

の、「ざわざわな感覚」。
なぜ写真展を見にいくかといったら、これに尽きる。
ざわざわしたい。だからプリントを見にいく。


ざわざわできそうなプリントは、大部嗅覚が働くようになってきた。
まあ、はずす時も多いけどね。
ざわざわするのは不思議とモノクロなんだよな。
あたった時は、やったね♪って思ちゃう(^^)


2010/06/12 | 01:18
<松之山 10'>コメント:6トラックバック:0
 コメント 
棚田桜、たしかに色合いがだいぶ違いますね。
薄日はあったような無かったような・・・
覚えていないですけど、色の違いがハッキリと出ましたね。
お気に入りのカエデの葉?もハイキーだけど落ち着いた感じの初々しさがいいですね。
なんとなく立ち止まったところでしたけど、森の様子がたくさん伝わってくる3枚ですね。

なるほど、たしかに棚田桜のモノクロ版は雪がハッキリしないかもですね。
モノクロは使う場面によってだいぶ見え方が左右されるのですね。
表現としては面白いけど、やはり使い方は難しそうです。
2010-06-12 土  16:53:59 |  URL | でひでひ #- [編集]
棚田を見守るように立っているのですね。
ん~。ステキな風景です♪
モノクロの棚田を見渡した1枚もいいですね~。

ざわざわ。
ドキドキとはちょっと違うのかしら。
今日は、京都でドキドキしてきましたw
「植田正治写真展」を見てきましたー。
写真集は迷ったのですけれど、今回の展示の図録集ではなく
「吹き抜ける風」を買っちゃいました^^
写真集は、展示されていたプリントと比べると
とても小さく本のページに収まってしまって
ドキドキが薄れることがあるのですけれど
こちらの写真集はドキドキできたのでw

それから。
先日の記事で書いておられた小林紀晴さん。
偶然とあるカフェの古本市で著書と出会いました♪
「旅をすること」です。
迷わず買ってきました。
ヒツジ草さんの記事を拝見していなかったら
なかった出会いです。
ありがとうございます(≧ω≦)
2010-06-12 土  22:16:49 |  URL | Fmi #aIcUnOeo [編集]
そうなんですよ~。
リンクを貼ろうと思って見比べてみたら、
随分感じが違うな~と思いました。
もっとも原版を見ながら色の調整してる訳じゃないので、
色味はかなりアバウトなのですけど~w
林の写真も光が柔らかく回り込んでて、
緑が綺麗だな~と思いながら撮りました♪
棚田のモノクロは雪と土のコントラストは、
出るかな~と思ったのですけど、
水と雪の見え方まで考えてなかったです。
モノクロは微光でトーンが出そうなところを
選ぶようにしてるのですけどね。
2010-06-12 土  23:12:33 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
時々こんな風に田んぼの中に桜が咲いてて、
自然に生えてきたのか植えたのか…
土地の人が大切に育てている感じがいいなぁと思います。

うん、モノクロのざわざわはドキドキとはちょっと違うんです。
ちょっと鳥肌が立つような…皮膚の感触のような気がします。
決して心地いいかというとそればかりじゃない…。
言いようのない不協和音みたいな、
そういうのと紙一重の感覚かも。
ええと、ゼラチンシルバーの時の今さんの作品
(烏賊のスニーカーのやつね)は、
実は気持ち悪くてあまり凝視できなかったのだけど、
(なので私にはあの作品は刺激が強すぎるのだけど)
あの作品はざわざわにちょっと近かったかな。
植田さんの作品はざわざわではないかな。。
でも、一部ざわざわするのがあったかも。
植田さんの漁村をとったシリーズだったかな。好きですね~。
なんていうか全体的にはモダンでスタイリッシュな印象ですね。
あとあぜ道の桜を持った少年とかも好きかな♪
ざわざわじゃなくても、う~ん、なんかいいね~、
みたいな写真時々出会えると嬉しいです。

小林さんは、ブログとかエッセイとかの文章、結構好きかも。
なんかつぶやいてるような感じが好きなんですけど。
でも、相変わらず本は買ってませんw
本を読んだ感想、また教えてくださいね♪
2010-06-12 土  23:26:06 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
棚田桜は、ヒツジ草さんは下まで降りて撮られていたのでしたよね。
このくらいもっと桜に寄って撮ってもよかったなぁと思いながら拝見していました。
ここの桜は、昨年撮ったものはカラーをあえてモノクロ加工してたのだけど
モノクロは確かに雪と水が分かり難いかもですね。
自分でカラーで撮ったものでもそう感じたぐらいなので
モノクロだと余計なのかも。
ハイキー調の新緑のお写真、爽やかでいいですね~。
同じところを縦位置で切り取ったのがあったのだけどUPしそびれてしまった^^;

ざわざわ・・・う~ん、まだそういう感覚になったことはないかも。
それはプリントで見ないと得られない感覚なのでしょうか。
写真展に行かないとってことは、そうなんですよね、きっと。
2010-06-17 木  07:37:24 |  URL | かぷちーの #rIG/kuhY [編集]
棚田の桜も写真に撮るというより、
桜の顔をもう少し近くで見たいと思って、
少し田んぼのあぜを歩かせていただきました。
ただ、農家の方たちからするともしかしたら、
勝手にあぜとかに入って欲しくないのかも…。
山菜とかはもちろん取りませんけどね。
この辺の写真は、せっかく来たので、
とりあえずシャッター押しちゃいました的かもっw
まあ、そいいう気持ちで押すとどうなのかって、
考えるいいチャンスだと思うことにします。
この風景をモノクロで撮ったらどんな感じなのかな~と思ったのですけど、
雪か水かはわかりにくいけどモノクロ自体はそんなに悪くないかも。
新緑の縦位置は上下の空間がとれるので目線が上に抜ける感じかな…?

ざわざわは、そう、プリントじゃないと解りません。
そしてそうちょくちょくはないので、
ざわざわを写す、あるいは表現すると意識してる人じゃないと、
難しいのじゃないかな~と思います。
色の情報がなくなることで皮膚の感触とか嗅覚とか、
鋭敏になるのかな~とか思うのですけど。
カラーの作品でもなくはないのだと思うけど…。
そうだな~。最近の若い作家さん(芸大の卒展とか?)の作品の中に、
たまにちょっと近い感覚を受ける作品があるような気がします。
webの画面は実際のプリントとは全くの別物です~。
2010-06-20 日  12:49:23 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。