小谷集落 ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 小谷集落 

松之山の続きです。

三省ハウスを慌しく撮影して、それじゃ、出発!

と、思いきや…。

みずばしょう0067
ほんの数メートル進んだところで、水芭蕉を発見!
車を降りて早速撮影を始めます。

民家のすぐ脇に咲いていました。
後ろには積もった雪。雪解けも大分進んでます。
でひでひさんの水芭蕉→こちら♪

みずばしょう0068
初々しい白いお花。

後ろを振り返ると板張りの民家。
集落0069
まきがいっぱい積んでありますね。


集落0070


集落0071
この一枚は、前の日に行った見倉なんですけど、
一緒に入れても違和感ないですねw

つんだコゴミを水にさらしてたようです。

集落0072
家の脇にはラッパ水仙が満開でした。
行く先々で、ラッパ水仙を植えているお家をたくさん見かけました。


集落0073
雪解けとともに春を告げる花なのでしょうね。



かぷちーのさんの小谷集落→こちら♪

2010/06/06 | 09:44
<松之山 10'>コメント:4トラックバック:0
 コメント 
出発してから早かったですよね(笑)
早朝に美人林へ行くときは気づかなかったんだけど、最後の最後に気づいて良かったですね。
後ろの民家、モノクロだと古めかしさを感じますね。
また同時に幾度もの豪雪に耐えてきた逞しさみたいなものも感じます。

そういえばすっかり忘れていたけど、多くの家の庭先などに水仙が植えられてましたね。
水仙、水芭蕉、フキノトウ、カタクリ・・・
春のてんこ盛りって感じるくらい、まとめて春がやってくるのですね。
2010-06-06 日  20:48:03 |  URL | でひでひ #- [編集]
ふふふ。ホント、出発してすぐでしたねw

松之山の土地の成り立ちとかよく解らないのですけど、
温泉もあって大厳寺高原のような高原もあって…。
もともとこの辺は雑木林や湿地帯を開墾して今のような棚田にしたのかな~。
ここの水芭蕉はその名残なのかなと思っているのですけど。
人口が多くならない事が幸いしてこんな形で水芭蕉が咲いているのかな~と、
思っているのですけど。それとも植えたものなのかしら。
この辺の集落はとってもそそられていて。存在感がありました。
以前からこのあたりの民家の写真を撮りたいと思っていたのです。
水仙をみるとこの土地の人たちの春を待ちわびてる気持ちが、
伝わってくるような感じがするのですよね。
2010-06-06 日  23:31:01 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
1枚目の残雪と一緒のカットは同じようなカットを撮っていたのだけど
2枚目のは撮っていなくて、でも、この2枚目のカットが結構好きかも♪
花びらの透ける感じはないけど、
光の当たり具合とか全体的な色合いとか、惹かれます。
で、この民家の辺りはモノクロだったのですね~。
まきをいっぱい積んだ民家、モノクロだとまた
何十年前の写真といってもなんの違和感もないような。。。
それだけずっとこの辺りは変わってないのでしょうね。
ラッパ水仙もあちこちの庭先で春を告げてましたね。
2010-06-09 水  10:33:59 |  URL | かぷちーの #rIG/kuhY [編集]
2枚目の水芭蕉と一緒に伸びている芽はなんの芽でしょうね~。
ノハナショウブとかヒオウギアヤメとかかしら?
新芽の伸びてるラインが綺麗でした♪
光の具合も逆光のより柔らかい暖かい印象をうけますよね。
民家や集落はなんとなくモノクロでしたね。
木の風合いや家の存在感をモノクロで撮りたかったのですよね。
雪がやっと解けたところに黄色い明るい色で、
春を告げてくれるラッパ水仙は雪の深いこの辺の土地でも、
よく育ってくれるんでしょうね。
よく咲いていましたよね(^^)
2010-06-10 木  23:56:16 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。