幸兵衛窯 ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 幸兵衛窯 

市之倉、幸兵衛窯です。

分化初年(1084年)初代加藤幸兵衛により開窯され、
江戸城本丸、西御丸に染付け食器を収める御用窯となったそうです。
現在は七代めが活躍されているとのこと。

六代の加藤卓男氏はペルシア陶器や正倉院三彩の技法を復元し、
ラスター彩、青釉、三彩、ペルシア色絵など
伝統と独創の融合した作品を制作し、人間国宝に認定されたそうです。
(2005年になくなられているそうです)

展示室の方では歴代の作品が並び、
食器展示室では展示の器が購入でき、
作陶館では絵付けや作陶体験もできます。


ヒツジ草のお気に入りは古陶資料館。

福井から移築した古民家に加藤卓男氏のの40年にわたる、
ペルシア陶器研究の資料、および中国、朝鮮、
美濃古陶の参考品を展示公開してあります。
展示数からも国内屈指なのだとか。

記事を書くにあたり改めてHPを見ているのですが、
そんなにありがたいものだったのねw

雰囲気がとても気に入ったので、
たまちゃんを連れてきたかったのでした♪


0907なごや23
展示物の雰囲気に合わせてランプもオシャレなのです。


0907なごや27
展示のグラス。とても繊細です(^^)
こういう感じの古代ガラスの作品、ヒツジ草は好きなのです~♪

展示の古い陶器の破片とかも結構撮ったのですが、
ちょっとぶれてて残念なのです。

0907なごや25
こんな獅子もいたり。


0907なごや26


0907なごや29
こちらの器は、ペルシャ色絵の蓋付きの器ですね。
丸っこいシルエットが可愛い♪

作陶体験をした今となっては、
こんな器ひとつでも形を作り出すのって、神業です~!


0907なごや28

ステンドグラスのランプもステキ♪

0907なごや30

今回はモノクロで建て物の雰囲気を撮ろうと思ったのですが、
ISO100しか持っていかなかったのは失敗でしたw

撮れるものが限られてしまったけど、
でも、こちらでゆっくりできたので満足なのでした。


そういえば、今日たまたまTVを見てたら瀬戸が出てきてて、
焼き物の町として有名な瀬戸だけれど、
ガラスの原料となる珪砂が取れるのでガラス工芸も盛んなのだとか。
体験工房も多くなっているらしい。

なるほど。陶器とガラス、あまり繋がってなかったのだけど、
いわれてみれば親戚みたいなものか。


陶器。磁器。ガラス。
てびねりも再挑戦したいし、ろくろも回してみたいし、
磁器の絵付けもしてみたいし、(ノリタケの森も絵付けが出来るのですよね。)
ガラス工芸も吹きガラスやとんぼ玉とかね。古代の陶器やガラスもまた見たいし。
いろいろ、やりたい事があって困ります~w

2009/08/10 | 00:25
未分類コメント:12トラックバック:0
 コメント 
近所にこのような立派な施設があっただなんて!
しかも陶芸体験まで。
お写真から、良い雰囲気が伝わってきます。
今度、是非、行きたいと思いました♪
2009-08-10 月  11:32:13 |  URL | rail #- [編集]
よく会社としては出入りするけど見学にはいったことがない場所。
モノクロ100だけどしっとりしていい感じではないですか。
2009-08-10 月  19:38:44 |  URL | ウナム #- [編集]
なんか記憶が蘇ってくるね~

惹きつけられる作品が多くて
つい長居をしちゃうよね

やりたいこともたくさんで
1日じゃ足りないね
2009-08-10 月  21:34:44 |  URL | たま #- [編集]
写真の古民家もフォトジェニックですし、
焼き物好きの方にも楽しいと思います。
古代の陶器を資料にして造り方を研究されていたので、
展示数も多いのですね~。見ごたえがありました。
>今度、是非、行きたいと思いました♪
そういっていただけて頑張って記事を書いた甲斐があります(^^)

作陶体験は…私達の行ったvoice工房の様子をお話しますと、
手びねりで粘土2kgをたっぷりと使わせてくれて、
大きな作品も製作可能でした。ちなみに幸兵衛窯さんは粘土1kgです。
最初、様子がわからなくて2kgでは結局半分残ってしまったけど、
「粘土をたっぷり使っていいですよ」っていう意味が後で解りました。
2009-08-10 月  23:56:08 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
こんな場所にちょくちょくお仕事で行かれるなんて、
ちょっとうらやましいのです。
でも、中の見学はしたことないのですね~。
出土した世界の陶器の勉強にもよさそうです。
しっとりしてますか~?それはよかった♪
でも、やっぱり光が入ってる明るめの所じゃないと、
シャッタースピードが厳しかったのでした~。
小物はもっと撮ったのですけどブレてて残念><
2009-08-11 火  09:20:26 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
蘇ってきちゃいましたか~?!
作品も一杯展示してあるし古陶資料館の方も面白いし、
研究の過程の資料も見られて見ごたえは十分でしたね。
こことさかずきだけで結局時間切れになっちゃいましたね~。
瀬戸にも俄然興味が沸いてきました。
多治見と瀬戸もそんなに離れていないし、
この辺は土が陶器を作るのに適しているんですね。
2009-08-11 火  09:26:38 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
多治見にこんな素敵な場所があるのですね。
行きたいわあ。
陶器、磁器、ガラス…全部好きです。
そうですね、きっと親戚さんでしょう。
私は一度にいくつものことをできないタイプなので、
いつも何をするか迷っているうちに
時間が過ぎて行ってしまいます。

2009-08-11 火  16:12:42 |  URL | HANAMAMA #- [編集]
うふふ♪素適でしょう。さすが陶器の街なのです~。
古代ガラスとかペルシャの陶器とか好きなんですよね~。
陶器の釉薬とガラスの原料って近いのかな?と思ったのですよね。
以前にとんぼ玉はやった事があるのですけど、面白かったですよ~♪
やっぱり旅行先でした。地元に戻ってからも続けたいと思ったのですが、
機会を逃してます~><

2009-08-11 火  22:30:03 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
神奈川の花火大会、川崎市の川崎市制記念多摩川花火大会
を忘れては困ります(笑
川崎市(6000発) 30万人です。世田谷と同時開催
なので、発数は12000発 人出は60万が実情かも。
窯ですか。。。
焼ものと言えば曜変天目茶碗ですね。
世界に3つしかなくて全て日本にあるもので、
私は2つまではこの目で見ました。
3つめは大徳寺龍光院にあるので、檀家に
でもならないと難しいかも。
2009-08-12 水  22:54:06 |  URL | 君平 #3/VKSDZ2 [編集]
多摩川花火大会の告知、ありがとうございます!
以前に見に行った事があります♪
今回は湘南地区限定ということでピックアップしてみました(^^)
そういえば鎌倉は台風の影響か中止になってしまいました。
水中花火が多いせいかな?
曜変天目茶碗…以前に奈良の正倉院展で見たような気がします。
黒い中に青い不思議な模様が浮き上がって、
その名前と共に印象に残っていました。
という事は、私も3つのうちのひとつは目にしていたのですね~(^^)
おお!
2009-08-13 木  23:50:25 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
幸兵衛窯 行かなくちゃ。
しっとりなモノクロを拝見しながら
器ってなんだろう。
電気のかさってなんだろう。なんてことを思いました。
実用性だけでなく心の豊かさを求めて。。。

焼き物の歴史も面白そうですね~

PS:
とんぼ玉体験を中華街で発見!
2009-08-17 月  23:59:09 |  URL | Fmi #aIcUnOeo [編集]
次回は是非(^^)
展示されている器の数々を見ていると、ここに注がれた情熱を感じます。
そして代々受け継がれてきた伝統と技術。土をこねて繋げただけなのに…
こんなにも繊細な形を作り上げられる…実際に経験したので余計に強く感じるのでしょうね。
昨日、手焼きで金魚鉢を造り続けている作家さんがTVに出てたのですが、
ガラスがまだ熱いうちに針金の枠に押し付けて、上部のひらひらを作ってました。
ランプの傘もあんなふうにして作ってるのかしら~?と思って見てました。
とんぼ玉は、那須の旅行の時に一回と、こちらに戻ってきて(確か)秦野で一回やりましたヨ。
ほほ。中華街にもあるのですね~♪
2009-08-19 水  00:12:15 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。