東京散歩4 木立 ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
FC2ブログ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 東京散歩4 木立 

お花を満喫したので、ようやく植物園の中を散策です♪


葉がすっかり茂った桜の木。

koisikawa18.jpg


さくらんぼが赤く実ってます(^^)


koisikawa20.jpg


ベンチでくつろぐ人々。


koisikawa19.jpg


女の子とパパ(^^)
撮った写真を一緒に見てますね。



桜園地を後にして、樹林帯へ。



koisikawa21.jpg


沢山の巨木に迎えられます。


koisikawa22.jpg


Fmiさんの木書斎さんの木
それぞれ個性的で素適なのです(^^)


♪林といえば…
先日、美人林の記事をご紹介した「ある日 ある時 ある場所で」の清水さんが、
こちらのブログを取り上げてくださいました(^^)

清水さんは、人間と森の関係を研究していらっしゃるのだそうです。

森の中に入って、心地よいと感じるのはどういう所に対してなんだろう?
小石川植物園の森のなかで、改めて客観的になってみたりして。

里山や公園の林なども、自然のままの場所は少なくて、
人が手を加えてデザインしてゆく事が多いのですよね。

今回アップした桜の木は緑が濃くて、この写真はこれで気に入っているのですが、
私は芽吹いたばかりの優しい黄緑色がとても好きなのです。
だから、明るい黄緑の葉っぱをつける木が好きなのですよね。
でも、そんなに色んな種類の林を知っているわけではなくて。
もっと色んな場所を見てみたいなと思いました。

美人林の記事、「森林技術」という業界紙に載るという事で、
専門書を置いてそうな本屋さんに行ってみたのですが、見つからず。
代わりに、「森林療法」なる解説本を見つけてきてしまいましたw

森って確かに癒されるかも。緑を見るとどうしてホッとするんだろう~?
少し読んで勉強してみようかな~という所でございます。

2009/05/31 | 00:20
小石川・都電荒川線コメント:8トラックバック:0
 コメント 
小石川植物園ってこんな樹林帯もあるのですね。
まだ一度も足を運んだことがなかったです。

>私は芽吹いたばかりの優しい黄緑色がとても好きなのです。
私も同感です~♪
でも、最後の巨木を下から見上げた写真は
いいですね。
写真で見ているだけでも、生命力というか
本当に精霊が宿っているような
そんな力強さを感じて、元気が湧いてくるみたい(*^^*)
Fmiさんのも書斎さんのもそれぞれに素敵。
同じ木を撮っても個性が出て写真って
やっぱり面白いなぁ♪
緑ってホント癒されますね。
どうしてなのか深く考えたこともないけれど。

↓の
>しゅ~ってしたのやら、ころりんってしたのやら、ひゅぅんってしたのやら、、、
ヒツジ草さんらしい視点で、いいですね~。
夢中でシャッターを切っている様子が
目に浮かんできます~=^-^=うふふっ♪

2009-05-31 日  10:28:42 |  URL | かぷちーの #rIG/kuhY [編集]
小石川植物園は撮んぼのメンバーさんの中に、
マクロと虫名人がいるのですけど、その方の紹介で行ってみたのが最初なのです♪
分類標本園は間隔を置いていろんな種類の木や草が植えてあるだけなので、
マクロとかがないとちょっと撮りようがないのですけど、
じっくり見てみると面白いのですよ♪
春に行ってみたいのですけどね~。
巨木を見上げたのは、前にもこんな感じの撮ったよな~と思いながら…w
大きな木はもっと広角じゃないと、全部収まりきらないのですね。

フォトセラピーとか、音楽セラピーとかと同じ感覚で、
森林セラピーというのがあってちょっと興味が湧いてます。
針葉樹と広葉樹の混在した森がフィトンチッドも出ていいみたいです。

今回もマクロは持っていかなかったので、
撮れるものに限りがあったのですけど楽しかったです(^^)
2009-05-31 日  21:07:45 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
こんなに赤くって可愛いさくらんぼが成っていたのですね♪
オリンパスペンでは小さいのに寄れないからと
すっかりそういうものを見る目もお休みしちゃってたみたいです(^^;

最後の巨木の写真!
とっても好きです(≧ω≦)
やぁ♪って上げた手が太陽にキラリという感じですねーw

自然と人間の関係。
とくに日本の山は、人が立ち入ったことのない原生林というよりも
人々の生活とともにあったのかなと思います。
その境界線をうまくつないでいるのが里山だと
なにかの番組で見たような気がします。
とても身近なものだったからこそ、恋しいのかもしれませんね。
2009-05-31 日  21:41:34 |  URL | Fmi #aIcUnOeo [編集]
ブナばかりがこんなに密に生えるような環境というのもおもしろい景色ですね。

今日は、清水さんのサイトまで飛んでいって
美人林の林層について学びました。
森の保護と観光誘致、実に興味深いです。
(森を見ても、つい切って使って次植える
 というサイクルのこと考えてしまうのです。)
2009-06-01 月  10:33:53 |  URL | 空の書斎 #sSHoJftA [編集]
そうなんですよ~。さくらんぼ、カワイイですよね♪
お友達が最近どこかの公園で撮ったさくらんぼをアップしてて、
見つけたら撮ろうと思っていたんです~♪
>オリンパスペンでは小さいのに寄れないからと
>すっかりそういうものを見る目もお休みしちゃってたみたいです(^^;
そうそう、レンジファインダーとかってあまり寄れないので、
少し引き気味の視線で捜すようになりますよね~。
木の枝にキラリン☆ってイメージで撮ったのですが、
実は前にもこんなの撮った事があって自分の中では新鮮味が薄かったりしてw
Fmiさんのお写真は光のシャワーって感じでよかったですね~♪

森については去年行った知床の森でも、
散策道脇の木に木肌の保護の金網が施してあって、
鹿の被害なのかな~と思ってみてきたのです。
この間、屋久島の森と人とのかかわりの特集記事の中で、
知床、屋久島での鹿による被害が増えてるという話が載ってて、
あれだ、と思いました。
原生林でも今は保護という事で、かなり人の手が加えられているんですね。
逆に里山は薪を取ったりする機会も減って、
荒れている所も増えているような。
私も写真をするようになって森に入る機会が出来たんですよね。
懐かしいっていうのはどこから来ているんだろう?記憶を辿ってみています。
2009-06-01 月  22:45:08 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
美人林は綺麗なんですよ~♪
でも、その近くの天水越にももうちょっと成長したブナの森があるし、
菖蒲高原のあたりもブナ林を見たような気がします。
でも、武蔵野あたりの雑木林とかも見に行ってみたいんですけどね♪
東御苑の中に武蔵野の雑木林を再現したという一角があって、
たまにしか行かれないのですけど結構好きなんですよね。

清水さんのブログも見に行っていただいたのですね。
この辺の記事とかも、書斎さんとか読まれたら面白いんじゃないかしらなんて。
http://d.hatena.ne.jp/yupcolor/20081123/1227458692
建築家さんが森を見るときの視点は私達とはまたちょっと違うんだろうな~と思うのです。
2009-06-01 月  23:10:20 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
ひつじ草さん,みなさま,はじめまして。
美人林の記事を書きました清水です。
ひつじ草さんにブログをご紹介いただきまして,お蔭様でたくさんの方が拙文を読みに訪れてくださった事,お礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。

時間の合間合間にひつじ草さんはじめ,皆さまの写真を拝見し,楽しませていただいています。
また,皆さまの写真やコメントから,自然に対する愛着などを窺い知る事ができます。
特に写真に関しましては,
当方のブログにてひつじ草さんがコメントくださったように,撮影者の自然に対する造詣の深さが顕在化するものです。
みなさんの自然に対する深い愛着を感じ,とても嬉しい気持ちにさせていただいています。

ひつじ草さんはじめ皆さんのお写真を拝見しに,また時々寄らせてください。毎日のささやかな楽しみが増えた想いです。
どうもありがとうございました。

ひつじ草さん,色々ありがとうございました。
ちなみに「森林療法」は,私の大学の研究室の先輩が書かれた本なのです(笑。

2009-06-02 火  04:52:23 |  URL | 清水 #vBftBvQ. [編集]
コメントありがとうございます!
またまた、リンクを貼ってしまいました~。

ブログに書いていただいて嬉しかったのです~♪
清水さんの記事で、林の理解を深める事ができました。
林の成り立ちだけでなく、森を作る人の立場の記事などもとても面白くて、
仲間にも読んで欲しいな~と思い取り上げさせていただきました。
>ちなみに「森林療法」は,私の大学の研究室の先輩が書かれた本なのです(笑。
わぁ!そうなのですか!!同じ方の書いた本が2冊あって、
どちらを選ぼうか悩んだのですが…正確には、
「森林療法のてびき 地域でつくる実践マニュアル」です。
自然観察は何度か参加した事があるのですけど、
森林で作業をするとか、癒しを目的とした散策というのはした事がないなぁと。
でも、そういえばホテルのオプションなどで、
早朝自然観察会みたいなのがあったっけな~とか、思い出しました。
対象も、健康な人~障害のある人までいろいろ想定されるのですね。
うつなどの閉じこもりの方への作業療法的な部分での関わりとか…、
清水さんの記事に出会って新たな興味が湧いています。
改めて地元でどんな取り組みがあるのか、調べてみようかなと思っています。
農大などの講座でももしかしたら何かあるのかな?
こちらこそ、ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いいたします♪
2009-06-02 火  22:57:02 |  URL | ヒツジ草 #nKD1BgzM [編集]
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?