愛知トリエンナーレ その1 ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 愛知トリエンナーレ その1 

愛知トリエンナーレに行ってきました。
先日の新日曜美術館を見てこれは、
行かなくてはと思っていたのです。

でも、なんか仕事が忙しくて、
行こうと思っていた前日も、
結局10時まで残業してしまってw

仕方ない、1泊2日で日曜日から、
と思ったら宿が取れないw

で、日帰りになりましたw

とりあえず、見たいと思っていた作品を中心に。
岡崎と豊橋会場はあきらめて…。

↓大巻さんの作品です。

チベットの砂絵曼荼羅に発想を得ているのだとか。
一歩入ったら極楽浄土かという感じがしました。

こちらは、日本画に使う顔料の粉を、
ステンシルの要領で型紙の上から蒔いて絵にしています。
砂絵曼荼羅は色をつけた砂を、
細い口の管の付いた容器から少しずつ流して絵を描きます。
そして奉納された数日後には崩されるのだとか。

実はこちらの作品も、明日からこの絵の上を歩けるようになるのです。

KIMG1662.jpg

KIMG1661.jpg

KIMG1660.jpg

人が通った後がきっと筋となって、
やがては色が溶け合っていく…
その過程も作品の一部なのだとか。
KIMG1665.jpg
会場を出た廊下にはグラスに飾られた顔料。

KIMG1667.jpg
色が幾重にも美しい模様をなしているものもあれば、
色が混ざり合ってグレーに近い部分のあるものもありました。
こんな風に色が混ざり合っていくのかな?

明日からあの美しい花たちが、
どんな風に変化していくのか気になります。

フィルムで撮った分は、また後日。


2016/10/10 | 22:48
愛知トリエンナーレコメント:0トラックバック:0
 コメント 
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。