ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 愛知トリエンナーレ その3 

(愛知県美術館会場)

美術展を見ながら、
気になった作品を写真に収める。

フィルム上に残った記憶の断片。
aichi031.jpg

aichi032.jpg

aichi033.jpg

aichi035.jpg

かわいらしい。
けど、結構シュールだったりもする。
添えられた言葉もユニーク。

戦争と平和とか。自由とか。
そういったワードが連想される。
aichi034.jpg

楽譜や地図に切り抜かれた鳥が気になった。

現状やしがらみから解き放たれて、
自由になりたいという願望かもしれないなw




2016/10/27 | 21:52
愛知トリエンナーレコメント:2トラックバック:0

 色の重なり 

トリエンナーレ、フィルム撮影分上がってきました。
大巻作品です。
ケータイの方とあまり変わりありませんがw
sizuku038.jpg

グラスの顔料、かなり気になっていたらしく、
結構な枚数をシャッター押していました。

sizuku040.jpg

こんなに色々な色が使われているんだなぁ。。

sizuku042.jpg

繊細な色の帯。

sizuku044.jpg

青い色単独のグラスはこれだけでしたね。
sizuku047.jpg

トリエンナーレは本日で終了でした。
こちらの作品は絵の上を歩けるようになって、
どんな風になってしまったんだろうと思ってました。
全体的にぼんやりした色合いになっているようですが、
ひとつひとつの模様の輪郭は残っているようです。

人の歩いた所が筋になったりするのかなって思っていましたが、
そこまでは残らないようです。

この華やかさも永遠には続かない
色の層の美しさも偶然が作りだした模様
そういう意識で見ているからか、
より一層愛おしさが増すような気がします。

2016/10/23 | 23:52
愛知トリエンナーレコメント:0トラックバック:0

 愛知トリエンナーレ その1 

愛知トリエンナーレに行ってきました。
先日の新日曜美術館を見てこれは、
行かなくてはと思っていたのです。

でも、なんか仕事が忙しくて、
行こうと思っていた前日も、
結局10時まで残業してしまってw

仕方ない、1泊2日で日曜日から、
と思ったら宿が取れないw

で、日帰りになりましたw

とりあえず、見たいと思っていた作品を中心に。
岡崎と豊橋会場はあきらめて…。

↓大巻さんの作品です。

チベットの砂絵曼荼羅に発想を得ているのだとか。
一歩入ったら極楽浄土かという感じがしました。

こちらは、日本画に使う顔料の粉を、
ステンシルの要領で型紙の上から蒔いて絵にしています。
砂絵曼荼羅は色をつけた砂を、
細い口の管の付いた容器から少しずつ流して絵を描きます。
そして奉納された数日後には崩されるのだとか。

実はこちらの作品も、明日からこの絵の上を歩けるようになるのです。

KIMG1662.jpg

KIMG1661.jpg

KIMG1660.jpg

人が通った後がきっと筋となって、
やがては色が溶け合っていく…
その過程も作品の一部なのだとか。
KIMG1665.jpg
会場を出た廊下にはグラスに飾られた顔料。

KIMG1667.jpg
色が幾重にも美しい模様をなしているものもあれば、
色が混ざり合ってグレーに近い部分のあるものもありました。
こんな風に色が混ざり合っていくのかな?

明日からあの美しい花たちが、
どんな風に変化していくのか気になります。

フィルムで撮った分は、また後日。


2016/10/10 | 22:48
愛知トリエンナーレコメント:0トラックバック:0

 愛知トリエンナーレ その2 

↑の記事から続きです。

そして、もうひとつのお目当て。
長者町会場の今村文さんの不思議な花の作品。


KIMG1675.jpg

蜜蝋や漆なども使い切り抜いた花を、
パラフィン紙に貼ってあるのだとか。
なんとも繊細なお花。

こう撮ってしまうとどのくらいのサイズ感かわかりませんが…

KIMG1677.jpg

KIMG1679.jpg

KIMG1681.jpg

 KIMG1686.jpg
こちらの通り、壁一面の大きな花なのです。
この壁で、ひっそりと息づいている。
そんな感じがしました。

KIMG1685.jpg
こちらの丸い花もなんとなく、
花の曼荼羅のような。

古い建物を会場に使った展示で、
街の中のいくつかの建物が展示場所になっていました。


今村さん、女性に人気の作品でしたよ。
もう一ヶ所クラウンという喫茶店でも展示しているのですが、
残念ながらお休みでした。

ランチはそちらでと思っていたので…

ご飯を食べられる場所と思ってうろついてみると…
KIMG1669.jpg
なんか、オシャレなお店を発見。
でも、メニューがみんな横文字で。
(ローマ字だったのかしら?)
なんかさっぱり解らなかったw
要するにサラダに2品トッピングを選べるセットってことで、
お豆腐とローストポークにしました♪

大巻さんの作品にしても、今村さんの作品にしても、
前情報なしで初見でここの空間に行ったら、
きっともっと感動しただろうと思うのだけど。

展示数が多いから見落とす危険性が大きいだろうし…
この辺が難しい所なんですよね。




2016/10/10 | 21:00
愛知トリエンナーレコメント:0トラックバック:0

 その3(作品展に思うこと) 

KIMG1654.jpg

トリエンナーレから少し話は逸れますが…

上からの続きです。

こちら、代々木公園入り口の浅井さんの作品です。
昨年の越後妻有の作品でファンになりましたが、
一見するだけで浅井さんの作品と解る。すごいですね。

こちらを作ったのは新潟の展示より前のようです。
一般の方にも簡単なデザインもしてもらったり、
参加型のアートだったようです。
自分もここを作ったんだって、
ほくそ笑んでいる人がきっといるんでしょうね。

こちらの作品がここにあるのを知ったのは、
前に所属していた撮んぼのグループ展です。
ハガキに使われていた写真がこちらで撮ったものでした。

作品展はもう終わってしまったのだけど、
撮んぼは風景を撮る人が多くて街中を撮っているメンバーもいます。
それぞれの視点を大切にしているグループです。

以下、撮んぼ関連の記事、長いので興味のある方どうぞ。



続きを読む
2016/10/10 | 20:00
未分類コメント:0トラックバック:0

 君住む街へ 小田さんライブ at 東京国立代々木 

IMG_20161002_134638.jpg

先日小田さんの東京公演に行ってきました。
今回の国立代々木はなかなかに入手困難で、
先行も一般もはずして当日券狙いかと思っていたところ、
公演前日の追加発売をなんとか取る事ができました。
(イベンターのキョードー東京のHPを
ずっとチェックしてた甲斐がありました♪)


小田さんの全キャリアからのベストアルバムの、
「あの日あの時」からの選曲で、
オフコースの曲もたくさんやってくれました。

Opening :
SE 君住む街へ(インスト)
wonderful life
こころ
MC
眠れぬ夜
MC
秋の気配
さよなら
MC
僕の贈り物
愛を止めないで
時に愛は
心はなれて
言葉にできない
I LOVE YOU
Yes-No
ご当地紀行
the flag
伝えたいことがあるんだ
恋は大騒ぎ
キラキラ
ラブ・ストーリーは突然に
風と君を待つだけ
たしかなこと
MC
my home town
さよならは言わない
今日も どこかで
風は止んだ
MC
君住む街へ
アンコール
#1:
愛になる
YES-YES-YES
やさしい夜
アンコール
#2:
ダイジョウブ
また会える日まで
NEXTのテーマ -僕等がいた
Ending : SE 風は止んだ(インスト)

他の会場のセットリストで予習をしていて、
5人のオフコースの最後の方で出た YES-YES-YESや
NEXTのテーマをやってるのか~と思って、
これは涙腺崩壊するかも…なんて思っていたのです。
やはり、かなりウルウル来てしまいました。

1982年、伝説の武道館10日間ライブで、
5人でのオフコースの活動に終止符が打たれたのですが、
終演の後自然発生的に生まれた客席のYES-YES-YESの大合唱。
「♪~あなたを連れてゆくよ 手を離さないで~」

それを受けてのNEXTのテーマの歌詞。

NEXTのテーマ
「誰のためにでもなく僕らが歌い始めて
歌が僕らを離れていったのは
ほんの少し前の冬の日

いつだって本当は 
一人より二人の方がいい
あの時大きな舞台の上で 
僕は思っていた夏の日

その時そこには君たちがいたね
こころひとつで君たちがいたね
僕等はいつも憶えているよ
そのこころの叫びを」

↓1982の伝説の武道館ライブのオープニングへとつながる、
NEXTのテーマの映像がyoutubeに上がってました。

武道館公演のあと、オフコースはいったん活動休止に入ったのですが、
その間にNEXTというドラマが作られたのです。
活動休止から5年後の設定で5人が謎の一味に拉致られて、
武道館に連れてこられてライブをやるという…ね。
それでNEXTのテーマ、というわけです。
ライブの場面は武道館の実際のライブ映像が使われていました。

こちらはYES-YES-YES、会場大合唱の入ったバージョン
曲だけですけどね。誰かがアップしてくれたんですね。

大合唱は2分30秒くらいからです。

この辺の曲を聞くと、解散しちゃうのかな~とか、
不安な日々を過ごしていたあの頃の感情が蘇ってくるのです。

今、改めてNEXTのテーマを聞くと、この歌はあの時の武道館にいたファンと、
それから小田さんの長年の相棒だったヤスさんに向けた歌詞だよな~と、
改めて思うのでした。

そして、またみんなの前に戻ってくると言ってくれてはいるけれど、
やはり、いつまで続けてくれるのかと思うと…。
一度ヤスさんとやりたいのかな~?と思いました。
年末のクリスマスの約束では、
色んなアーティストとセッションしてますしね。


こちらの映像は最近の小田さん。といっても、
2011のライブ映像です。まだ持ってないのですよ。やっぱり欲しいな~。

今月の横浜公演はすでにゲットしているので、
もう一度小田さんと会えるのが楽しみです♪


2016/10/02 | 16:49
<音楽>コメント:0トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?