ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 川西宿舎より 

8月に大地の芸術祭のボランティアに行った時の写真です。

ボランティアの時は川西宿舎という所に泊まりました。
十日町から少し入った川西地区にあって、
昔は学校の宿舎だったそうです。

雪が深くて通えない子が泊まったのかな。
1部屋に二段ベットが4つ、8人部屋ですが、
お盆の時期で一番ボランティアの人数が多くて、
ベットのほかに布団の人も一人。

しかも、20時に東京を出たバスが宿舎に着いたのは1時で、
前日から泊まっている人もいる部屋へ忍び足で入って、
上段のベットにそろそろと入りましたっけw

大地の芸術祭の時だけの利用なので、
今はもう閉められたようです。

結構忙しくて写真を撮る暇はほとんどなかったのですけど、
少しだけどうぞ。

宿舎の裏側は田んぼでした。
こへび003
夜には遠くの花火も見えました。
流れ星も流れないかなとしばらく見上げていましたが、
流れませんでした~。

こへび004
小さな畑ではトウモロコシにゴーヤに、
ネギ(タマネギ?)、アスパラ、奥のはカボチャかな?
いい味出してました。

こへび002
ボラに出かけるバスを待っている間、
人だかりの中心に何かを手に載せている人…。

カエルかな?と思って撮らせてくださいって行ってみたら、
クワガタのメスだった。

いったん、キナーレというボランティアの拠点になっている美術館に集まって、
それぞれの作品へ地元のボランティアの方が送ってくれます。

1日目は松代から更に奥の地域でここは通り道だったので、
帰りにちょっとだけ寄ってもらいました。

こへび006
ガイドブックなんかにもよく登場する場所。

こへび007
草間弥生!本物だ~。
実際に目にしてちょっと感動。

こへび008
川西の田んぼは穂がだいぶ出て色も変わり始めてたけど、
この辺はまだ花が咲いてました。
細かな雫がついて綺麗でした♪


スポンサーサイト
2015/09/29 | 00:09
<越後妻有 2015’>コメント:0トラックバック:0

 ヴァンジ庭園美術館 ピンホール編 

ヴァンジP001
ヴァンジ美術館のピンホール編です。

ヴァンジP003
丸い池を近くから。
色んな色の睡蓮が咲いてて綺麗でした♪
これだと、あまり様子が伝わらないかも…

ヴァンジP005
カフェのテーブルにもクレマチスの一輪挿しが並んでます♪
写真撮りたさにお茶しましたw

ヴァンジP004
ハーブティーは、ガラスのポットとカップに入って出てきました♪


2015/09/24 | 00:12
<ピンホール>コメント:0トラックバック:0

 刈安染め 

続きまして、刈安染めです♪

KIMG0762.jpg
桜よりかなりはっきりした黄色ですね。

大島紬の黄八丈などは、
この刈安の系統のが使われるそうです。
でも、同じ種類ではないので少しニュアンスが違うらしい。
KIMG0739.jpg
こんな、干草みたいな感じ。

KIMG0740.jpg
お水から煮出していきます。

KIMG0741.jpg
30分ほど煮て…

KIMG0743.jpg
漉すとこんな感じ。

KIMG0744.jpg
鍋では深いオレンジ色に見えますが、
小皿に取ると最初よりは色が出てますね。

KIMG0745.jpg
布を入れてグツグツ。
(布はミョウバンで先媒染してあります)

KIMG0755.jpg
こんなにしっかり染まりました!
マスタード色って感じですかね。

刈安はもう少し緑がかった黄色に染まるらしいのですけど、
今回の葉はこんな色を宿していたようです。

10月は茜、ログウッド(薄紫)、ざくろ(黄色)、蘇芳の鉄媒染(小豆色になるそうです)
の予定で、私はログウッドに申し込みをしました♪
楽しみ~♪





2015/09/23 | 00:57
<草木染>コメント:0トラックバック:0

 桜を纏う 

草木染の第3弾は、桜染めをして来ました♪

草木染に興味を持ったのは、
昔、京都で活躍されてる志村ふくみさんの話を聞いてからかなぁ。
(2013年のプロフェッショナル仕事の流儀の、
番組概要も出てきました。こちらもどうぞ。)

桜染めは桜の花が咲く直前の枝をもらって、
桜の命を染めるのよ、とそんな風な話をしていたのが印象的でした。

桜を観察していても芽がだんだん膨らみ始めて、
蕾が現れる直前の枝先が一番赤い色が濃くなるような気がします。
それから、草木染、特に桜染めは、一度してみたいと思っていたのです。

7月から通い始めた教室で桜染めをすると聞いて、
いつも結構早く一杯になってしまうし桜は特に人気が高そうなので、
連絡が来て間髪入れずに申し込みしてしまいましたw

教室のご近所のお宅で剪定した桜の枝を使うとの事で、
この時期の枝はきっと赤い色素は少ないんだろうなと思っていて、
逆にどんな色になるんだろうと思っていました。
先生は、「シャンパンゴールド」になると話していました…。

で。今回染めたものはこんな感じ。
KIMG0761.jpg
モニター上だと結構色のニュアンスが違うかも知れませんが、
やさしいクリーム色というのでしょうか。

私の生地は白っぽいシルクで縦に縞が入ったものです。

今まではチップになったものなどを使っていたのですけど、
こんな風に枝を直接鍋で煮込むと、
より一層草木染をしているという感じがします。

KIMG0702.jpg
30分ほど煮込んで赤茶色になった液を使います。

KIMG0703.jpg
染める布の方は水に浸した後、
ミョウバンで先媒煎にしました。

KIMG0704.jpg
枝を漉した液に浸し更に煮込みます。

KIMG0705.jpg
茶褐色だった煮汁はだんだんと色素が布の方に吸着されて、
透明に変わっていきます。煮汁は桜餅に似たいい匂い♪

KIMG0706.jpg
桜の枝は更に煎じて使えるそうです。

布の方は液に浸け込んでそのまま自然に冷まして…
その間、近くの小さな谷戸へお散歩。いい雲が出てました♪

KIMG0707.jpg

さて、どんな風に染まったかな?
KIMG0708.jpg
こちらは、私と同じシルクのストールですが、
生地がやや生成りっぽかったので少し色が濃いです。

KIMG0709.jpg
こちらは持参の帯揚げを染めた方。
春に桜柄に桜で染めた帯揚げなんてオツですよね♪

桜色にはならなかったけど、
こんな綺麗な色が出るんですね~。
茶褐色の木肌に秘められていたこんな澄んだ色合い。

一度使って2年くらい寝かしていたら、
最初に染めた時はシャンパンゴールドだったのに、
今度は桜色に染まったなんていう話も聞いて、
草木染って不思議だなぁと思いました。

ほんのり桜のいい匂いが残っていて、
ストール巻くと香りでも癒されます♪

続けて、第4弾、
刈安(かりやす)染めも体験してきましたので、
また、お届けしますね♪

2015/09/20 | 18:01
<草木染>コメント:6トラックバック:0

 ヴァンジ庭園美術館 

前から行ってみたかったヴァンジ庭園美術館に、
先月行ってきました。

前にFbの方にはケータイで撮った写真をアップしたのですが、
フィルムでも少し撮ってますのでそちらをお届けです。

この丸い池が印象的なのです。
建物に入るとまず眼下にこの景色が。

ヴァンジ002
展示を見終わった後、
庭を少し散歩してみました。

ヴァンジ006
この大きな木と椅子もパンフにもなっています。

ヴァンジ008s

ヴァンジ007
広い芝生の公園は気持ちが良かったです。
かなり暑かったけどw

一休みで入ったハーブティーが飲めるカフェ。
ヴァンジ001
入ってすぐのカウンターには、お花が一杯でした♪

このあたり一体はクレマチスの丘といって、
色んな種類のクレマチスも見られるのです。

2015/09/18 | 00:18
美味しい物・お出かけコメント:0トラックバック:0

 記憶の中の、 

haneda6s.jpg

羽田シリーズ最後はこの写真で。
全然羽田じゃないじゃんってw

でも、なんかこれが一番お気に入りw
しかも、オーバー気味にスキャンされてるのだけど、
この色の調子が気に入ったのでした。



2015/09/15 | 23:10
<羽田 2015’>コメント:2トラックバック:0

 飛行機を海から撮る! 

羽田沖クルーズの続きです。
飛行場間近の海から撮るなんて体験は新鮮で、
このシュチュエーションだけで興奮するわけですw

ただし、へそ曲がりなので望遠は持ってきてません。
お友達もピンホールですしw(デジも持ってきてますけど)

D滑走路の支柱をピンホールしたかったらしいのですが、
残念ながら船がえらく揺れるしあまり停止してくれないので、
なかなか難しかったですね。

頭上をかすめるようにして飛んだ機体を慌てて撮りました。
hanedakukou013s.jpg
遠くまで飛ぶジャンボは燃料も沢山積んでるので、
低く飛ぶらしいです。

それからD滑走路の更に奥の着陸ポイントに移動。
丁度入ってくる飛行機が見れました♪

hanedakukou015.jpg

レンズが50mmなのでこんなサイズで勘弁です。

hanedakukou016.jpg

おぉ~、ほぼ真横です。
肉眼的にはもっと大きく見えてましたが、
写真にするとこんなものなんですね。

hanedakukou017.jpg
それからも何度か飛行機の行き来がありましたけど、
なかなか近くを飛ばない…。

こんな小さくしか写らないと解っていても、
ついシャッター押してしまいます。

hanedakukou018.jpg
船や陸も一緒に撮れるともう少し変化つけられたかな。

この船にも大きな望遠レンズを2台体制で担いでる人がいました。
こんな方たちはどんな写真を狙ってるのかなと思ったのですけど、
少し検索したら飛行機の機種やマークまでしっかり判別できる、
アップの写真とかあってスゴかったです。

しかし、飛行機コレクションというのもなぁ…。
配色とかカワイイ機体もあるけども、、

夕景とか夜景、雲とか逆光で変化つけたりというのもあって、
かっこよかったです♪。

1時間のクルーズでしたが、
ポイント間の移動の時間もあるので、
ホントにあっという間でした。
ランチ(お弁当?)つきのコースもあるみたいです。
こちらから→

今回はフジのプロビアを使ってますが、
青空のヌケ感が気持ちがいいですね。
この所天候不順が続いてるせいか、
余計にそう感じます。

2015/09/14 | 00:32
<羽田 2015’>コメント:2トラックバック:0

 運河より 

波がキラキラ光って気持ちがいい♪
hanedakukou007.jpg
でも、ちょっと傾いたw

hanedakukou008.jpg
出航です!

hanedakukou009.jpg
波しぶき♪
結構スピード出てます!
さて、向かう先は?

hanedakukou010.jpg
おっと、目的のものが!

hanedakukou020.jpg
手前に見えてきたのが羽田空港、D滑走路。
一番新しく出来た長い滑走路です。
こんな風に下側を支柱が支えてます。

飛び立つ飛行機を海から見よう!というツアーなのです!

2015/09/11 | 00:30
<羽田 2015’>コメント:2トラックバック:0

 海へ 

国内線ターミナルから国際線のターミナルへ向かい、
更にそこから小さな船着場へと出ます。

こんな船が待っていました。
hanedakukou006.jpg

船の中の様子もケータイですが、どうぞ。
KIMG0297.jpg

船内はこんな落ち着いた雰囲気でしたが、
カップルさんしかいませんw
KIMG0298.jpg

みなさん階段をあがって甲板へ出てます。
KIMG0302.jpg
そちらには人が沢山だったので、
階段を降りて後方のデッキを確保。

さてと。
KIMG0263.jpg
ちっちゃ~く見えてますが、お目当てはコレでした♪

(次回、その様子を。でも望遠もって行かなかったので、
サイズ的にはあまり変わらないかもw)


2015/09/10 | 01:09
<羽田 2015’>コメント:0トラックバック:0

 ゆるやかな曲線 

↓の記事の写真の場所の35mmバージョンです。
旅に出る前後に立ち寄る場所なので、
こんなにゆっくり写真を撮ったりした事なかったなぁ。


hanedakukou1.jpg

hanedakukou2.jpg

hanedakukou4.jpg

展望デッキに出たりなかなか楽しめました♪
ケータイ写真ですが飛行機も載せときましょう。

KIMG0247.jpg

何かの撮影会なのかデッキの方では、
貸し出し用のカメラが並んでて、
端にはものすごいデカイ望遠レンズも据えられてました。
ちょっと覗いてみたい衝動に駆られましたが、
あれ、動かすのも一苦労だしっ、、
(前に展示ブースのをいじったことがあるw
全然びくともしない~)
屋上のフロアでランチをいただきましたよ♪

2015/09/09 | 00:28
<羽田 2015’>コメント:0トラックバック:0

 空港でピンホール 

7月に羽田空港に出かけたので、その時の写真を。
haneda1.jpg

haneda2.jpg

haneda3.jpg

haneda5.jpg

曲線と直線の構成が面白いですね。


(でも、ホントの目的はここじゃないんですけどね…。)



2015/09/06 | 13:43
<羽田 2015’>コメント:2トラックバック:0

 木漏れ日紫陽花 

0719001.jpg
紫陽花をピンホールするのには絶好の場所だったのに…
暑さに負けてミニ三脚持って行くのが精一杯><

0719002.jpg

0719003.jpg
これも、狙いは悪くないと思うw
しっかしブレブレだぁ、、

0719006.jpg
これも、なんていうか、
ゆがみ?傾き?が気持ち悪いw
う~む。。。
と、微妙に不消化な感じだったのでした。

涼しくなってきたし、またピンホールしたいよね。


ご一緒したkoukoさんのブログはこちら。→  (2枚目の写真が同じ場所です。)
私はネガなんですが、koukoさんはポジなので色の調子が違ってます。
さらにフォーマットもkoukoさんのは縦長なので面白いですね。

7/22~7/31までの記事と、8/1~8/7までの記事が、
今回の三溪園と鎌倉での写真になりますので、よろしかったら♪

2015/09/05 | 00:48
<ピンホール>コメント:0トラックバック:0

 夏の花 ノウゼンカツラ 

新潟の写真が気になりますが、
フィルムの上がりは1週間かかるので…w

7月半ばの鎌倉の続きを。
鎌倉へ行くといつものコース、
結局妙本寺へ来てしまいました。

参道が深い森のようになっていて、
涼しいんですよね。

ここでもノウゼンカツラが良く咲いてました♪
0719035.jpg
よく見るとピンクで可愛いよねなんて、
浴衣+人力車の鎌倉巡り女子がはしゃいでます。

0719034.jpg
凌霄花なんて書くんですよね。
漢字を見ると和ですが、南国を感じさせる花ですね。

野の花系が好きなヒツジ草としては、
実はあまり惹かれないんですがw
でもやっぱり綺麗だな~と思って眺めてました。

0719032.jpg
紫陽花もこんな風にドライになりかけてるものもあって。
こんな色合いも結構好きです。

0719033.jpg
境内は森の中なので、
他より紫陽花も少しゆっくりなんです。

0719036.jpg
ここら辺のは綺麗なのが残ってました♪

2015/09/03 | 23:52
 15’夏コメント:0トラックバック:0

 音楽と髭達 レポ 

続きまして、HARD OFF ECOスタジアムでの
音楽と髭達のリポートを覚書的に。
長文です><

前日のうちに長岡まで移動して、当日は新潟までは新幹線利用。
(ホントは新潟に宿を取りたかったのだが取れなかった)

9:00に新潟駅到着。
フェス目的で新幹線を降りた人々も結構沢山。
ちょっと混み始めたトイレ済ませて、
駅のロータリー一番奥のシャトルバス乗り場へ。
行列にはなっているがそれほど待たずにバスに乗り込む。

去年の書き込みを検索すると、
リストバンド交換に1時間待ちとかあったので心配だったが、
時間が早かったせいか雨脚が強いせいかこちらも流れがスムーズ。

10:00過ぎにスタジアムのスタンディングエリア フロントゾーンに入ると、
すでに向かって左側、音ステージの正面のエリアは半分くらいまで埋まっている。
ステージ左端の隅はまだ一番前が空いている。
中央の後ろを取るか端の一番前か…??で、端の一番前を確保。

そのまま、開演まで1時間待ち!
結構雨脚強くて、山用のポンチョ着ても膝から下は濡れるw
そして、足元はスニーカー履いてきちゃったけど、
養生シートが水通さないので、
大きな水溜りがあちこちにできててちょっと誤算><

待っているとおもむろにベースのmomikenさんとドラムのkentaさんが出てきて、
スタッフと入れ替わりサウンドチェックを始めた!おぉ♪
そして何事もなかったかのように去る。クールだw

予定通りに始まり、流石に最前列なのでよく見えます♪
ボーカルikeちゃんはここからだと結構右側に見えるのだけど、
momikenさんが正面まで来て弾いてくれる。
ikeちゃんも2回ほど端まで来てくれて、
2回めに来た時は楽しそうに笑いながらこっちを見たので、
ちょっと動揺。おわっ。目が合ったw
後ろで若い子達が、やっぱカッコイイ~って
キャーキャー言ってる感じが微笑ましく。
6曲歌ってあっという間にお終い。その頃には雨も上がってきた。

〈セトリ〉
OVERLOAD
現状ディストラクション
WENDY~Ⅰt's you
ファイアスターター
サムライハート(Some Like It Hot)
イマジネーション

しばらくスタンドに上がって休憩&腹ごしらえ。
だんだんと晴れて来て、日差しが強い。
次は委員会バンド狙いなのだけど、
前の郷ひろみからスタンバイしてないと無理そうだな~。。
と、言うわけでさっきと同じ位の位置をゲット。
そしたら郷さんもステージ端まで来てくれて、よく見えました~♪
今全国ツアー中だそうですが、
普段の客層と違って郷さんも新鮮だったみたいです。
しかしTVで見てるあのパフォーマンスを、
こんな至近距離で見られるなんて!!

郷さんが終わってお客さんが入れ替わり、
前から2列目までなんとか入り込めました。
次は髭ステージでNegiccoちゃんというご当地アイドル。
可愛かったです♪

もうこのままお客さんは動かないだろうと思ったら、
最前列がNegicco目当てだったらしく、
入れ替わりに最前列ゲット!やった!

そして、我が委員会バンドです♪ええと、ご存じない方のために。
小田さんのクリスマスの約束の中で組んでるバンドのことですね。
小田さんの他に、スターダストレビューの根本さん、
スキマスイッチの二人、いきものがかりの水野君がメンバーです。
曲もメンバーそれぞれのオリジナルはやらず、
以前にクリ約でもやったアーティストのカバー曲ばかりの構成です。

〈セトリ〉
美しすぎて
Please Mr. Postman
魔法の黄色い靴
らいおんハート
デイ・ドリーム・ビリーバー
約束

約束は今回のために作った曲だそうです^^
昔、スターダストレビューも好きで結構ライブにも行ってたので、
こんな贅沢な構成はないなぁという、ね。よくない訳がない。
残念ながら、委員会バンドは座って演奏するので、
すごく近くで見れたって感じではなかったけど、
小田さんの顔は角度的によく見えてラッキーでした。
他2ヶ所でもライブやってるんですが、
そちらではまだあまり知られてなかったようで、
今回は一番キャーキャー言われたみたいですw
(3ヶ所の中では新潟が一番首都圏から近いし行きやすいよね。)

しかし、14:55~という日差しが強く、後ろからは押され、
人の密集度が高くて具合の悪くなる人も結構いました。
ステージの合間にミストが出る扇風機を当ててくれたり、
スタッフが水を配ってくれたりといろいろ配慮されてました。

さて、お目当ての委員会バンドも終わり、
スタンドで休もうと思ったのだけど、
スタンドの日陰になってる方はあまり席が空いてない、、
髭ステージ側の一番端の2層めにようやく席を見つける。
下ではスカパラで盛り上がってて、
グラウンド後方では踊る人も沢山。
サークルまでできて回ってるし。楽しそう~w

この日の出演の方々のツイートを追いかけていたら、
「新潟あたたかい」とか「グラウンドだけじゃなく1階2階の人たちも
タオル回してくれてってうれしかった」なんていうコメントがあって、
アーティストの人たちも楽しかったんだな~と思いました。

AAAあたりからはすっかり日も暮れて、
バラードでは客席のサイリウムが綺麗♪
サイリウムのない人はケータイのモバイルライトを点けて参加。
最後のスキマスイッチまで堪能しました。
スキマのサポートで、氷室ライブでもサポートだった大島さんがいらしてました^^
終わったと思って会場後にしたら、最後、
まさかのアンコールで全力少年やったのが痛恨のミスでしたが、
帰りのシャトルバス待ちながら聞けたし、
バスもスムーズに乗れたのでよしとしましょう。
帰りの電車本数少なくて、
乗りなれない路線だしドキドキだったのだけど、
ツアーバスを利用する人のほうが多かったのかな?
そんなに混みあってなくて幸いでした。
今回は長岡でもう一泊したけど、
なんとか日帰り可能そうですね。
楽しかったので来年もメンバーが面白そうだったらまた行きたいな。

…毎年行きたいと思ってるのだけど、
オーガスタキャンプはまたチケット取れませんでした><

(画像をクリックすると大きくなります。)
timetable.png

stadium_map2.png

stadium_map.png

2015/09/01 | 23:33
<音楽>コメント:2トラックバック:0

 大地の芸術祭  

大地の芸術祭は、
新潟の十日町、まつだい、津南周辺の緑奥深い土地に、
300を越す芸術作品が点在しています。

2000年から3年ごとに開催していて、
今回で6回目を迎えました。

会期は9/13までやっていますので、
もし、遅い夏休みにどこへ行こう?
という方がいらしたらいかが♪
というわけで今回のコースを少しご紹介。

高齢、過疎化が進む限界集落も含まれるのですが、
廃校になった小学校や古民家を会場にした作品が数多くあります。

私とこの土地との縁は、
写真のグループでブナ林を撮りに来た事から始まりました。
山菜を摘んだり宿で食べた山菜鍋が忘れられなかったのですよね~。
芸術祭はやっているのは知っていたけど…
地元の方たちに受けいられるのにも大変だったようですが、
私も最初はどちらかというとそんな目で見てたかもw

でも回を増すごとに地元の方たちにも受け入れられて、
作品数も増えていっているらしいということで気になっていたのでした。

こへび隊(芸術祭のボランティア)の活動を体験したのも、
どんな様子なのか少し知ることができるかなと思ったからなのです。

さて、今回はいろいろ考えた末、
エリア周遊バスタクシーを利用することにしました。←PDFがひらきます。
3つの拠点から出る10のエリアを回るミニツアーと、
乗り降り自由の路線バスを組み合わせて利用ができるのです。
(初心者向けにはダイジェストツアーというのもありますよ)

まずは美人林。
ここは「森の学校」キョロロから近いので、
周9のバスで「最後の教室」を見た後再びバスに乗り、
キョロロで降りて美人林へ。
曇り空だったので少し薄暗かったですけど、
相変わらず美しいです。
ここでたっぷり時間をとって森林浴しました。

KIMG0596.jpg
そして、まつだい駅に戻り、
宿泊予定の三省ハウスの送迎バスで宿へ。
小学校の校舎の宿で山小屋風の2段ベットなんです。
シャワーしかないのですけど、
温泉代プラス600円で近くの温泉に送迎してくれます。
こちらの宿では一人旅で回っている人が沢山いて、
どこの作品がよかったとか情報交換したり楽しい時間でした。
自力で車で来たりレンタカーでという人もいましたね。
リピーターさんが多いみたいです。

KIMG0606.jpg

2日目はバスタク、周1の下条コースに乗車。

こちらはもぐらの館。小学校の校舎を使った、
土をテーマにした作品が数多く見られます。
KIMG0623.jpg

こちらは越後妻有周辺の土を使って描かれた壁画。
KIMG0638.jpg

KIMG0647.jpg
こちらはみしゃぐちという作品。

古民家を改装して焼物の作品もコラボした、
うぶすなの家はいい雰囲気の建物で、
地元の食材を使った食事も食べられるのですが、
バスタクのコースでは見るだけで残念でした><

そして十日町のキナーレ(越後妻有里山美術館)で下車、
軽くお腹にいれて十日町周辺の作品を見て回ります。

まずはキナーレ裏手のチマノチョモリ。
KIMG0659.jpg

KIMG0665.jpg
T+U+M+A+R+Iのかけらミュージアム
(この土地で出土した火焔式土器をモチーフにして、
地元の人の使った着物の端切れを使って作った作品。
この日はワークショップもやっていました)
KIMG0667.jpg
こちらの作品はヤマノウチという作品で、
綺麗なので行きたいなと思っていたのだけど、
結構距離も有りそうだしどうしようかと思っていて、
この前に訪れた映像作品の所にいた(出演してた)オジサンに、
あんたの足なら20分くらいだよと背中を押されて、
頑張って見に行きました。(ものすごく急な坂の上にありましたw)
頑張った甲斐があっていいところでした♪

この近くの十日町産業文化発信館「いこて」では、
民俗泊物館といって地元のお宅に泊めていただき、
その暮らしぶりや今までの歴史のなかで象徴となるようなものを
お借りして(または代わりになるものを作って)展示するという、
面白い取り組みをしていました。

この大地の芸術祭のコーディネーターの
北川フラムさんの著書を読んでいるのですが、
芸術祭のここに至るまでの軌跡や苦労なども垣間見られ、
興味深く読んでいます。

今回行ってみて解ったのは、
作品を探しながらこの土地を回ることで、
いつの間にかこの土地の魅力にはまってしまった人が、
どうやら沢山いるらしいということでした♪


2015/09/01 | 01:00
<越後妻有 2015’>コメント:2トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。