ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 晩秋の霧が峰 ~その7 

kirigamine044.jpg
さっきまで霧がでていたせいか、
木肌はしっとりと黒い。


kirigamine045.jpg
クマザサの雑木林をすこし急ぎ足で歩く。


kirigamine046.jpg
カラマツや奥にはシラカバもみえる。


kirigamine047.jpg
赤く色づいた葉を発見。


kirigamine048.jpg
ここ、ホントに気持ちのいい散歩道だと思う。


スポンサーサイト
2014/12/28 | 22:17
<霧が峰 2014’>コメント:0トラックバック:0

 晩秋の霧が峰 ~その6 

ススキの原から低木の生えている地帯へ入ってきました。
kirigamine037.jpg

ほんのりと色付いた葉っぱたち。
kirigamine038 - コピー

ピンク色に染まった葉に囲まれて、
芽吹きのエネルギーを蓄え、
kirigamine039.jpg
木の芽はこんなに膨らんでいました。


kirigamine040.jpg
美人の白樺たちを近くに眺め、

kirigamine041.jpg
緑に黄色に茶色の葉。
茶色の葉は、昨日の霜で痛んだのでしょうか。

2014/12/20 | 00:47
<霧が峰 2014’>コメント:2トラックバック:0

 晩秋の霧が峰 ~その5 

kirigamine025 - コピー
前の日と逆周りでススキの小道の方から歩き出したので、
枯れたススキの隙間にこんな風に赤く色づいた葉っぱが覗いたり。

kirigamine026 - コピー
何かの花の額だけになったのが、星のように見えたり。

kirigamine028 - コピー
奥の方にちょこんと赤いのがいたり。
宝探しのようでなかなか楽しいのです。


kirigamine032.jpg
これは、べっぴんさんの実ですね~。
可愛い♪なんて実だろう。

kirigamine034.jpg
と、ひっかかりひっかかりしてるので、
なかなか前に進みません。
少し開けたところに出てきました。
遠くに先のほうだけ赤くなった葉っぱ。

kirigamine035.jpg
前の日にも撮った白樺の木立の所まで来ました。
やっぱりここは撮ってしまう。
この湿原のポイントのひとつですね。


2014/12/14 | 01:11
<霧が峰 2014’>コメント:1トラックバック:0

 晩秋の霧が峰 ~その4 

日が落ちてしまうとあたりはもう真っ暗。
夕飯を食べてお風呂に入ったら翌朝のために早寝です。

こんな時期はずれの霧が峰に来たのは、
紅葉と霜とか撮れないかな~と思って。

そして池のくるみにしたのは、
翌朝すぐに湿原に入れるからなのです。

前の晩真っ白に霜が降りてたと聞いて期待は高まりますが…。

前の晩と打って変わり雲が厚く暖かな朝でした。
これは焼けないかな…。

横着して宿の窓から撮影ですw
雲が一瞬ピンク色になりましたが、
その後はまた霧で見えなくなりました。

kirigamine018.jpg

だいぶ明るくなってきました。

kirigamine019.jpg

マクロを望遠代わりに池をアップで。
さて。朝ごはんの前に一周してきましょうか。

kirigamine020.jpg

下草が真っ赤です。
これに雫でもつくとなおいいのだけど。

kirigamine021.jpg

落ち葉の枯れ色も暖かな色合いです。

kirigamine022.jpg
苔発見。
ぴょこぴょこしてて可愛いです♪

2014/12/10 | 01:03
<霧が峰 2014’>コメント:4トラックバック:0

 晩秋の霧が峰 ~その3 

小さな林あり、小川あり、
1時間ほどの散策路は以外に変化に富んでいます。
遠くに近くに物悲しい鹿の声が響きます。

一度ガサガサっとすぐ近くで物音がしたので、
ちょっと身構えましたが、
鹿がすぐ前を横切っていきました。

kirigamine013.jpg
山陰に沈む前のオレンジ色の夕日が、
白樺の木肌を染めます。

枯れた山肌もピンクがかって見えます。

kirigamine014.jpg
小高い丘の上に上がってきました。

kirigamine016.jpg
太陽が低くなってきました。
カラカラに乾いたススキの穂は、
緩やかにカールしてます。

kirigamine017.jpg
ほわほわ。
微妙に残照を反射するススキの穂と、
もう少し戯れたかったのですけど。
日が落ちたらすぐに真っ暗だよね…これはw

ススキの小道を掻き分け掻き分けて車道に辿り着き、
ちょっとホッとしたのでした。

2014/12/04 | 22:14
<霧が峰 2014’>コメント:2トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。