ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 へちま薬師 

大須のモノコトさんで作品を見られたので、
この日行きたかった目的はすべて完了♪

夕食にはまだちょっと間がありまして…。
とりあえず、栄にやって参りました。


この日、夕ご飯から合流してくれた
kenshinさんのお寺を突撃訪問。


糸瓜薬師さんです。HPはこちらからどうぞ♪⇒ 

へちま薬師1

糸瓜(へちま)薬師の名の由来の通り、
糸瓜がいっぱいぶら下がっております!

糸瓜で悪い場所を撫でてご祈祷してもらうのだそうです。
悪い所が直ったらお礼に絵馬と大きな糸瓜を奉納するようです。
へちま薬師2

へちま薬師3

へちま薬師4

へちま薬師5

この鶴の彫り物とか手の込んだ細工ですね。

へちま薬師6

FBでは時々写真を見てたのですけど、
実物のへちま薬師の旗を前にしてすごく不思議な感じ。

いいお寺だなぁと思って眺めていたのですけど、
一日歩き回って結構くたびれていたせいか、
写真がちょっと散漫でした><
もうちょっとしっかり撮ってくればよかった。。


ピンホールの写真もありますので、次回お届けします。


2012/06/24 | 22:44
名古屋 12’コメント:2トラックバック:0

 ちょっと、ピンホール。 

覚王山と大須のピンホールです。

くつ
靴の修理屋さん。
近づいた時の距離感がイマイチつかめなくて…。


公園
ここの公園では、誰かさんが何かやらかしてましたっけね~。
その写真はよく撮れてなかったのだけど、
誰かの記事で見れるんでしょうかね~。


喫茶
大須で休憩した喫茶店。
入るのちょっと勇気いりましたっけ。
バター珈琲頼んでましたね~w

2012/06/21 | 23:22
名古屋 12’コメント:2トラックバック:0

 出張ルーニィ 大須 モノコト 

さて。カフェでお茶したあとは、
今回のメインの shop school cafe モノコトさんへ。

ヒツジ草がちょくちょく遊びに行っている、
ギャラリーのルーニィの出張展をしているのです。

モノコトさんは、作家物の雑貨などの作品の販売や展示、
色々な体験教室などしていてとっても楽しそう♪

(ちなみに6月は、ガラスを貼り付けて人や猫の顔のブローチ作りとか、
夏物のマフラーのさをり織り、吊るし苔玉作りですって。いいなぁ~。)



ちょうどヒツジ草が行った日程で、ルーニィの篠原さんのトークも予定していて、
聞こうかな~とも思ったのだけど、他の参加メンバーさんたち、
それほど興味をひかれなかったようで。なら作品を見るだけでもいいかとも思いつつ。

でも、トークの合い間に行ったら、あわよくば展示以外の作品も見せてもらえるんじゃ?と
ちょぴり期待もあったりしたのだけど、終ったくらいの時間を見計らって行ってみれば、
トークが熱を帯びていたのか、まだプリントビューイングの最中でした!

誤算だったのは展示の会場でトークもしていたので、
終るまで展示を見れなかったことでした。

でも、トークが終って参加の方々が、
篠原さんに話しかけてる様子などもちょっと横目で見つつ、
作品を見ていたのだけど、参加の方々なんか満足そうな表情でした(^^)


展示の作品は、コロジオン湿板という古典技法を使った作品を作っている安田雅和さん、
プラチナパラジウムというセピアトーンの色調の作品の上野龍さん、
日本画のような繊細な色合いの伊藤之一さん、
昭和の雰囲気の町の景色を撮る飯田鉄さんの作品、計20点ほどでした。

実は、安田さん、上野さんの作品は以前にも見た事があって、
また見れるのをとても楽しみにしてました。
写真に一目惚れする事がたまにあるのだけど、
作品を見ていて写真の世界へ引き込まれて、ほぉ~。。。っとしてしまう…、
なんかそんな感じになってしまうw
お二人の作品も一目惚れした作品です。

安田さんのコロジオン湿板というのは、フィルムのなかった時代、
ガラス板に薬液を塗ったものを使う方法です。
安田さん、フィルムなどの感材がこんなに少なくなる、今のような状況を予見して、
自分の使いたい材料がなくなるなら自分で作ってしまえ!と、
随分前から試行錯誤をしてきたのだそうです。スゴイ拘り!

「もはや写真じゃない」というニュアンスの事を、
一緒に見たメンバーの誰かが言ってたのだけど、確かにそうかも。。
というか、デジタルはもちろん、フィルムを使っていても、
暗室作業などはもう工芸品の域なのかな~とか思う。
あれ、科学の実験みたいだしね。
安田さんの作品のトーンは、エッチングとかシルクスクリーンとか、
版画のトーンとも似ているなぁと思う。

でも。写真を見ていて、引き込まれる(吸い込まれる)感じがするのは、
安田さんの作品しかり、上野さんの作品しかりで、
銀塩モノクロプリント、古典的技法を使ったものは特に、
そんな感覚を覚える事が多い気がする。

なんなのだろうなぁ。やっぱり、それだけこだわって造っているからかなぁ。
それとも、あまり普段は見た事がないトーンだからなのかな~。
写真を見て、胸の奥がなんだかじーんとなる。
そんな感覚がまた味わいたくて、そんな写真に出会いたくて、また写真展を探すのだ。

(でも、ついでに言うとね、
過去に初めて作品を見た時のインパクトが非常に強かったので、
今回は点数も限られてて、仕方ないけどちょっと残念でした)


個人的に一番興味を引かれたのは伊藤さんの作品で、
丁度、お正月に気になるDMをゲットし、
リングキューブに作品を見に行った、その人であった。
今回のフライヤー用に使われてた写真の、
少し緑がかった水色のトーンと受けた印象が一緒で、
あれ、もしや?と思い名前をみたら、同じ作家さんだったのでした。

「雨が、アスファルト」と言うタイトルなので、
都会の雨に多分色んな光源が反射して色んな色合いの、
雨の細い細い筋になっているという作品なのだけど…。
どうやって撮っているんだろう~と興味を惹かれた。

都会のこんな身近な場所に、人知れず存在してる、
宝物のような景色…というか色合い。
この人の、東京湾を撮った作品も独特の色合いで、
いいなぁ~好きだなぁ~と思って、繰り返し写真集を丹念に見た。
あ~、この作品も展示を見たかったなぁとか思った。

そしたら、モノコトの髪の長いお兄さんが、椅子を勧めてくれて、
ゆっくりご覧になってくださいって声をかけてくれた。

(あ。飯田さんの作品は余り触れなかったけど…。
大御所でいらっしゃるし…、言わずもがなで…、まいいかw)
古いカメラの肖像を撮った写真展、以前行ったけどステキでした♪)


そして、ふと気がつくと、ギャラリーの中には私だけで、
あれ?みんなは??と思ったら、
ギャラリーの外に並んで待ってたw
あらあら。スイマセン。お待たせしましたね~。

(モノコトさん、また、行きたいなぁ~。)

2012/06/21 | 00:39
名古屋 12’コメント:0トラックバック:0

 大須観音 

やってきました!
大須観音さんです。

大須観音
なむかんぜおんぼさつであります。

3兄弟
ハトさん、大人気です。

真剣!
きっとね、ハトさん、殺気を感じて、
近づいて来ないんじゃないかと思うんだ…。

なごやか
「こっちじゃ」と呼ぶ奥のビルの鬼さんと、
手前の菩薩さまの対比がなんだか面白いなぁとか思ったり。


と…?

まぁ。そんな所にとまって♪
ハトが…
まるで、撮れといわんばかりのハトさん(^-^)v

と、思ったら。
水を飲む!
水を飲む!!

ハトをねらう人
そりゃあ、撮りたくなりますよね♪

っていうか、私たちも喉が渇きました!

2012/06/17 | 00:11
名古屋 12’コメント:4トラックバック:0

 こんな所まで来ても、気になるものは。 

細すぎ
ほそっ!
なんかえらくスリムでない?!
廻りの蔦がカリカリだし。
色んな意味で気になる建物でしたw

大須に入っても、結局商店街はあんまり撮らず。
気になるのはお花なんですね、やっぱり。

バラの屋根
バラの屋根、ステキ♪
けど、下に入ったら虫が落ちてこないかちょっと心配w


鉢植え
そして足元にも小さい、オレンジ色のバラ発見♪
花の色と鉢の自然な感じの色合いが和み系だった。
けど、ばらの葉は… 虫サンにとっては相当旨かったらしい!
だいぶすーすーと風通しのいい様相を呈しておったっぞ。。うむ。

2012/06/16 | 00:15
名古屋 12’コメント:0トラックバック:0

 原っぱ 

お寺から見えたベッヒャーっぽい搭を探してお散歩して、
戻る道すがら発見した空き地。


雑草の原っぱが好きだ。
コンクリの間から生えてくるのも好きだ。

雑草

黄色い花

やあ♪

原っぱ

春先から、だんだんと緑が淡い色から濃くなっていって、
見ていてそわそわしてしまう。
そうしている間にも緑は成長して、またタイミングを逃す。
緑のやさしい原っぱ撮りたいなぁ。


最後の写真の距離感。
昔だったらこういうふうには撮らなかったかもなぁ。

ネガで撮ったらなかなかいい感じだった。


2012/06/14 | 00:27
名古屋 12’コメント:2トラックバック:0

 ベッヒャーっぽい。 

唐突に始めさせていただきました。
覚王山です。名古屋にあります。

ベッヒャーの搭みたい

ギャラリーのルーニィの名古屋出張展にかこつけて、
名古屋でオフをしようと企みまして。

写真展は大須なので、その前に少し覚王山を散歩。
覚王山アパートといって作家さんの集まる工房があるのです。
生憎、中は撮影禁止でした~。

↓の記事の、一番下の変った人形(という表現でいいのか?)も、
作家さんの作品のようでした。

私は針金細工のお魚を連れて帰ってきたのですけど、
いろいろ体験とかも出来るみたいで楽しそうでした♪


覚王山を散策中、
お寺から三角の搭が見えて何だか気になって。
どこかで見た事があるような気がしたのだけれど…、
多分、ベッヒャーの搭と形が似ていたせいでしょう。
東京にも古い給水搭があるらしいので見にいきたいな。




2012/06/10 | 17:47
名古屋 12’コメント:0トラックバック:0

 唐突に覚王山♪ 

覚王山・靴の修理屋さん

を、撮る人。

あ・うん、というよりは、あっかんべぇ~♪

悪巧みがバレた風な狸

じぞうず☆おそろい帽子がポイントなんです♪

一瞬の全員集合

なにやら、怪しげなもの発見。


拡大してみました♪いや~ん。いったいどなた様で?





2012/06/10 | 00:36
名古屋 12’コメント:6トラックバック:0

 気になる写真展 6~7月 

一杯ありすぎ~(^^;
みんなよさげで、ヤバイw

●細江英公写真展「EIKOU MANDARA」
会期:5月29日(火)~6月10日(日)月休
会場:Roonee 247 photography(東京都新宿区)
< http://www.roonee.com/ >

●石元泰博写真展 ─桂離宮 1953,1954─
< http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/press/2012_ishimoto.pdf >
会期:4月7日(土)~6月10日(日)月休 4/30は開館
前期~5/13・後期5/15~
会場:神奈川県立近代美術館(鎌倉市)
入場料:一般700円、20歳未満/学生550円、65歳以上350円、高校
生100円

●ミヒャエル・ポリツァ写真展http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2012june/gallery_a_120601.html●コニカミノルタプラザ環境企画展
『OGASAWARA』~小笠原、未来へつなぐ自然展~
会期:6月1日(金)~6月18日(月)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー(東京都新宿区)


●川内倫子展「照度 あめつち 影を見る」
会期:5月12日(土)~7月16日(月・祝)
会場:東京都写真美術館(東京都目黒区)
入場料:一般700円、学生600円、中高生・65歳以上500円
◇対談/原田郁子(音楽家)×川内倫子
日時:6月22日(金)18:30~20:00
会場:1階ホール(定員190名)
対象:本展覧会の半券をお持ちの方
受付:先着順/当日午前10時より1階受付にて入場整理券を配布
< http://www.syabi.com/contents/exhibition/index-1593.html >


Orie Ichihashi - IMPRESSIONNISME -
会期:6月9日(土)~7月16日(月)
会場:ポーラミュージアムアネックス(東京都中央区)

●植田正治作品展「童暦・砂丘劇場」
会期:6月5日(火)~7月1日(日)月休
会場:JCIIフォトサロン(東京都千代田区)


●斉藤道宏写真展「光の情景・印旛沼」

会期:6月7日(木)~6月13日(水)日祝休
会場:オリンパスギャラリー東京(東京都千代田区)


●港千尋「心の間」─Mind the Ma─/photographs and words
会期:4月25日(水)~6月29日(金)完全予約制
会場:空蓮房(台東区 長応院内)

●本城直季写真展「diorama」
会期:6月5日(火)~8月5日(日)
会場:写大ギャラリー(東京都中野区)
◇トークイベント:
1)本城直季 ギャラリートーク 6月30日(土)15:00~17:00
入場無料
2)高校生のための写真講座 7月16日(月)オープンキャンパス
特別企画
※詳しくは電話で問い合わせ Tel.03-3372-1321(代表)
<>
< http://honjonaoki.com/ >


2012/06/10 | 00:07
☆気になる写真展情報とか☆コメント:0トラックバック:0

 花びらの公園 

2012桜0018

桜の花びらの写真をもう一枚。
公園一面に花びらが散っていました。

2012/06/04 | 23:12
11’春コメント:0トラックバック:0

 さくら ダブルイメージ 

2012桜0017
 
更新がちょっと滞っています…



仕事から帰ってPCの前に座るの、
ちょっとくたびれてしまってw

久しぶりに色々と撮りに行ってて、
写真は少し溜まってきているので、
どこからアップしようって感じなのですけど。

でも、今日はしつこく桜の花びらです。
これ、クラッセで撮ったのですけど、
また意図せぬ多重になっていましたw
現像に出したら久々に長巻のまま帰ってきて、へ?何で?と思ったのですが、
絵が繋がってしまっていて切れなかったんですね。

で、現像が上がって来るまで、
こんな景色を撮ったのすっかり忘れてて、
自分で見てても新鮮で楽しかったりします(^^;

このフィルムはこれまた久々のフジのベルビア100Fです。
メインで使っていたコダックのエリートクロームに比べて、
ちょっと赤みが足りなくてあまり使っていなかったのですけど、
こうしてみると案外悪くないかな。

クラッセは露出をハイキーめに設定しているのですが、
ちょいとオーバーな写真が多くなってしまいました。


2012/06/03 | 22:56
11’春コメント:0トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?