ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 ゆるふわ 

CRW_5489小

開きかけの花びらのゆるふわカール。
うっとり夢見ごこち。



まてよ。このレンズは、
ここまで寄れるんだよな~、やっぱり。
ふむ、、


ところで、NEWS ZEROの氷室のテーマソングは、
いつまで流れるんだろう?
3月いっぱいってことはないよね??
どうなのかな~。


そうそう。今日は半日だったのだけど、
あんまり暖かかったのでもしやと思って、
この辺じゃ少々フライング気味に咲く桜を見に行ってみた。
そしたらなんと数輪花が咲いてるではないか!びっくりした。
市内の他の木が咲くのにはまだ数日かかりそうだけど。

3階建て位の建物背負って南向きのせいか、暖かいのだろう。
いつも早く咲き始めちゃうのだ。


スマホは液晶がよくないのか、
屋外だと画面が確認しずらくて撮りにくいったらない。

最近は仕事の行き帰りにも撮れるように、
クラッセにもポジつめてる。
撮りたい時にカメラないと悔しいもんね。
といっても、せっかくカメラあるのに、
別のカバンで出ちゃったりするけどw

けど、晴天の昼の光は休みのときしか撮れないもんな~。
朝、夕の光もいいけど。休みの日は限られている。


桜は待ってくれない…

(時は待ってくれない… という、ネスカフェのCM風でw)

悩ましいのだ。






2012/03/29 | 00:43
13’春コメント:2トラックバック:0

 カウントダウン 

CRW_5492小

桜の蕾が日に日に成長しています。

通勤の時に通る道の桜を、毎朝観察してしまいます。

お昼ごはんを買いにコンビニまで行く途中に、
立派な桜が何本か咲くお家があって、とても綺麗だったのですが、
昨年桜が咲いた後突然家が取り壊され、
あれよあれよという間に、桜の木も切られて、
根を掘り起こされてしまいました。今は鉄筋の家を建築中です。

あの桜があんな事になるなんて思ってもみなかったことで、
結構衝撃的なでき事でした。

昨年の今頃は、まだ計画停電の最中だったような…。
とりあえず桜の咲くのを心待ちにしていられる、
そんな普通の日常が送れることに感謝です。

コダックのエリートクロームの話は以前書きましたが、
あれから、エリートクローム、エクタクローム製造中止と発表され、
やっぱりというか、エクタクロームは残るのかと思ってたので、
これもショックな話でした。

送ってもらったフィルムパックに、とうとう手を伸ばしてしまいました。
1/18本。2/18本。カウントダウンしながら、使ってます。

でも、今のところは心置きなくシャッター切ってます。
少し大事に持たせなきゃなんだけどな。

先日、ニコンにつけるとあるレンズを、
新宿マップカメラでゲットして来ました♪
試し撮りが思うように出来ないのだけど、
とりあえずこの3本体勢なら遠征に出ても心強いのですよ。

撮りたいイメージを固めつつ。
桜の咲くのを待っています。

2012/03/28 | 00:55
13’春コメント:2トラックバック:0

 山間の集落 

妻籠のメインストリートから20分ほど更に山を上がった、
大妻籠の丸屋さんに宿を取りました。

つまご00180043


map.gif
(妻籠観光協会HPより借用。)

そして宿泊した翌日が、文化・文政風俗絵巻之行列というお祭の日でした。

一部引用

130名前後の人々が、宿場役人・武士・浪人・鳥追い女・無宿・早駕籠・目明し・飛脚・虚無僧・女旅・男旅などに扮して、文化文政時代に中山道を歩いたであろう旅人の姿を再現します



つまご00180047

行列出演の虚無僧さんや女旅さん(?三味の方は何に扮しているって言ってたかな…)
をモデルに、早速、撮影会となっております(^^;
カメラマンさん達は朝こちらに到着して周辺を撮りながら、
お祭へと向かうようです。このお祭、人物スナップしやすそうですものね♪
妻籠観光協会HP
虚無僧さんたちのスナップ⇒こちらもどうそ。


ご一行を見送り、大妻籠周辺を散策。
つまご00180042

つまご00180044
飾ってあった実物盆栽。
調べてみたら「老爺柿」とか「姫柿」とか呼ばれる柿の種類でした。
実生から実が生るまでには、10年くらいかかるようです。


つまご00180048
泊った旅籠は木造でしたが、
所々にこうした倉が点在してました。

つまご00180049
こちらは泊った丸屋さんの隣の旅籠。

つまご00180050

カーブを曲がってぐるりと坂道を上がってみました。

つまご00180051

つまご00180052


つまご00180053
水のマークの倉。当時は防火対策が重要だったのでしょうね。

妻籠あたりは純和風ですので、
外国人観光客にも人気なのでしょうか。
観光協会のHPがしっかりしてて、英語のページもあります。

ブログも完備されてるので情報収集しやすくていいですね。

ブログによるともう雪はないようですがまだまだ寒そう><
でも、5月頃遅咲きの紅枝垂れが見れるようです。
春爛漫の花盛りのときの様子が紹介されてます。⇒こちら。
綺麗~♪♪

四季折々面白そうなので、
また行ってみたい場所のひとつになりました。

妻籠の旅、これにておしまいです。
長々の連載にお付き合いいただいてありがとうございました。

アクセス
名古屋(特急しなの:1時間 \3480)…南木曽(なぎそ)駅(バス・タクシー:約10分 \1500くらい)…妻籠
 ※南木曽発着の電車は本数が少ないので、注意が必要です



…とりあえず、妻籠じゃなくてもいいから、
どこか山菜食べにいきたいなぁ。。

2012/03/25 | 12:17
妻籠 11'コメント:2トラックバック:0

 和風モダン 

和風の暖簾に南国風の花。

つまご00180032
ミスマッチなようで結構似合ってた。

つまご00180029
ミニバラも昔の妻籠にはきっとなかったのだろうけれど、
ずっとここに咲いていたかのように街並みに溶け込んでいた。


山間の夕暮れは思いのほか早く。
つまご00180035

影になっている場所は、
写真に撮ったらかなりアンダーに写っていた。

素朴な吊るし柿が、なんだかシュール。

2012/03/23 | 00:21
妻籠 11'コメント:2トラックバック:0

 和風 

さて。
途中になっていた妻籠の続きです。
これまでの記事はこちらから。


春本番になる前に晩秋の濃厚な色合いの写真を、
アップしてしまおうという訳で。

和風というより、和の心そのものですね。


この地方の干し柿は、
1個が直径20センチはあろうかという大きさで。
つまご0024
1個ずつぶらさげてありました。

味見したかったな~。


ここはどこだったのだろう。
建物を開放してあって囲炉裏撮り放題♪
つまご00180026
でも、結構暗くて苦しかったのですw

つまご00180030
歌う三姉妹(?)のこけしさん。
いやお祈りしてるのかな?
秋の実りやら花やら飾ってあって、
微笑ましかったです。

つまご00180036
お店先にも秋の実りのアレンジ。
白っぽく見えるのはほおづきのドライですね。
赤い外側の皮が剥がれて白い筋だけになっています。

昔、ご利用者さんのお宅でも見せてもらったことがあって、
こんなに綺麗に筋だけになるんだな~と、
感激した覚えがあります。

高校だか中学だかの生物部でも、
葉脈だけになった葉っぱを見た事がありますけど、
あれは薬品か何かで作るんでしたかね?
ちょっと作ってみたいかもw


大輪の菊も飾ってありました。
つまご00180037
菊作りの名手とかもいらっしゃるのでしょうかね。
低い背丈で立派に咲かせてありました。
菊って…そんなに好きな方ではないのですけどw
こうしてじっくり見てみると、不思議な花だよなぁ。

こちらは、止まった旅籠の囲炉裏。
つまご00180040
といっても、こちらは2階のロビーだったのですが、
普段は火は入れてないようです。
1階の方の囲炉裏は夕食のあと火が入っていて、
火にあたりながら食後の珈琲など楽しんできました。
(といってもインスタントですけどね)

実は…、結構煙たかったのです(^^;
泊った部屋が二階だったのですけど…
煙って上に上がって来るものなんですね。

2012/03/22 | 00:17
妻籠 11'コメント:2トラックバック:0

 江ノ電 ピンホール 4 

港の船と江ノ島♪

えのでんぴ12



こちらは書斎さんに撮影姿を撮られてた時の写真。
えのでんぴ13
江ノ島写ってます。富士山はうっすら。


カップルさんが前で何やら撮影してまして。
えのでんぴ14
早く終らないかな~と思ってたのですが…。
カップルさんいる方がアクセントになってますねw


えのでんぴ15
そして、極楽寺駅。
koukoさんの紫のダウンは、
ここでもよく目立ってます♪

一応、仲間で回った時のピンホールはここまでになります。
撮んぼで回った時にも結構撮ってきたのですが、
プリントが上がってくるのが来週なので…。

なかなかよさげな感じだったので楽しみなのですけど、
プリントしてみたらがっくりなんてこともよくあるのでw


さて。
次はどうしようか考え中です。



2012/03/18 | 19:27
えのでん 12’コメント:2トラックバック:0

 江ノ電 ピンホール 3 

続きまして、ピンホールカラー編です。

いいお天気だったので青空が綺麗に出ましたね。

えのでんぴ8

さびが気になってこの金具ばっか撮ってました。

えのでんぴ9

太陽を入れると時々虹色のシャワーが出ます。
この写真はうっすら出ましたね。



で、この写真。
えのでんぴ10
もややんとかろうじて江ノ電って解りますかね。

懸命に撮ったのですけど、
考えてみれば動く物は無理なわけで…w

えのでんぴ11

駅のホームでも止まったところを撮ったのですが、
これはもう少しオーバーめがよかったですね。

2012/03/15 | 22:46
えのでん 12’コメント:2トラックバック:0

 江ノ電 ピンホール 2 

えのでんぴ3


えのでんぴ4

えのでんぴ5


えのでんぴ6


えのでんぴ7


2012/03/13 | 23:12
えのでん 12’コメント:2トラックバック:0

 第8回 撮んぼ写真展のお知らせ 

来週の月曜日から新宿のインスタンス(ヨドバシのフォトギャラリーです)で、
撮んぼの写真展が始まります。私は今回は参加してないのですけど、お知らせいたします。

水変化1

実は私もまだ作品を見てないのですが、ハガキみるだけでも力作ぞろいですね~。

水変化2

お近くの方、ご用事で近くにお出かけの方がいらしたら、是非お立ち寄りくださいませ♪

2012/03/12 | 22:50
<撮んぼ展>コメント:0トラックバック:0

 江ノ電 ピンホール 1 

江ノ電シリーズ、
ピンホールの分をスキャンしました♪

車内からの様子です。
えのでんぴ1

踏み切りからの駅舎の様子です。
えのでんぴ2




2012/03/11 | 21:53
えのでん 12’コメント:2トラックバック:0

 カフェ ミルクホール 

散歩の最後は鎌倉駅、
小町通りの脇のミルクホールへ。

リニューアルされてたのですね。

DSC_0134.jpg
店内は照明も落としてあっていい雰囲気。
DSC_0135.jpg

さとさんのフランスの写真を見せてもらったり。
DSC_0137.jpg

ロウソクの炎なんか皆で撮ってみたり、
DSC_0138.jpg
暗くてクラッセでは難しそうだったので、
写真はスマホでお届けです。

(縦横比がフィルムと違うのがなじまなくて、
リサイズしたのだけど…何か間違えたみたいだな。
3:2になってないですねw)

まったりしてると時間はあっという間ですね。

こんな感じで久しぶりの散歩オフ、楽しかったです♪
暖かくなったら、またどこか行きたいですね。

ピンホールの分はこれからスキャンなのですけど、
随時お届けしていきますね~(^^)


2012/03/08 | 23:17
えのでん 12’コメント:2トラックバック:0

 稲村ガ崎~極楽寺 

さてさて。写真散歩、続いて降り立ったのは、
富士山と江ノ島の夕景スポット、稲村ガ崎。

と。
カッコイイバイクを発見。
えのでん0032
中に座っているのはライダーさんかな?


えのでん0033
展望台の上からの眺めはこんな感じ。
この日も三脚立ててスタンバっているカメラマンさんがいました。

柵を乗り越えればススキの前景はよけられますが、
とりあえず柵の手前から一枚、雰囲気だけね。



松林の下は松の葉っぱで敷き詰められていて、
タンポポが地面にへばりつくように咲いてました。
えのでん0034
黄色い花って春を感じるね。


展望台を降りて岩場まで来ると、
みんな思い思いに撮ってます。
えのでん0035
(水平が斜めってるしw)

波打ち際の家族連れとか、
無心に石を振り上げて何か工作をしてる子供とか、
色々撮ったのだけど…
イマイチだったのでボツにしまして…



次は、 ⇒極楽寺です。

えのでん0036
koukoさんはハッセルで、赤いポストとご対面中。


脇のほうでオネエちゃん3人組みが、
ポーズして記念撮影してますが…
これはドラマの効果でしょうかね?
なんかいつもより、人出が多い気がします。

駅からテクテク歩いて御霊神社まで来ました。
おぉ!鳥居と江ノ電!!
えのでん0037
な~んと。
ここ、今まで何度か来てるけど、
そんなスポットだったとは!

えのでん0038

踏切が鳴り始めると、
反射的にカメラ構えてしまうんですよねw

薄暗くなって来たし、結構歩いたし。
流石にくたびれました、、ふぅ。

フィルムの分はここまでで、次回、少しおまけを。
ピンホールの分はその後お届けします♪


2012/03/07 | 22:43
えのでん 12’コメント:0トラックバック:0

 小動神社 

小動神社。書斎さん曰く、
キッチュな可愛らしさを演出しているとか?

えのでん0016

赤い頬っかむりをした狛犬さん。
えのでん0017
(鼻ばかり目立ってしまったw)

白っぽい木立。
えのでん0018
胸がオレンジ色の小鳥が飛び立ったのだが、
写ってなかった。

お稲荷さんの祠もあって。
味わいのある狐さんがいらした。
えのでん0019

えのでん0020
なんとも、とぼけたお顔で…。
それ、徳利ですか?

ここの狐さんたち、
なんかすっかりファンになってしまった。

昨日、ピンホールでも撮ってきたのだけど、
写ってるかな~。
ここ、結構暗かったからな。


そんでもって、腰越の漁港。
富士山がババンと見えてえらく興奮した。

茅ヶ崎だって毎日見えるのにねw
しかも数キロ分近いから大きく見えてるはずなんだけど。

それでも、見えるとなんか嬉しくなってしまう。
漁船の間から眺めてみた。
えのでん0021
なんだか水の中から見たような、不思議な色になった。
これ、スキャンしたそのままなのですけどね。

そろそろ、お腹が空いてきたので、
ふたたび腰越駅のほうまで戻ってきました。
えのでん0022
カラフルなウエアで身を包んだ、
バイカー(?)あるいは、チャリダー(?)
最近はなんて呼ぶんでしょう?
自転車乗りの集団が何かパクついてました。

あれ、何だったんだろ。気になる…。鯵フライかな?
また今度行ったら、味見してみなくちゃ。

2012/03/05 | 00:31
えのでん 12’コメント:6トラックバック:0

 鎌倉高校前 

江ノ電、腰越を過ぎて、
小動岬のカーブを過ぎたあたりから、
海が見えてきます。

鎌倉高校前では駅のホームから海が見えます♪
えのでん0026

ここ、無人駅なんです。
というのに今日気がつきました。

偶然、撮んぼでも江ノ電沿線を撮影するという事だったので、
同じコースを案内してきました。

学生の利用する時間帯は駅員さんがいるのかも?


えのでん0025



えのでん0027
運賃表に時刻表。味わいあります。


えのでん0030

ホームの端まで行って、
江ノ島と電車を入れてみました。


えのでん0029

のんびりに見えて、意外とスピードが速いのです。

えのでん0028

ホームの隅のベンチまで日が届いています。
のんびりした時間。





このカット、縦横比が違うのにお気づきですか?
フィルムの一番最後のコマだったので、
ここまでしか写ってなかったのです><

なかなかいい感じと思ったのに。
いっそスクエアにしてしまおうかと思って、
トリミングもしてみたのですが、
やっぱりこのまま載せる事にしました。



2012/03/03 | 22:24
えのでん 12’コメント:2トラックバック:0

 江ノ電コレクション 

えのでん0031

えのでん0012

ここで今回ご一緒したメンバーさんをご紹介。

空の書斎さん  ⇒こちらのページで、今回の記事のまとめを作ってくれてますのでどうぞ♪

koukoさん  ⇒koukoさんのところでも連載が始まってます♪

さとさん ⇒さとさんの所はまだかな~?フランス大好きさとさんです☆

えのでん0013

こんな感じでぷらぷらお散歩。
みんな機材も少ないし三脚もないから、気軽にスナップできます。

と思ったら、カンカン カンカン 
わ。踏み切りの閉る音だ!!

来る!!


えのでん0015

勢い込んで力みすぎw
シャッター遅れたww


えのでん0024

この車両はレトロ調。カワイイですね。
実際、一番古い形のリニューアル版ではないかと思われ。

えのでん0023

最近の車両はペイントしてあったり、
カラフルなのです。


踏み切りの閉る音でテンション上がるのって、
湘南電車のラストランの追っかけ以来だなw

あ、その後、明智電鉄でも電車の追っかけはしたけど。

湘南電車のラストランなんかは、30分置いて登りと下りが通過したら、
あとは2時間以上間が空いたりとか長いと4時間とか、
そんな感じだったので電車が来るとすごくヒートアップした。

あの時の感覚ちょっと思い出しました(^^)
結構楽しいのですよ♪

SLの撮影なんかも、こんな気分になるんだろうなぁ。

江ノ電は20分おきで登りと下りが来るので、結構撮りやすそうです。
私は、一番上の形のがなんか好きかな♪

2012/03/01 | 00:21
えのでん 12’コメント:2トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?