ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 紫陽花 

CRW_5298.jpg

雨降りで涼しいのはありがたいですが、
東北や新潟の豪雨の水害は心配です。

地球が怒っているかのようで…。

これ以上の被害が出ないことを祈っています。

CRW_5305.jpg

今日は出しそこなっていた紫陽花の写真をお届けしました。
まだもう少し紫陽花あります。

スポンサーサイト
2011/07/31 | 15:12
11’夏~秋コメント:0トラックバック:0

 舌鼓 くま 

珍しく食事会2連ちゃん。
昨日は「舌鼓 くま」さんに行って来ましたのでご紹介♪
鎌倉野菜や地魚、色んな土地のお酒も楽しめるお店です。
DSC_0007.jpg
鎌倉野菜の盛り合わせは見た目も綺麗♪
ええと、水なすとか、左上はピーナッツバターっていうかぼちゃ。
それに右はズッキーニ。赤いオクラとか。
珍しいお野菜を生で、岩塩とオリーブオイルのソースでいただきました。
お野菜の甘みや味わいが楽しめます。
DSC_0012.jpg
こちらはチキンライスのコロッケ。
DSC_0015.jpg
ほんのり辛いカラシナのサラダ。
癖になる口当たり。
DSC_0010.jpg
鰹のカルパッチョはサルサソースで、
レッドペッパーの風味が隠し味。

ちょっと穴場なお店で始めて行ったのですけど、いい感じでした。

鎌倉野菜のグリルも美味しそう。
あと、モツァレラチーズの味噌漬け食べたかったな~。


ケータイをスマホに変えたのですが、
まだ扱いに慣れてなくて写真も安定しない~。
最後のはフラッシュがきつずぎた。
いつもはフラッシュオフにしちゃったりもするのですが、
まだ小技がすんなり使えませんw
アドレスの交換も赤外線はどこだっけ~なんて、
一苦労だったりします~><
(あ。それは前のケータイでも一緒だったけどw)

2011/07/31 | 15:02
美味しい物・お出かけコメント:0トラックバック:0

 今日の気になったこと。 

・長崎原爆の日(8月9日)の平和祈念式典で市長が読み上げる
平和宣言文に今回の原発事故をうけて
「原子力に替わる安全な自然エネルギーへの転換の必要性」
を盛り込むことがまとまったらしい。NHKニュースより。

今の福島の様子を見たら原発のある地域で
どうしてもっと停止を望む声が上がらないのだろうと思うのだけど、
原発から恩恵を受けている人たちも沢山いるし、
簡単なことではないんだろうとは思う。
そんな中、長崎市が「原子力に替わる安全な自然エネルギーへの転換の必要性」
の言葉を盛り込む事が決まったのは少し進歩だと思う。

・それから、ツイッターの呟きからみつけた、
東大先端研の児玉先生の国会への熱い訴え。
本当に今のままではヤバイのですよね。
提言されてる事を是非とも国は実行に移して欲しい。
政権争いなんかしてる場合じゃないでしょう。
この意見を握りつぶさないで、ちゃんと検討してほしいな。



今回の牛肉の件だって、国がちゃんと防ごうと思ったら、
防げたんじゃないのかな~とか思ってしまう。
肉だけじゃなく、土も汚染された物が出回ってるみたいですよね。


・今日は、写真展を見に行ってきた。
とってもよかったので、ご紹介。
カーボンベルベットプリントという珍しい手法でのプリント。
Nior」 京都在住の安田雅和さんの作品展です。
闇にじっと目を凝らしていると、
おぼろげながら夜の輪郭が浮かび上がっくる、
あの時の感触を紙の上に蘇らせた感じです。
前回の作品展の時にも衝撃をうけたのだけど、
今回も食い入るように見つめてしまいましたw
作家さんとも色々お話が出来ました♪
(今回はあんまり緊張しなかったW)
場所は、ルーニィで。31日までです。

2011/07/29 | 00:19
未分類コメント:0トラックバック:0

 missing piece 

気分を変えたくて本屋さんへ立ち寄った。

ふと、手に取ったのが、こちら。
一時期、ブームにもなってたきがするので、
ご存知の方もいるかも。

新装 ぼくを探しに新装 ぼくを探しに
作・絵:シェル・シルヴァスタイン / 訳:倉橋 由美子 / 出版社:講談社絵本ナビ


なにかが足りない
それでぼくは楽しくない
足りない何かを探しに行く



実は、このお話、
前回の氷室のライブの「missing piece」
という曲の紹介で出てきてたのです。

というか、missing pieceは、
この「ぼくを探しに」の影響を受けて、
できた楽曲なのです。

偶然にこのタイミングで出会うなんて。
本屋さんでぱらぱらと読んで、
すぐ読み終える長さでした。
結構うるっと来た。
なんとなく話の内容は知ってたけど、
ああ、そういうエンディングなのね、と思った。

この本を手にとって読んでる氷室の姿を想像して、
なんかまたうるっとしたw

で、頭の中は、その曲がリフレインしている訳なのです。

あ、本はとりあえず棚へもどしましたw。
文庫本サイズのがあったら欲しいなぁ。
出てないのかなぁ。。

2011/07/28 | 00:52
氷室関連・ライブコメント:2トラックバック:0

 河原撫子 

CRW_5304.jpg

もう1週間前になってしまいましたが、
なでしこジャパンやりましたね♪

丁度この花を撮ったのは、
まだ紫陽花も元気に咲いてた6月後半で、
梅雨のさなかでした。

梅雨明けちゃって、
紫陽花だしそこなっちゃったな。


なでしこジャパンフィーバーで、
お花屋さんがなでしこの花を2~3本ずつまとめて、
花束にしたのが人気なんてニュースでやってたのですが、
なでしことして売られてたのは花びらが丸くて可愛い印象の、
一重のカーネーションみたいな感じのなでしこでした。
確かになでしこって一杯種類がありますからね~。

でも、日本でなでしこって言ったら、
花びらの切れ込みの深いこの品種でしょって、
内心思ってしまうw
繊細に見えるけど結構丈夫な花なんですよね。

あ、でも元気印の澤さんには丸い花びらの種類の方が似合うかな?

いや、まあ、どーでもいいことなんですけどもねw

毎週毎週、1週間があっという間で、気がついたら日曜日…。
そんな感じの毎日です~w
あ~。これ撮ってから後、写真撮ってないなぁ。

そろそろ、また蓮の時期ですね~。
今年は撮りに行けるかしら…。


2011/07/24 | 12:35
11’夏~秋コメント:2トラックバック:0

 思い思いに 

観音崎、最終回です(^^)


スィーツで元気を補給して、
ふたたび散策開始。


お茶をしたホテルの下側が、
ボードウォークになっていて散策できるのです。


男の子、真剣です(^^)
三浦0053
この辺は潮だまりが多くて、
磯の小さな生き物が沢山見れますね♪
何がいたのかな?


三浦0056

子供も、大人も、みんな下を覗き込んでいますw
きっと、大人が子供に帰れる場所なのですね。


紅白。
三浦0054
海藻も色んな種類があるんですね。


三浦0055
自立した関係 その1

三浦0065
自立した関係 その2

日傘を差したカップル
もう少し寄り添ってもらえると、
絵的には尚ステキなのだけど…

おじいちゃんとボクも、
何故か似たような距離感。

ボク、なんか黙々と歩いている感じ。

遊びつかれた満足感、達成感。
間の距離は信頼の圧さ。

いや、ただ単に暑くて、
手を繋ぎたくないだけっていうのも、
あるかもしれないけどw


三浦0057

この日、実は雑草が綺麗で。
透過光で色々撮ったのですけど、
なんかイメージのように撮れなかった。
上の写真は、そのイメージとはちょっと違うのですけど、
綿毛がほわほわでした♪


三浦0058
それから、この辺の浜辺は普段あまり見かけない、
草や花がたくさんありました。

こちらの白い花もあんまり見かけない花でしたよ。


観音崎散歩、色々発見があって楽しかったです♪
koukoさん、ご一緒くださいまして、
ありがとうございました(^^)

koukoさんの記事 → ボードウォーク 水平線

2011/07/18 | 10:56
観音崎 11’コメント:2トラックバック:0

 ひと休み 

鬱蒼とした森から、
急にぽっかり開けた場所にでました。

ガラス張りの展望台、
その向こうには海が開けています。


横須賀美術館です。


三浦0047


まったく予期せずにここに出たので、
涼しげな色合いが一層眼に沁みます。


三浦0048
koukoさんも熱心に行ったり来たり…
アングルを探ってます(^^)


三浦0049


三浦0050


でも、涼しげな色合いとは反対に、
中に入るとこの螺旋階段付近は温室効果で暑いw


三浦0051


せっかくの美術館だと言うのに、
展示もちゃんとチェックせずに素通りw

だってあんまりにも喉が渇いていたんですもの。

美術館左手がオープンカフェになっていて、
ホントはそこでお茶したかったのですけど、
残念ながら一杯で。
仕方がないので向かいのホテルのレストランに。

三浦0052
奮発してこんなデザートプレート頼んじゃいましたw
へへ。一杯歩いたからね。ご褒美だもんね。

koukoさんの記事はこちら♪ → お茶の時間

2011/07/14 | 21:46
観音崎 11’コメント:2トラックバック:0

 森の中の遺構 

海の眺めが気持ちのいい観音崎ですが、
少し奥へと分け入ると…

鬱蒼とした森の中に時折、
古代の舞台のようなものが姿を現します。
三浦0039

こんな煉瓦造りのアーチも。
三浦0040

明治から大正にかけて造られた砲台の跡だそうです。

今は平和な日本だけど100年も遡れば、
戦争のための設備を普通に構えていたのですよね。


観音崎は何度か来ているけどこの場所は今回初めて見ました。
でも、そういえば前にきた時に地下道をくぐったけど、
それも遺構の一部だったのかな。

なんか柱の模様が顔に見える…。
きっとこの場所を守っているやどり神でしょう。
三浦0044

人が造ってきた物が自然と共存している…
三浦0045

やがて自然に飲み込まれていく…
三浦0046

被写体として心惹かれる反面、
どうも撮っていて落ち着かないのは、
軍事遺跡ということで戦争を連想してしまうからかも…?

なんというか…、とても不思議な場所でした。

koukoさんの記事はこちら → 緑の中に

2011/07/11 | 23:42
観音崎 11’コメント:4トラックバック:0

 観音崎 

東耀稲荷を出たあとは大きな通りからバスに乗って、
やっと今回の目的地観音崎に向かいました。

綺麗な海が見えるとすぐ散歩したくなりますが、
まずは腹ごしらえを。。
koukoさんとシラス丼を頼みました(^^)
写真は撮りませんでしたので、あしからずw


三浦0031
で、ようやく海辺へ。

先のほうに小さく写っているのは、
koukoさんのブログによると戦前に作られた桟橋の遺構のようです。




浜辺を散歩してると…
おやおや?

三浦0032


迷子?

三浦0033

可愛い首輪してるね。
君、どこから来たの??

って、これじゃ、ナンパですねw

三浦0034


しばし戯れていると、
飼い主さんが迎えに来てくれました。
よかった、よかった。


ここの海辺は水も綺麗なのですけどあとで見返してみると、
今回は海の写真はあまり撮らなかったみたいです。


海辺から照葉樹の森を抜けて灯台を目指します。



↓森の中からの灯台。
三浦0035

灯台の全景はちょっと撮りにくくて。
イキナリですが灯台からの景色を。

三浦0036
足元にには今通ってきた森が見えます。

そして、遠く行き交う船。
三浦0037

東京湾に入る船はみんなここを通るのですよね。
この景色、何度見てもいいですね~。

三浦0038
こちらは灯台の窓から切り取った風景です♪


koukoさんの記事はこちら。 → 磯遊び object 休日の午後 灯台へ blue,blue!

観音崎公園のHP 

2011/07/09 | 16:31
観音崎 11’コメント:2トラックバック:0

 東耀稲荷 

更に路地を進むと…

あら♪

味わい深い様子のお方が、
佇んでおられます。
三浦0023
あなたは、いったい?!

思わぬ出会いに、ワクワクしちゃって。


更に道を進むと…なにやら鳥居発見。
しかも、なんかこんもり、もっさり、
山盛りに生い茂ってますよ?

三浦0024
何でしょう?ここはいったい??


三浦0025
昔ながらの井戸もありますね~。
カラフルですね~!


三浦0026
どど~んと、鳥居のアップです。

しかし、赤い鳥居に青い井戸。
なんか斬新なセンスですよね~。

さっき乗った渡し舟とも感じが似ているような?
同じ人が手がけたのかな?


急な階段を登ると…
趣のある木造のお社が姿を現しました。


三浦0027

急な勾配の屋根や瓦葺の感じ。
前にも見た気がするのだけど、
どこで見たのだろう?

三浦0028


三浦0029

透かし彫りの細工も見事です。


こんな所がこんな場所にあるなんて。
思いがけずに立ち寄れて、
なんだか得しちゃったみたい♪

東耀稲荷→ こちら♪

koukoさんの記事はこちら→ こちら♪



2011/07/07 | 00:33
観音崎 11’コメント:0トラックバック:0

 徳田屋跡 

浦賀の渡しからすぐの所に、
徳田屋という旅館の跡がありました。


関東大震災で崩れてしまったのだそうですが、
江戸時代後期から続いてきた割烹旅館で、
吉田松陰と佐久間象山が会合をもったとか、
桂小五郎とか安藤広重も泊まったとかいう、
由緒ある旅籠なのだそうです。

三浦0015
(↓の写真の自転車のオニイサンが見てる辺りに碑が立ってます)
三浦0016

あ~、その名前聞いたことあるある~。
前の大河ドラマでも出てきたよね~。
で、誰だっけ?
みたいな?
そのくらいの興味なのでしてw

とりあえず徳田屋跡、抑えましたけど、
すぐに他に興味が移ってしまうわけですよw


で、鉄製の扉の穴とか一生懸命狙ってるところを、
地元のおじさんに声かけられたりする訳ですw
あっちは撮らないのか?って。

あ、さっき撮ったので今は別の物を…とかいいながら、
さりげなくフェイドアウト。。。


周辺にもなにやら色々と気になるものが。

三浦0017

土蔵の脇に鉢植えの葡萄。
葉の裏を覗くと小さな実がついてました(^^)

三浦0018

つる草はどうしても気になります。

三浦0019

ちょっと変った花。
シベが赤くて花びらは白。
ここ最近見かけるような気がします。
なんて花だろう。





そして…。

三浦0020

まあ♪なんて魅惑的なもっさり具合!!

三浦0022

なんか、東浦賀、楽しいかも~♪

KOUKOさんの記事は→ こちら♪


平日になかなか更新できないので、
今日は頑張って午前、午後と更新しちゃいましたw

2011/07/03 | 15:02
観音崎 11’コメント:2トラックバック:0

 浦賀の渡し 

ようやく船着場までやってきました。
この渡し舟は遠く江戸時代から人々を運んできたのだそうです。

浦賀の渡し舟

渡し舟はなんだかとってもカラフルなんです。
最近作りかえられたのかな。割と新しい感じがしました。

三浦0014

橋の定員は3名ですが、
舟のほうは定員15名のようでしたよ。


三浦0013


三浦0011


三浦0012

景色を眺めたり舟を眺めたりしているうちに、
あっという間に対岸に着きました。


koukoさんの記事は→ こちら♪

2011/07/03 | 11:34
観音崎 11’コメント:2トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。