ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 粟島 ~路地散歩 

浜から、路地へ。

ルポールの方角を目指しながら、路地を行ったり来たり。


主が住まわなくなった家に、こちらを伺う気配。
浜0097
あ、君でしたか。
しばし、見詰め合う。。

にゃんこはふいっと行ってしまい、
凝縮したように感じた時間が、
またほどけて転がってゆく。

路地を奥の方へ。
浜0098

石垣と奥の竹やぶを朝の光が照らす。

浜0100

坂道を登りながら振り返り、振り返り。
景色が変わって行くのを確認する。

浜0101

石垣の間から顔を覗かせる花。


浜0103

手前と奥にも続いていく石段。

もっと奥まで行ってみたいけど…。
引き返して先へ進みます。


浜0104

ちょっと、お会いしたい人もいるしね。

浜0105

でも、ホントに魅惑的な路地が続くので、
なかなか先に進めないのですw

浜0106

もう一ヶ所、住まなくなった家があったのですが、
導かれるように入ってみると、そこは…
浜0107

白花たんぽぽの花園でした。


モノクロを入れてたので、
綿毛を主役にしてみました。


浜0109

桐の花も満開でした。

じゃ、そろそろ、行って見ましょうかね?
あの方の所へ。

2010/07/28 | 17:26
<粟島 10’>コメント:12トラックバック:0

 粟島 ~3日めの朝 

旅も残すところあと一日。午後には島を離れる。
朝から支配人のふぅさんに車を出していただき、
今度は浜の西側へ。
(この辺は下新田でいいのですかね?)

浜0087

ふぅさんと島のおじさま。
(この方、もしかして元ルポールの支配人の、
うみほたるおじさんでしょうか?)


浜0088

この辺は瓦屋根に板張りの家がならびます。


浜0089


昨日も見かけた漁の道具。


浜0090


そして長い年月、手を加えながら住んできた家。
ここで暮らす人の事も思い浮かべながら、
家にガンバレと念を送る。


浜0086

ハナダイコンに囲まれた廃車。

「だんだんと土に返っていくんですよ」
島に残る廃車たちが気になると話した時に、
ふぅさんが言ってくださった。

そうかもしれないね。
この島だったら土にかえしてくれるかもしれない。
なんて、ちょっとそんなことを感じた。


人間 対 自然。

でも、ここでは「人間も自然の一部」
廃車になった車でさえも
「ここにいてもいいよ。」
と、花たちに囲まれているような。

おそらくどうにもならないような事も、
色々と抱えているこの島だけど、
どうにもならないことは、どうにもならないし、
なるようになるよ。

そんなふうに、腹をくくった逞しさ。したたかさ。
あっけらかんとした明るさ。力強さ。

粟島に感じた魅力は、
そういうものだったのかも知れない…、
島の方々との交流を思い出しながら、
そんな事をちょっと思っている。

2010/07/25 | 14:26
<粟島 10’>コメント:6トラックバック:0

 粟島 ~沈む夕日 

やや、へとへとになりながら帰還。

そのまま、支配人さんに車に乗せてもらって、
夕日を見に西浜の海辺へ。

下のほうに雲が出てるから一瞬夕日が出るけど、
あとは焼けないかなぁ。。。

でも、雲が結構出てるからどおだろ?


帰り道0070

なんて、言いながら夕日待ち。

斜面に這いつくばって変な格好した割には、
こんなのしか撮れなかったw


帰り道0071
完全に企画倒れw


帰り道0072
そして、また太陽は雲に隠れ…。。。。

焼けるんじゃないかというかすかな期待を胸に、、、

少し辺りを散策。

瓦を焼いていたというダルマ釜の窓から向こうを覗いたり。

う~ん。やっぱりだめかぁ。。。


帰り道0073
でも、こんな青い雲ばっかりの空も結構好き。

デイライトフィルムで暗くなってから撮ると、
こんな感じで撮れる時があるんですよね♪



さて。宿にもどって夕食です♪

右から左へずらりと並んだこちそうをやっと平らげると…


支配人さんからのサプライズ♪

ふぅさんは、ケーキ焼くのが趣味で、
ときどきこうしてお客さんに振舞っておられるのです。
島を散歩してるときに、
何度もふぅさんとすれ違った理由がここで明らかに!

えっちゃんのお庭でデコレーション用のお花を、
取ってくださってたのですね!

帰り道0074

このお花たちはハーブのお花で、
青いのがポリジ、黄色とオレンジのがナスタチウムで食べられるんです。
ケーキとお花の優しい味を楽しみました。
(これ、連泊したお客さんだけのサービスなので…。。
隣の団体さんの視線も少々気になりつつw)

ただ…。島の魅力を沢山教えてくださった、支配人のふぅさん。
実は、転勤になられて、今はもう島に居られないのです(T.T)

きっと、新しい職場でまた、
心のこもったおもてなしをされていることでしょう。
こちら♪→ふぅさんの新しいブログです島帰りのふぅ

そして、気がかりだったルポールの方も…。
新しい記事がアップされてました。→こちら。

支配人さんが変ってしまっても、島の魅力は変らないから。

また、島の魅力をうまく伝えて行って下さるといいなぁと思っています。
(ルポールのHPはどうなるんだろうと思ってたので、そのまま残っててちょっと安心しました。)


支配人さんの三脚をお借りして、Fmiさんと交互に夜桜撮影です!



夜桜0084


夜桜0085

よく頑張りました

2010/07/22 | 23:43
<粟島 10’>コメント:4トラックバック:0

 粟島 ~浜景色 

日も大分傾いてきた頃、海岸に鳥居が見えてきました。
海辺から来られる神様をお迎えしているような景色。
神社の方は大分陰になって暗くて撮るのをあきらめました。


帰り道0069
この海辺に浮かぶ鳥居の景色は、
色んな方のブログでも見せていただいていましたが、
不思議な光景ですね。


浜辺に繋がれている船。


浜0075


小さな漁船はなんだかとても惹かれますね。

茅ヶ崎の漁港でも時々撮るのですけど、何故か後ろ姿が多いです。

これから漕ぎ出てゆく感じ。進路。
そういうものを連想している気がします。


粟島は三角の上の角と右の角の根元をきゅっとつまんで、
くびれさせたような形をして居るのですが、
この辺は右側の角の付け根のあたり。
なので左右に海が開けています。
今度は反対側の海岸へ行ってみました。


浜0076


浜0077
西の方は逆光になって、
砂浜の模様がエッジを刻んでいます。
海も穏やかです。

浜0079


漂う小船。


浜0082


粟島の海辺の景色、堪能しました(^^)

2010/07/17 | 13:55
<粟島 10’>コメント:8トラックバック:0

 粟島 ~島時間 

帰り道0062


帰り道0063


帰り道0064


帰り道0065


帰り道0066


帰り道0067


帰り道0068


島の時間は ゆっくりと流れています(^^)

2010/07/11 | 22:05
<粟島 10’>コメント:4トラックバック:0

 粟島~島景色(モノクロ) 

下の記事の桜、モノクロでも撮ってました。
コントラストがちょっときつめなのは…、
現像が進みすぎなのかも。。。

カラーの桜とまた印象が違いました。

帰り道ものくろ0049

帰り道ものくろ0050

帰り道ものくろ0051

帰り道ものくろ0053

Fmiさんを追い越したり、追い越されたりしながら。

帰り道ものくろ0054
港。手前の緑がとても鮮やかだったのですけど、
モノクロだとあんまりわかんないですねw

帰り道ものくろ0055
この辺で、ルポールの支配人さんが車で声をかけてくれました。
えっちゃんのお庭まで行って戻ってこられたのですけど、
(どうしてえっちゃんのお庭に行かれてたかは、夜、解ることになるのですが)
さっきすれ違った時からほとんど前に進んでないのですw
「まだ、大丈夫そうですね!
疲れたら迎えに来ますから電話してくださいね」

支配人さんを見送って、またぶらぶら。

帰り道ものくろ0056
こんな、なんでもない側溝の花びらが気になったりしちゃう。

フィルムの残りが少々気になり出しつつ。
いつもよりシャッターかなりいっぱい押しちゃってますw



2010/07/10 | 12:23
<粟島 10’>コメント:4トラックバック:0

 粟島 ~島景色 

道沿いをてくてく歩いていくと眼下に海が見えてきました。
さっき通り過ぎてきた港が見えます。
帰り道0057


帰り道0058


少し歩くとまた景色が違って見えます。


帰り道0059


夏みかん畑と港。
これが粟島らしい景色かなぁ。


帰り道0060


桜と芽吹いた若葉の色を愛でながらの散歩。
なんとも贅沢な時間なのです。


帰り道0061



桜が満開で嬉しいのです~♪

2010/07/07 | 23:40
<粟島 10’>コメント:6トラックバック:0

 島散歩 ~自然の威力 

路地の曲がり角を少し登ってみましょう。



漁港モノクロ0039

家々の脇の空き地や畑の一角には、
こうして季節の花々が育てられています。


帰り道ものくろ0043

桜の下に車が2台。
ちょこんと座っている感じがいいなぁと思った。

帰り道ものくろ0040


あれ?でも…よく見ると…。


帰り道ものくろ0041


この車はもう使われていないんですね。


帰り道ものくろ0048


少し瓦の痛んだお家。
蔦がぐるぐる巻きになっている。



向こう側に回ってみて驚いた。


帰り道ものくろ0045


植物の蔓に飲み込まれかけている。


帰り道ものくろ0046

土壁の下は竹で編んだ下地か。


何年かかるとこんな風な姿になるのか。
意外に早くて数年でなってしまうのかも?

このまま自然に帰してくれるなら、
植物に任せるのもいいのかもしれない。

木と土と土から作った瓦と。
自然に帰る材料で家を作れば地球への負担は少ないのかも。

でも、誰も土に返す事を考えて家を建てないよなぁ。
いかに暮らしやすいかを考えるよなぁ。

なんて、粟島で撮ってきた写真を眺めながら、
島で暮らすことは自然と距離が近いのだなぁとか、
そんなことを思っている。

2010/07/03 | 23:06
<粟島 10’>コメント:9トラックバック:0

 島散歩 ~にゃんこ 

あれ?なにかいますね。
向こうの方に。


漁港モノクロ0033

そっと付いてきてくださいね。
そっとですよ~。

漁港モノクロ0034

しばし見合って…

そっとね、視線を下げて、しゃがみこんでね…

漁港モノクロ0036

あ。逃げた…w

漁港モノクロ0037

にゃんこと同じ目線を下げたら、
どうやらお顔が見えました。

びっくりさせてゴメンよ><

2010/07/01 | 00:10
<粟島 10’>コメント:8トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?