ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 ピンクリボンと精神腫瘍科 

yahooを開けたらピンクになっててびっくりした。
そっか、ひょっとしてピンクリボンのキャンペーンかな?
東京タワーもピンクになったりしてるのかな?

乳がんの予防のキャンペーンですね。
健診時にマンモグラフィーも選択できるのですが、
私はしておりませんw
職場のみんなはやってますけど。
(触診したらわかるかな~と思い。
お風呂に入るときに気をつけてはいます。)

丁度、というか。
おととい、精神腫瘍科の大西先生の話を聞きに行って来ました。
がんに特化して治療をする部門が、最近できてきているのですが、
そういうがん治療をしてる人のための精神科が精神腫瘍科なのですね。

抗がん剤の副作用とか、腫瘍の症状の進行と、
うつ病との見分けが難しいのです。
がんになるひとの半分以上が、
うつ病などの精神病名がつくのですって。

めまいや吐き気、気分の低下、不眠などの症状があって、
抗がん剤の治療もやめてしまった。
副作用か病気の進行かと思い色々検査をしたけど、
そうと認められるような所見がなくて、
うつ病の薬を投与したらその症状は消え、
抗がん剤の治療も再開できたという症例が紹介されてました。
あ~、そういうのあるあると思って聞いてました。

また、看病してる家族もうつになる事が多い。
そのくらい、過酷な病気ということなのでしょう。
(もちろん、がんじゃなくても、
深刻な病気やひどい痛みはうつを引き起こしますがね。)

うちの父は平成7年に、肺がんで亡くなりました。
今考えると、手術した後~亡くなるまで、
適応障害の症状があったな~と思います。
術後、消えていいはずの息苦しさや咳がずっと続いたりして、
気持ちもなんか落ち着かず不安そうな感じがあった。
でも、肺がんを見つけてくれた病院も、
2度にわたり手術をしてくれた呼吸器外科の名医のいた病院も、
地元の市民病院も、がんと精神科を一緒に診られるお医者さんはいなかった…。

手術はしてくれるけど、
その後の心のフォローをしてもらうのは、
難しいんだなと、そう思いましたね。
そして、それから16年後の今も、
その状況はあまり変っていないような気がする…。

まあ、病気になって最終的に死を迎えるというのは、
今も昔も大変ということなのでしょう。

今は、介護保険もでてきたし、ホスピスも増えたから、
以前より環境は整ってきていると思います。

安心できるかかりつけのお医者さんと訪問看護師さん、
それから最後を見届ける覚悟ができる家族があれば、
畳の上で死ぬのも可能だと思います。

でも、あの時大西先生のような先生に診てもらえていたら、
もう少し苦しみが和らいだのではないかなとは思ってしまいます。
(まあ、あの時可能だったことはしたと思ってますけども。)

今、市内で、がんで精神症状の診れる先生はいるかな~とか、
誰かな~とか…そんなことを考えています。
先生の近いところにいる看護師さんから突いてもらって、
…先生にうつ病の治療の勉強もしてもらうように…
町のかかりつけの先生が専門医にアドバイスをもらって、
治療ができるようになるといいのだけどなぁ。

総合病院に精神科があるのは少なくて、
町の精神科の先生にかかるのはどうなのか?という質問が出てましたが、
がんによる色んな症状とうつの薬の副作用の症状のコントロールも必要なので、
総合病院の勤務経験のある精神科の先生にかかるのがいいと思うとの答えでした。

大西先生のサイト→こちら。
がんサポート情報センターの対談記事→こちら。
先日聞いた話の内容がわかりやすくまとめられてました。
他にも色んな先生の対談が載っていて興味深いサイトですね。
また、じっくり読んでみたいと思います。

追記~
後で記事の検索がしにくいかと思いなおし、タイトルを変更しました。

あと、もう少し調べたので。追加。
適応障害と、大うつ病、日常生活に支障ないレベルのグラフや、
日常の落ち込みとうつ病の違いの比較。
使用する薬の情報が載っている記事を見つけました
先日の公演でも出てきてた内容もあります。→こちら。

2011/10/01 | 19:39
<医療・健康>コメント:2トラックバック:0

 第5中足趾節(MP)関節捻挫(?) 

※最初、日記風に記事を書いたのだけど、修正して覚書としました。

8/12
夕方、職場の自転車を収納しようとして、
歩道の傾斜でよろけて左足の小指の付け根をひねる。
痛みは多少あったが、それほど気にならず。

残業して、文房具や本を見に寄ってから帰宅。

帰宅後、ひねった場所がズキズキしだす。
・腫れはほとんど見られない。
・場所的には、第5中足趾節(MP)関節のあたりか。
一応、足の関節の解剖図
体重かけると痛い。&歩く時足首を返して蹴りだせない。
かかとから足を着いて少しガニ股風で歩くのが楽。

温めないほうがいいだろうと思うが、
変な歩き方になっているから、
体は温まってコリをほぐしたい。。
仕方ないので足を持ち上げて浴槽に浸かる。
左足全体に負担がかかっているためか、
いつもより下腿の浮腫みがひどく、
リンパを戻すようにマッサージする。

フェルビナクの入った湿布を貼って休む。

8/13
起床。痛みは少しいいようだが、体重はかけられない。
昨夜変な歩き方をしたせいで、左足全体、腰、右腕も痛いw
(右腕は歩く時に体を支えたせいだな…。)

いつもよりゆっくり、小股で歩けばあまり支障はない。
かかとから着いて、ややガニ股風ではあるがw
かかとから親趾へと体重を逃がすような感じで。
湿布を張り替え出勤。

自転車をこぐのもペダルの位置を少しずらして、
負担を減らすようにしてみる。

幸い訪問は1件のみ。正座は困るなと思っていたのだが、しなくて済んだ。
あとは今日はデスクワーク中心で(^^)

そうそう、は中敷もほぼ平らな運動靴が楽だった。
一度靴を脱いで床に足を着いてみたら、
その方が痛みが強かった。
平らな中敷が平均して体重を分散させてくれていたような気がする。

帰宅。

昨日のようなひどいズキズキは出ない。
しかし、一日変な歩き方をしたせいで、
左太もも(特に裏側)、膝、ふくらはぎ、かかと、
右ふくらはぎ、
腰、
右肩~腕、背中の方まで…
ほぼ全身が痛いw

かかとの痛みは結構強く、
体重を常時かかとで受けているとこうなるんだと実感。

本日はお風呂の前に念入りに全身をオイルでマッサージ。
特に足首からふくらはぎのリンパを流すようなつもりで。
痛めた関節の辺りは揉めないけど、
土踏まず、かかと、アキレス腱、それから足の表側も。

(体の中では痛めた組織を修復しようとして、
リンパの流れが活発になり老廃物もたまっているので、
リンパの流れを助けるようなイメージでね)

お風呂から出たら湿布を貼り替えて。
全身の柔軟体操も少し。

8/14
もともと軽く痛めただけだったせいか、大分よい。
体重をかけるとまだ痛むけど、
足の趾を屈伸しても痛みはない。
体重を少しかけたり動かしても大丈夫そうだ。
まだしばらく正座はやめておこう。

昨夜念入りにマッサージしたおかげで、
筋肉痛もほとんど残っていない。(よしよし。)


浴槽につかって循環をよくする、
オイルでのリンパマッサージ(自己流ですが)は、
腰を痛めたのをきっかけに始めたのだけど、
捻挫の時などにも上手く取り入れられれば、直りが早いように感じた。
患部は炎症が引くまではいじれないけど、
その回りはマッサージしても大丈夫そうかな。


↓最終的に前に書いてた記事で残ったのはここだけになってしまったw
☆いざ痛めてみるとこんな些細な所でも、重要な働きしてたのねって思うねw

変な歩き方のせいでかかとの痛みがひどくなって、
改めて土踏まずのアーチは大切なんだな~と実感しました。

やっぱ、夏ばてとかもあって、
注意力散漫になっているせいもあるのかもね。
熱中症とともに些細な怪我にも注意していきましょう。。


2011/08/12 | 21:56
<医療・健康>コメント:0トラックバック:0

 鼓室形成術 

実は、母が一昨日耳の手術をしまして。

慢性中耳炎の鼓室形成術で全身麻酔で行いました。
耳の中をいじるので、後のめまいや吐き気が心配されていたのですけど、
案の定、手術直後はかなり吐き気が強く出て3回くらいもどして、
目眩止めの注射を2回使ってもらいました。

2回目の筋肉注射をしてしばらくすると沈静作用もある薬なので、
ぼや~っとしてきて吐き気もおさまった様子。
うとうととし始めたのでちょっと不安を感じながらも、
面会時間ぎりぎりまでいて帰って来ました。
(やっぱり、窒息とか誤嚥性肺炎は心配だから…)

今日(明けてもう昨日ですが)の夕方、
恐る恐る様子を見にいったら、
前日の苦しそうな様子は嘘のように吐き気もおさまり、
起き上がって夕食を食べてました。

午前中には歩いて外来まで診察を受けに行ったとの事で、
私が帰ったあと吐き気はでなかった様でした。
いやはや、ホッとひと安心です、、

このまま、順調に行けば8日~14日で退院できそうです。
せっかく苦しい思いで手術したので、
聴力も少し回復するといいのですけど。

こちらのほうでも震度2とか3とかの軽い揺れではあるけどよく揺れるので、
手術中に揺れたらイヤだなぁ~とか色々不安も多かったのですけど、
無事に終ってよかったのでした。

手術前に術後の様子など調べたけど、
あんまりヒットして来なかったので、
今後の参考のために、術前、術後の経過など、
また改めて書き留めておこうと思ってます。

(ま、悪い病気じゃないのでこんな事もかけるのだけどもね。)

2011/04/24 | 01:05
<医療・健康>コメント:2トラックバック:0

 調べ物 

↓のつぶやきは、癌の痛みに対してでした。


自分だったらどうするだろう…と色々考えたりしました。
(これは繰り返し、考える事なのですけど。)


少し文献を調べましたので、リンクを貼っておきます。



あ、その前に…

↓死に対しての人の受容までに辿ると考えられている過程。

エリザベス・キューブラー=ロスが『死ぬ瞬間』の中で発表したもの。
以下のように纏められている。すべての患者がこのような経過をたどるわけではないとも書いている。

否認
自分が死ぬということは嘘ではないのかと疑う段階である。
怒り
なぜ自分が死ななければならないのかという怒りを周囲に向ける段階である。
取引
なんとか死なずにすむように取引をしようと試みる段階である。何かにすがろうという心理状態である。
抑うつ
なにもできなくなる段階である。
受容
最終的に自分が死に行くことを受け入れる段階である。



これって、死を他の言葉に置き換えても、
受容の際に辿る過程だったりするのかも。

受け入れがたい現実に対しての反応とか。

怒りをあらわにしている背景にも、
こんな原因が潜んでいたりするのかも。


さて。こちらは癌に対しての調べ物。
ちょっと解りやすそうかなというサイト見つけたので、覚書です。


がんの痛みについて…



家族でもできること

痛みに関係する部分を調べたのですが、色んな治療についても載ってました。
がんの辞典


癌性疼痛治療ガイドラインこちらは専門家向け。


と、まあ、ここまでは癌の話でしたが、
それとまた別に、最近お年寄りで、
急に背中や腰が痛くて動けなくなった、という相談が急増してます。
急に寒くなったせいかな。5~6件立て続けにきている様な気がする。

中には、一人暮らしなのに起き上がれなくて、
トイレも這って行ってるというので、
救急車で病院に連れて行くわけなのですが、
レントゲン撮って圧迫骨折とかあっても、
(所見がなければもちろん)痛み止め処方されて帰されますw

こんな状況で帰されて、一人暮らしなのにどうしろって言うんじゃい!
とか思いながら、食事の算段だとか、
場合によっては短期間の泊まりのサービスとか調整します。
あるいはオムツだとかポータブルトイレだとか。
(新規の相談の場合はまず介護保険の申請からね)

何か持ち上げたとか言う訳じゃなし、
シリモチついたわけでもないのに急に痛くなるというのが多くて、
印象としては冬場に集中してるように思います。

こういうケースも結構あるので、私の腰痛体験も結構役立ってます(^^;

2011/02/10 | 00:37
<医療・健康>コメント:0トラックバック:0

 ○○療法、○○セラピー 

療法とつくのは、医療現場で取り入れられているものという認識なのだけれども。

音楽療法 
私が知っているのは、お年寄りの通所施設で取り入れられているもの。
小学唱歌とか懐メロとか、先生の伴奏で歌ったり打楽器の演奏などしている。
認知症のお年寄りでも結構歌詞が出てきたりする。
みんなが歌っているのでつい歌っちゃったり。
グループですることの効果もあると思う。

園芸療法 
植物のお世話をする中でコミュニケーションをとったり、
一緒に作業をする機会が作れる。
これもお年寄りの施設などで取り入れられている。

ペットセラピーというのもあるね。
犬とかが多いのかな?ちょっと検索してみたら、アニマルセラピーとでてきた。
イルカや馬などでのセラピーもそういえば見た事がある気がする。

回想療法
認知症のお年寄りへのアプローチのひとつ。
はつらつとしていた頃の自分を思い出すことで脳を活性化させる。

写真も写真療法、フォトセラピーというのがある。
写真を撮る事を通して自分を振り返る・見つめなおす、というように捕らえていたのだけど。

先日たまたま手に取った写真雑誌では、撮る、撮られる、見せる、展示する、
という4つのカテゴリーになっていた。なんか、増えてるし…。
何でもセラピーってつければいいって思ってない?なんて思って見てきたのだけど、
改めて検索してみたら、フォトセラピーはどうやらそんな流れになってきているらしい。
面白そうなのでもうちょっと読み込んでみよう。

じゃあ、医療現場で取り入れられてる写真療法って?とちょっと検索してみている。

2010/01/09 | 01:22
<医療・健康>コメント:2トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?