ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 川辺の桜 ~祈り 

2013春さんぽぴ0020

京都の桜のピンホール写真をお届けの前に。。。

川辺の桜から、ピンホールをもう一枚。
こちらの写真、あさってから始まる、
クロスロードギャラリーの「ことしのさくら」展の候補の一枚でした。
最終的に、もう一枚別の写真を出すことにしまして、
こちらはボツになりました。

でも、とても惹かれるものがあって、最後まで悩んでいたのです。

小雨混じりの川辺の桜並木。
他の木の脇で見えなかったのですけど、
近づいてよく見てみると1本だけ他の木と様子が違うのです。

枝を短く払われているのがわかるでしょうか?
多分木が病気になっているのでしょう。

そして残った少ない枝についている花は、
他の木に咲いている花より一層赤みが濃いのです。

…なんだか最後の力を振り絞って、懸命に咲いてるように見えました。

染井吉野の寿命は50~60年と言われているのですが、
この木も丁度寿命の時期にさしかかっているのかもしれません。

花が終った後の、この木の運命がとても気になります。
枝を払ってもらって少し元気になったのか、
もう根元から切られてしまったのか…?
感傷に浸っているのは人間だけで、
木のほうは自然の摂理と受け止めているのかもしれないですけど。

でもね、この木の様子を見てなんだか励まされたのです。
今年、この木に出会えてよかったなぁと思います。
写真展には出さないのですけど額装してもらったので、
出来上がったらしばらく家に飾ろうかと思っています。

ことしのさくら展、出展する写真も、
ここの川辺の桜からまだアップしてないものを1点出します(^^)

今年もきっとこだわりのある桜写真、見られるかなと楽しみなのです♪
今週は土曜日も仕事なので会場にいられるのは、25(土)夜と日曜日ですね~。
土曜日夜は、恒例のゴザ宴があります(^^)
さくらの写真を見ながらギャラリーにブルーシートを敷いて、
1品持ち寄りでお花見の宴なのです。
参加自由ですので、お暇でしたら遊びに来てください(^^)
四谷三丁目、クロスロードギャラリーです。

スポンサーサイト
2013/05/19 | 19:22
<桜散歩 2013’>コメント:0トラックバック:0

 桜散歩 京都編 おまけ &お知らせ。 

舞妓さん(?)を見送り、小雨もぱらついてきたので、
昨日偶然行き当たった何必館 京都現代美術館へ。
ブレッソンは以前にも何度か見た事があるのだけど。
このワインボトルを抱えた少年の写真もあったのか…。
思い出せません。。。

この写真の実物を見たくなって立ち寄る事にしました。
ブレッソン1

この写真は以前にも見覚えがある。ブレッソンというと、
こんなデザイン的というか、風景スナップと人物の写真が印象的。
ブレッソン2
セットになっているハガキを購入した。
ポスターになっていたモンローさんは、
残念ながら入っていなかった。

以前に見た展示は規模が大きくて、
写真の量も多かったのだが、
今回の何必館での展示は小さいフロアに区切られて、
人物スナップが中心で見やすい量だった。
この少年にも象徴されるような温かみのある写真が多く、
なんだかほっこりした。
丁度展示をしていてラッキーだった。

さて。「春の和菓子」のお土産をリクエストされていたので、
適当にお店に入ってみようかなと祇園界隈をぶらぶら。
偶然目にとまったお店が老舗の「鍵善良房」さんだった。
奇麗な花の形の練り切りと岩山椒というお菓子が出ていたので、
それを買って行く事にした。
老舗だけあってお値段もそれなりでしたけどw
お味のほうは程よい上品な甘さでした。
岩山椒のほうはぴりっと山椒の香りと風味の効いた、
一口サイズのお団子でしたがこれが美味しくて癖になるお味でした。

さらに、大通りを行くと…あれ?がま口屋さんだ!
実は、あじき路地という作家さんの集まる界隈の一角の、
がま口屋さんに行きたいと思っていたのです。
土日営業なので諦めていたのだけど。あれ、ここに出店したのかな?!
行き当たったのは実は東京にもお店が出てた「ぽっちり」さんでした。
水玉柄のがま口をゲットしました♪
行きたかったのは「プセット」さん。。。手作りで作っておられるのですよ。
また、京都に行く機会があったら、今度は寄りたいです。

ちなみに…。
今回はほとんどの時間を、
インクラインで費やすことになったのですが、
まだピックアップしてた場所があって。
昨年の大河の平清盛に登場してきたのが西行さんで、
同じ時代の人だったんだと妙に親近感が湧いたのです。
西行さんといったら、「願わくば 花の下にて 春死なん ・・・」の句を詠んだ方ですね。
西行さんゆかりのお寺を回りたいなと思っていたのです。
花の寺とも言われている、勝持寺さん。またの機会にゆっくり行ってみたいです。

まあ、それから奈良の吉野山の奥千本にも、
西行さんゆかりの西行庵があるらしいので、
そちらもまたいつか…。花の時期にあわせるのが難しそうです。

(お夕飯をいただいたお店がいまだわからず…。
そちらも判明したらまた書くかも?)


え~、桜の旅編、まだ続きます。
インクラインのピンホールの分がまだなのですよ。

…その前に…、

☆ちょっとお知らせ☆
いつもお世話になっている、
写真のギャラリーの「ルーニィ」の姉妹ギャラリーの、
「クロスロード」の春の公募展「ことしのさくら」展が、
来週から始まります。私も1点参加します。
皆さん思い入れのある作品を出されるので、
ちょっと緊張&でもどんな作品が見られるのかとっても楽しみ!

私の桜の写真も、ブログにはまだアップしてない写真です。
DMハガキが届いたらまたお知らせしますね。
地下鉄丸の内線、四谷三丁目駅から、
徒歩5分ほどの所にあるギャラリーです。


2013/05/15 | 23:30
<桜散歩 2013’>コメント:0トラックバック:0

 桜散歩 京都編 その4  

桜の旅、京都に泊った翌朝、
朝ごはん前にインクラインへ。

朝早いと割合人は少ないという情報を得ていたのですが、
それでも、ぱらぱらと人が訪れます。

散歩の人が途切れるのを待っているカメラマンも何人か。

しばらく待つとようやく人が途切れました。
2013春さんぽ0079s
でも、よく見ると向こう側は、
カメラマンがいるのですけどw

あと30分もすると人が増えるとの地元の人の話どおり、
8時には人が増えてきました。

2013春さんぽ0081s

丁度いい具合の所で記念撮影してくれました(^^)

2013春さんぽ0082s

カップルかな?と思いきや、女性2人組みです。
いい雰囲気の写真になりました♪
京都での目的、無事に達成です(^^)v

2013春さんぽ0083s

インクライン下側のアーチも、
水路閣のような煉瓦作りで渋いです。

撮影を済ませてホテルに戻り、
朝食の後は再び祇園へ。

2013春さんぽ0084
八坂さんは枝垂桜が奇麗でした(^^)

なんちゃって舞妓さんが、
外人の観光客に取り囲まれ撮影会と化してました。
ふ~ん、と横目で眺めながら交差点へ出たら、
髪を奇麗に結った着物姿の女性が。

2013春さんぽ0085

着物の裾裁きも鮮やかに足早に遠ざかっていきます。
ひょっとしたら、歌舞練場のお稽古帰りの舞妓さんかも?
なんて思いながら、一枚シャッターを…。
いやはや、歩くの早くて一枚切るのがやっとでした。

2013/05/12 | 14:28
<桜散歩 2013’>コメント:2トラックバック:0

 桜散歩 京都編 その3 インクライン~岡崎疎水 

2013春さんぽ0066
大分日も傾いてきました。
まだ光のあるうちに少し散歩したいなと。

地図を確認しながら、南禅寺前の交差点へ向かいます。
明日は南禅寺は寄らないで、
直接インクラインに向えるようにルート確認です。
2013春さんぽ0067
しかし。
橋の上から狙えるポイントを見つけてしまって、
ついまた人が途切れるのを待ってしまいます。

この桜の丁度真下あたりで、
3人組のお姉ちゃんが腕立て伏せしたりとか、
なんか一生懸命動画を撮っていました(^^;
どんな絵になったのかちょっと興味がありますw

2013春さんぽ0068s
この観覧車があるのは京都動物園です。
ここも時間があったら寄ろうと思ってたのですけど、
インクラインで時間取りすぎたので外から見るだけに。

でも、桜と観覧車が撮れたのでとりあえず満足。

さて、バスの車窓から見た、
桜がめっさ咲いてた場所を目指します。

おお、夕日が当たって美しい♪♪
2013春さんぽ0070

2013春さんぽ0071
順光からはこんな感じで花が赤みを帯びて見えます。
どうやらこの辺り一体が岡崎疎水のようです。
(私の持っている地図では琵琶湖疏水と書いてあります。)

さてさて。そろそろお腹が空いてきたし。
細い水路沿いをショートカットしたりしながら、
向かうは三条通から先斗町方面へ。
途中、町屋作りの家が並ぶ路地に出たら、
チューリップがお出迎え。
防火の準備の赤いバケツが一緒に並んでおりました。
2013春さんぽ0072

実は錦小路地はまだ行った事がなくて、
おばんざい食べに行きたかったのですが、
先斗町あたりまで来たところで、もうこれ以上歩けませ~ん><
昔、先斗町でいい感じのお店があったので、
そこを探したのですけど…名前も覚えていなくてw
とうとう見つけられず。

行き当たりばったりで、
おばんざいのコースを食べさせてくれるお店に入りました。
たけのこを食べたかったので、何品か出てきて満足でした♪

他にはホタルイカのしゃぶしゃぶとか、
鯛のアラ煮もでかかったけど、
眼の周りとかとろっとろで美味しかったです。
お店の名前がわかったらまた載せますね。

20130401_210531.jpg
20130401_210618.jpg

さて、祇園へでてバスを…
と?
DSC_0441.jpg
ワインボトルを抱えた可愛い少年と出会いました。
あ。カルティエ・ブレッソンか。
どこかこの辺でやっているんだ…。
モンローさんもお美しい♪
反射の具合で奇麗に撮れませんでしたが。
DSC_0442.jpg

と、そう思いながら立ち去ったのですが。
あとでよく調べると、まさにここが会場だったのですね。
ブレッソンは前にも見てるけど。もう一回見たいかも…。
とか、思いながらホテルへと戻ったのでした(^^)

2013/05/06 | 00:09
<桜散歩 2013’>コメント:0トラックバック:0

 桜散歩 京都編 その2 インクラインへ 

南禅寺の桜はこんな感じ。
2013春さんぽ0057
まるで私を待ってくれていたように咲きそろっています♪

これから咲く山桜もあったりして。
芽吹いたばかりの淡い緑も美しいのです。

しかし、どうしてもこの先の、
インクラインの様子が気になるのです。

お寺には似合わないような煉瓦作りのアーチを登ると、
アーチの上は水路になっていてずっと辿っていく事ができます。

林の中の散歩道といった風情なのですけど、
一部ぽっかりと視界が開けて遠くに平安神宮の鳥居が見えます。
2013春さんぽ0059
更に細い水路を辿っていくと…。

桜の咲く小さな公園に出ます。
蹴上浄水場とインクラインです。
インクラインは明治時代、琵琶湖から蹴上まで水路を通し、
蹴上からの急勾配は舟では降りられないので、
インクラインの線路を使って京都市内へ運ぶために造られたのだそうです。

2013春さんぽ0060
この船と貨車はその名残ですね。

2013春さんぽ0061

2013春さんぽ0063
今は使われなくなった線路脇を桜がずっと囲みます。
眼下には道路が並走しています。

2013春さんぽ0064
段々と日も傾いてきました。


2013春さんぽ0065
って、人が途切れないかと待っていたのですけどねw
明日の朝を狙うつもりではいるのだけど、
青空はどうやら今日だけらしいので、できれば一枚撮れないかと。。。
でも、全然人が途切れる気配がありません。
仕方ないので一枚。。。切ってみた。
出来上がってみると、意外と人は気にならないものですねw
しかし、方向的に青空にならなかったです><
流石に肌寒くなってきたし。
下見のつもりで来たのに、長居しすぎw
まあ、これが一人旅の気ままな所です。

2013/05/01 | 23:50
<桜散歩 2013’>コメント:0トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。