ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 思い思いに 

観音崎、最終回です(^^)


スィーツで元気を補給して、
ふたたび散策開始。


お茶をしたホテルの下側が、
ボードウォークになっていて散策できるのです。


男の子、真剣です(^^)
三浦0053
この辺は潮だまりが多くて、
磯の小さな生き物が沢山見れますね♪
何がいたのかな?


三浦0056

子供も、大人も、みんな下を覗き込んでいますw
きっと、大人が子供に帰れる場所なのですね。


紅白。
三浦0054
海藻も色んな種類があるんですね。


三浦0055
自立した関係 その1

三浦0065
自立した関係 その2

日傘を差したカップル
もう少し寄り添ってもらえると、
絵的には尚ステキなのだけど…

おじいちゃんとボクも、
何故か似たような距離感。

ボク、なんか黙々と歩いている感じ。

遊びつかれた満足感、達成感。
間の距離は信頼の圧さ。

いや、ただ単に暑くて、
手を繋ぎたくないだけっていうのも、
あるかもしれないけどw


三浦0057

この日、実は雑草が綺麗で。
透過光で色々撮ったのですけど、
なんかイメージのように撮れなかった。
上の写真は、そのイメージとはちょっと違うのですけど、
綿毛がほわほわでした♪


三浦0058
それから、この辺の浜辺は普段あまり見かけない、
草や花がたくさんありました。

こちらの白い花もあんまり見かけない花でしたよ。


観音崎散歩、色々発見があって楽しかったです♪
koukoさん、ご一緒くださいまして、
ありがとうございました(^^)

koukoさんの記事 → ボードウォーク 水平線

2011/07/18 | 10:56
観音崎 11’コメント:2トラックバック:0

 ひと休み 

鬱蒼とした森から、
急にぽっかり開けた場所にでました。

ガラス張りの展望台、
その向こうには海が開けています。


横須賀美術館です。


三浦0047


まったく予期せずにここに出たので、
涼しげな色合いが一層眼に沁みます。


三浦0048
koukoさんも熱心に行ったり来たり…
アングルを探ってます(^^)


三浦0049


三浦0050


でも、涼しげな色合いとは反対に、
中に入るとこの螺旋階段付近は温室効果で暑いw


三浦0051


せっかくの美術館だと言うのに、
展示もちゃんとチェックせずに素通りw

だってあんまりにも喉が渇いていたんですもの。

美術館左手がオープンカフェになっていて、
ホントはそこでお茶したかったのですけど、
残念ながら一杯で。
仕方がないので向かいのホテルのレストランに。

三浦0052
奮発してこんなデザートプレート頼んじゃいましたw
へへ。一杯歩いたからね。ご褒美だもんね。

koukoさんの記事はこちら♪ → お茶の時間

2011/07/14 | 21:46
観音崎 11’コメント:2トラックバック:0

 森の中の遺構 

海の眺めが気持ちのいい観音崎ですが、
少し奥へと分け入ると…

鬱蒼とした森の中に時折、
古代の舞台のようなものが姿を現します。
三浦0039

こんな煉瓦造りのアーチも。
三浦0040

明治から大正にかけて造られた砲台の跡だそうです。

今は平和な日本だけど100年も遡れば、
戦争のための設備を普通に構えていたのですよね。


観音崎は何度か来ているけどこの場所は今回初めて見ました。
でも、そういえば前にきた時に地下道をくぐったけど、
それも遺構の一部だったのかな。

なんか柱の模様が顔に見える…。
きっとこの場所を守っているやどり神でしょう。
三浦0044

人が造ってきた物が自然と共存している…
三浦0045

やがて自然に飲み込まれていく…
三浦0046

被写体として心惹かれる反面、
どうも撮っていて落ち着かないのは、
軍事遺跡ということで戦争を連想してしまうからかも…?

なんというか…、とても不思議な場所でした。

koukoさんの記事はこちら → 緑の中に

2011/07/11 | 23:42
観音崎 11’コメント:4トラックバック:0

 観音崎 

東耀稲荷を出たあとは大きな通りからバスに乗って、
やっと今回の目的地観音崎に向かいました。

綺麗な海が見えるとすぐ散歩したくなりますが、
まずは腹ごしらえを。。
koukoさんとシラス丼を頼みました(^^)
写真は撮りませんでしたので、あしからずw


三浦0031
で、ようやく海辺へ。

先のほうに小さく写っているのは、
koukoさんのブログによると戦前に作られた桟橋の遺構のようです。




浜辺を散歩してると…
おやおや?

三浦0032


迷子?

三浦0033

可愛い首輪してるね。
君、どこから来たの??

って、これじゃ、ナンパですねw

三浦0034


しばし戯れていると、
飼い主さんが迎えに来てくれました。
よかった、よかった。


ここの海辺は水も綺麗なのですけどあとで見返してみると、
今回は海の写真はあまり撮らなかったみたいです。


海辺から照葉樹の森を抜けて灯台を目指します。



↓森の中からの灯台。
三浦0035

灯台の全景はちょっと撮りにくくて。
イキナリですが灯台からの景色を。

三浦0036
足元にには今通ってきた森が見えます。

そして、遠く行き交う船。
三浦0037

東京湾に入る船はみんなここを通るのですよね。
この景色、何度見てもいいですね~。

三浦0038
こちらは灯台の窓から切り取った風景です♪


koukoさんの記事はこちら。 → 磯遊び object 休日の午後 灯台へ blue,blue!

観音崎公園のHP 

2011/07/09 | 16:31
観音崎 11’コメント:2トラックバック:0

 東耀稲荷 

更に路地を進むと…

あら♪

味わい深い様子のお方が、
佇んでおられます。
三浦0023
あなたは、いったい?!

思わぬ出会いに、ワクワクしちゃって。


更に道を進むと…なにやら鳥居発見。
しかも、なんかこんもり、もっさり、
山盛りに生い茂ってますよ?

三浦0024
何でしょう?ここはいったい??


三浦0025
昔ながらの井戸もありますね~。
カラフルですね~!


三浦0026
どど~んと、鳥居のアップです。

しかし、赤い鳥居に青い井戸。
なんか斬新なセンスですよね~。

さっき乗った渡し舟とも感じが似ているような?
同じ人が手がけたのかな?


急な階段を登ると…
趣のある木造のお社が姿を現しました。


三浦0027

急な勾配の屋根や瓦葺の感じ。
前にも見た気がするのだけど、
どこで見たのだろう?

三浦0028


三浦0029

透かし彫りの細工も見事です。


こんな所がこんな場所にあるなんて。
思いがけずに立ち寄れて、
なんだか得しちゃったみたい♪

東耀稲荷→ こちら♪

koukoさんの記事はこちら→ こちら♪



2011/07/07 | 00:33
観音崎 11’コメント:0トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?