ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 じゃあ、またね。 

ゼラチンシルバーを見たあとは、
Fmiさんのお目当ての飯塚さんの写真展へ。


飯塚さん写真展
(会場の様子、オーナーさんに許可をとって、撮らせていただきました)



今回の作品は北海道の雪の夜を撮った写真たちだった。

Fmiさんも言ってるけど、寒いシンとした夜の雪の夜なのに、
温かい感じがしたのはそこに暮らしている人たちの、
ぬくもりを感じたせいだろうと思った。

実際はごく寒いはずなのに。。

で、撮ってるときの寒さはどんなもんなんだろうとか、逆に思ってしまった。
飯塚さんは実は私もファンでブログをお気に入りに入れてます♪
以前に目黒でやった写真展は見にいったので、今回で2回目だったのでした(^^)

最近はカメラマガジンとかにはよく作品が出てるし、
今月号の日本カメラ(だったかな?)にも執筆されてるようですね。
自転車

駐車場

草


このアンダーめのトーンは少し前にアップしてた、
飯塚さんのアンダーめの草の写真を意識して。
(っていうか、アンダーになっちゃったっていうかw)


そして…


楽しい時間はあっという間に過ぎていくのでした。。。
じゃあね~

Fmiさんの記事も終わっちゃったので、
あわててフィニッシュでしたw


皆さんの記事リンクは
Fmiさんがまとめてくださっていますので、
そちらでどうぞ(^^)→ここ

2010/10/02 | 10:05
広尾、麻布 10'コメント:2トラックバック:0

 ゼラチンシルバーセッション 

Fmiさんが東京にやってきたのは、
北海道在住のカメラマンの飯塚さんの写真展を見るためだったのだが、
同じ時期にゼラチンシルバーセッションを六本木でやっていたので見に行く事にした。
今年で5年目を迎えるこのイベントは、「銀塩でしか表現できない写真の楽しさ、面白さを広く知ってもらうために、
次の世代のためにも銀塩写真技術や機材、フィルム、印画紙を守っていく思いを繋げていくプロジェクト」
である。今年は賛同した作家さんが33名もいて、「代表作」というテーマの展示だった。

上田義彦、小林紀晴、杉本博司、十文字美信、鈴木理策、中野正貴、ハービー・山口、本城直季、森山大道。。。
そうそうたるメンバーが並んでいて、これは行かなくては!と思っていた。

せっかくだからと展示作家の中の、3名の作家さんのトークセッションに合わせて会場に行った。

写真展やトークの感想は一緒に行った皆さんも書いていらっしゃるので、どうぞ。
書斎さん→
koukoさん→
Fmiさん→

私は作品で一番印象に残ったのは上田義彦さんの森の写真かな。

色んなジャンルの写真が展示されていると、
今の自分の気持ちはどこに向かっているのかの再確認で見る事が多い。

植田さんの写真は一番心地よくてそれでいて厳粛な気持ちになるというか。
自分ではなかなか撮ることの出来ない写真だけど、とても心惹かれた。

逆に、どうも気色が悪かったのが、今さんのイカで出来たスニーカーの写真だった。
嫌悪感も混じりながらでも今でも印象が強いのだから、かなりインパクトのある写真だったのだと思う。
そういう写真があってもいいと思っている。(これからも多分好んでは見ないけどねw)

トークセッションでは普段なかなか聞くことのできない、作家さん達の頭の中が垣間見れて面白かった。
「フィジカルを鍛えておかなきゃ写真は撮れない」とかね。そうなんだよな~と思った。
ここって場面をすかさず捉える瞬発力というかバネを鍛えておかないといけないんだよね。
(最近の私は勘というか感受性が鈍っていて全然ダメだなぁとか。)

この頃から丁度ツイッターを始めていたのだけど、トークの内容をツイートしてくださっている方がいて、
リツイートしておきましたので興味のある方は覗いてみてください。→ヒツジ草のツイッター
フォローが目的なのでほとんどつぶやいてませんがw

会場からの質問の中に、もっと積極的に守るための活動をしないのか?というような意見も出てたけど、
銀塩の厳しい現状について、作家さんたちはかなり冷静に見ているんだな感じた。
仕事ではデジタルに移行せざるを得ない中で、フィルムでなくては残せないものは何なのか、
それはデジタルでは表現できない物なのか?といった事を、模索しているようだった。

作家さんによってその辺の考え方は違うのではないかなとは思うけど。
フィルムが将来なくなるのならと、昔ながらの硝子版法で、
自分で感剤から作っちゃったって作家さんも前にいたしなぁ。

そして、銀塩はいよいよ厳しくなっていく事だけは確かなようなので、
今のうちにできるだけ銀塩を楽しんでおこうと、そんな風に思った5月でした。

この写真展をきっかけにブログをお気に入りに入れてる蓮井さんも毎回興味深い事を書かれてます。
蓮井さんの新しい作品もかなり興味があるのだけど、作品展しないのかな。

2010/09/30 | 23:58
広尾、麻布 10'コメント:4トラックバック:0

 麻布探索 

麻布十番に出てきました!

麻布1
あ!向こうの方でななさんが狙ってるぅ~!


麻布2
だあれ?どうしてそんなところに、ぽつんとしてるの?
お母さん待ってるの?

麻布3
あ~Fmiさんのすきそうなもじゃもじゃ具合と思ったら、
やっぱり好物だったらしい(^^)

お昼をいただき、てくてく結構長く歩いて、目的地のギャラリー到着しました!

麻布4
中庭の眺めです。

麻布5
壁を使って恒例の集合写真♪

写真展の感想は、、、もうだめだ~、、、
眠いのでまた今度ってことで… w



2010/09/30 | 00:20
広尾、麻布 10'コメント:2トラックバック:0

 公園 

神戸にお引越しされたFmiさんをお迎えしての散歩、
写真展を2つ見ようという企画でトークイベントの開始に合わせて、
それまでの間広尾周辺を散策することになりました。

有栖川宮記念公園周辺をぶらぶらしました。

写真をみると、春の花がいっぱい♪
夏を通り越して秋までカメラの中で眠っていた写真達です(^^)
有栖川宮公園6

有栖川宮公園7


有栖川宮公園8

有栖川宮公園2

芽吹いた赤や緑のモミジが色鮮やか♪

有栖川宮公園3

ナチュラさん、この辺をみると不思議な発色ですね。結構好きかも!

有栖川宮公園4

有栖川宮公園5

カメラの補正とかどうなってたんだろうと思うのですけど、
流石にこんなに時間が経ってしまうとすっかり忘れてしまっていてw

少しデータを取らなくちゃなぁと思って眺めているのでした。

あ、前回掲載したギャラリーはエモン・フォトギャラリーといいます(^^)

2010/09/26 | 11:44
広尾、麻布 10'コメント:2トラックバック:0

 なつかしの5月 

クラッセの現像が上がったら、
とても懐かしい写真が出てきたのでびっくり。

春の写真が出て来ました!そんなにカメラの中で眠ってたんだな。。


ここは広尾のギャラリーなんです。結構お気に入り。
この日目的地は別にあったんですが、
時間の調整もあって少し周辺を散歩する事になりまして。
広尾エモン

入り口にはプリザーブドのお花が飾られてました。

広尾エモン2

生憎とギャラリーは閉っていて、展示期間が終了してしまった、
市橋織江さんの作品がかかっていました。
見逃してしまったので、ここでちょろっとでも覗けて嬉しかった♪

市橋織江さん
実はこの時、遠方からのお客様が。












じゃーん!この方で~す♪

有栖川宮公園

あらぁ、Fmiさんお久しぶりじゃないのぉ!

って、4月にも粟島でも会ったし、
そんなにお久しぶりでもないっか~w

さっそく撮ったり撮られたりなことに、、
その様子をしっかり他のカメラでも狙われているしね~。

皆さんの記事はこちら♪
ななさん 
書斎さん 
koukoさん  

2010/09/26 | 01:04
広尾、麻布 10'コメント:4トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?