ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ
 
welcome to http://hituzigusa01.blog61.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 尾道、満喫~♪ 

念願だった場所に行き着く事ができて、ほっと一安心。


さて、次の目的地は、


↓ココ
鳥取.出雲.尾道0144

実はちょっと迷ったw
大通り沿いなのかな~と思ってたら、商店街沿いだったのね!

そのまま、千光寺の下側の路地を横に移動してもよかったのだが、
これ以上寄り道をくうとちょっと時間も心配だったので、
地図を確認しながらどうやら辿り着きました。

ここ大和湯さんはもとは銭湯だったのですが、
今は「ゆーゆー」という喫茶店になっているのです♪
生絞りジュースは、今の時期はレモンだとのことで、
普通のみかんジュースを頼んで喉を潤しました(^^)


ここまで来たら、駅まではもうあと少し。


そして、今度は海に出ましたよ。


福本渡船の乗り場です。向島まで10分ほどで行かれます。
もうちょっと時間があれば乗ってみたかった!


鳥取.出雲.尾道0146


鳥取.出雲.尾道0148


そして駅までゆっくり散歩。
鳥取.出雲.尾道0149
オレンジ色に元気をもらいました(^^)


鳥取.出雲.尾道0150
好物のドアノブを発見w


鳥取.出雲.尾道0151
駅の裏手のお店。
一杯、いっとく?!

おのみち えきうら
    いっとく
の表示がなんかカワイイ♪


もう少し、散策したいけれど…
そろそろ、時間ですかね。


(次に来る時は、きっと泊りがけで来るのだ!)


名残惜しいけれど、尾道を後に、
朝、出発してきた倉敷を通り越して岡山までは1時間と少し。
鳥取.出雲.尾道0152
白地に紺色のストライプの電車。
向こうに湘南電車色の車体がいたので慌てて一枚♪
(ああ。また鉄子しちゃったw)

鳥取.出雲.尾道0153
岡山駅は、鳥取方面への電車も出ているのですね。
和気、播州赤穂はどのへんなんだろう?と思いながら、記念に一枚。


1時半すぎ。うん、時間的には丁度ばっちり予定通り。
新幹線乗り場のお土産売り場で、お土産とお弁当を物色♪
TS380687.jpg
のぞみに乗り込むと、祭寿司でちょっと遅い昼食(旨かった♪)
歩き疲れていたのか知らない間に眠ったようで、
目が覚めた時には車窓は、夕闇の淡いブルーに包まれていました。

前から行きたいと思っていた山陰山陽、
のぞみだと3時間ちょっとで行かれるのですね♪
遠いと思ってたけど、あれ?案外近いんじゃない?!
充実の4日間となりました。

次の目的地は四国かな?!
な~んて思っているのですけど。
いつ、行かれるかな。

長々、旅の記事にお付き合いいただきまして、
ありがとうございました。
鳥取、出雲、尾道の旅、これにてお終いです。

スポンサーサイト
2009/10/28 | 21:15
<鳥取・出雲・尾道>コメント:14トラックバック:0

 幸せと悲しみの記憶 

タイル小路は結局どこだかよく解らなかったな。。。
路地裏を巡って尾道の気分を堪能できたし、
そろそろ戻り始めようか…。

と思ったけれど、
再びなんだか気になる路地の入り口を発見!
もうちょっとだけ散歩して帰ろうか…。


そう思って、再び路地の入り口を曲がったら。



そこにあった。



鳥取.出雲.尾道0138



ああ。ここだ。



鳥取.出雲.尾道0139
このお家は、尾道出身の作家さんの生家跡らしい。


鳥取.出雲.尾道0140


こんなふうに、ひとつひとつ丁寧にタイルを埋め込んだんだよね。
かつてここに住んでいた人の暮らしを想像してみる。
きっと幸せだったのだろうと思う。


鳥取.出雲.尾道0141


でも、こんな素適な場所なのに、
どうして保存されずに「撤去」されてしまったのか?


鳥取.出雲.尾道0142


鳥取.出雲.尾道0143


検索してみると、こんな記事が出てきた。→ こちら。
どうも、地元の住民の方と、観光客とのトラブルがあったようだ。


もともとは、近所のおじいさんがタイルを張り始めたのが始まりで、
映画でこの場所が有名になりファンがタイルを貼っていくようになったのだが、
現在はファンが貼ったタイルは全て撤去されたらしい。
「タイル小路」が撤去されたということなのですね。


とても素適な場所なのにとても悲しい感じがしたのは、そういう訳だったのか。


こんなプライベートな空間にまで入り込んでしまっていいのだろうか?
尾道を歩いていて何度かそう思った。
自由に歩かせていただいてありがとう、そんな気持ちで、
そっと、静かに見せていただきましょう。




2009/10/27 | 00:15
<鳥取・出雲・尾道>コメント:6トラックバック:0

 路地での出会い 

御袖神社の牛さんの次は…
屋根の上のにゃんこに会いましたよ(^^)

(あ、御袖さんの境内の様子は撮ってこなかったのですw)

鳥取.出雲.尾道0129
うとうとまどろみ中で、
シャッターの音で少し目を開けたけど、
また、とろとろの夢の中に…。


邪魔して、ごめんねw


御袖さんの鳥居のある階段の踊り場まで降りると、
また、路地の入り口が。
奥は更に曲がり角になっていて先が見えない。


なんか、いい感じなのでさらに進んでみることにした。
鳥取.出雲.尾道0130

ちょっと洋風モダンな感じのお家。
鳥取.出雲.尾道0131


ずっと小刻みな階段が続く…。


鳥取.出雲.尾道0132



と…?!




なにやら視線を感じる。。。




鳥取.出雲.尾道0133
おお!



お前達かいっ!!



びっくりしたのは向こうも同じだったようで、
一枚シャッターを切ったら一目散に、
斜め前の家の門の中へと逃げ込んで行ったw




そ、そんなに急いで逃げんでも(^^;
家の門を気にしつつ、通り過ぎようとすると…。




子犬の方が、門からまた飛び出してきた!

鳥取.出雲.尾道0134

ねえねえ、遊んで遊んで♪

鳥取.出雲.尾道0135
って、随分人懐っこい子だねぇ(^^)


足元にぴょんぴょんじゃれ付いてくる!

(その様子も撮ろうと思ったけど、
あんまり勢いよく跳ね回るので上手く撮れなかった)

ひとしきり遊んで、歩き出そうとすると一緒に付いてくる。
まるで案内でもするかのように先に行ったり、戻ってきたり。

坂道の上まで行くと道はぐるりと弧を描いて、
さらに山手の方までと続いているようだ。
この辺で戻ろうかな?

引き返そうとすると子犬は一緒に横を歩き、
そしてまた先に案内してくれるようだ。

鳥取.出雲.尾道0136


と、思ったら、また猛ダッシュ!

鳥取.出雲.尾道0137

思わぬ出会いがあるものですね。


再び御袖天満宮の階段の踊り場まで戻ってくると、
子供連れの観光客と出会う。
子犬はカワイイ!と撫でてもらってご満悦の様子。

じゃあね、と子犬と別れ、
そろそろ駅の方面に引き返す時間かな?


と、思いつつ、もうちょっと続く(^^)

2009/10/26 | 00:31
<鳥取・出雲・尾道>コメント:8トラックバック:0

 路地の先には 

ふと道端の石垣を見ると茶色くなっている。

その上に建つのは、錆びたトタンの家。
もう、住んでいる人はいないようだ。

シャッターを押すのを少しためらいつつも、撮らせていただく。

鳥取.出雲.尾道0123

細い坂道の路地がとても風情のある尾道だけれど、
ひとたび家を壊すとなったら重機を入れるのは難しいだろうと思う。

救急車はどこから入るのだろうか?
上まで担架を担ぎ上げるのか。


鳥取.出雲.尾道0124
にゃんこはどこだ?!
(真ん中にいますよ~)

何?って感じで振り返られた。


人が住まなくなった家。
そのそばでくつろぐ猫は自由気まま。



御袖天満宮に出てきた。
映画「転校生」で主役の二人が転がり落ちた石段だ。
鳥取.出雲.尾道0125
よくブログなどでも目にする、急勾配の石段。


鳥取.出雲.尾道0126
後ろを振り返ってみる。
大分上がってきましたね♪


さて、改めて石段と向き合って、
あまり急なので上がろうかどうしようかちょっとためらう。
が、せっかくここまで来たしね。上まで頑張ることにした。

(昨年のぎっくり腰の後遺症で、
長い坂道や階段は太ももの脇が痛くなってくるのだw)



鳥取.出雲.尾道0128
上からの眺め♪
うん。頑張った!!




鳥取.出雲.尾道0127
境内では、おおらかな雰囲気の牛さんが迎えてくれた(^^)


尾道散策、更に続く!

2009/10/25 | 00:47
<鳥取・出雲・尾道>コメント:4トラックバック:0

 倉敷の夜 

神魂神社も十分堪能したし、
そろそろ宿をとった倉敷へ向けて移動しましょうかね。

車に乗り込んで走り出したら、雨足が激しくなってきた!
バケツをひっくり返したような土砂降り。。

車に乗ってからでよかったね。。
おしゃべりしながら山陽方面へと向かう。
暗くならないうちに倉敷に付く事が出来た。

流石にちょっとくたびれたので、夕食までしばし休憩する事に。
今晩も夕食は付いてないので、夜の倉敷をぶらぶら散歩しましょ♪
と、思ったら倉敷の夜は意外と早かった模様。

傘を持たずに出てきてしまったら雨足が強くなったので、
チェックしていた洒落たのお店に逃げ込む。
TS380678.jpg

今晩はちょっとゴージャスに懐石コースを頼む。

TS380679.jpg
お品書きを控えてこなかったのだけど…確か湯葉とエノキのわさび和え。

TS380680.jpg
お刺身の盛り合わせ。モンゴウイカが美味しかった♪
TS380681.jpg
これは、揚げ豆腐の菊花添えとか、なんかそんな感じ?
くず餡がとろりとしてホットするお味でした。

TS380682.jpg
ママカリとジャコの酢の物。器の色が鮮やかです♪

TS380683.jpg
揚げ物はサトイモの素上げと中に野菜を詰めたもの。



TS380684.jpg
〆はご飯にお吸い物、漬物と塩昆布。

TS380685.jpg

最後は桃のピューレのデザートでした♪
一つ一つの器にも材料にも拘って、美味しいお料理でした。

ただまあ、ヒツジ草の気分が旅行中雅な方向に向いてなくて、
そんな雅な感じの旅館をチョイスしなくてゴメンね~!なのですよ。

2009/10/22 | 23:46
<鳥取・出雲・尾道>コメント:0トラックバック:0

 
Copyright © ヒツジ草のみちくさ日記Ⅱ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。